スタレビ 神奈川県民ホール

スターダスト・レビューのHOT MENUツアー神奈川県民ホールに行ってきた。
スタレビのライブはほぼ20年ぶりだ。
今回はバンド・デビュー25周年の記念ベスト・アルバム「HOT MENU」(25曲、2,500円)を引っさげてのツアーである。
そのせいもあって、会場の幕はめでたい紅白仕様。
オープニングは、幕が上がる前にその紅白の隙間からメンバー6人が自らのア・カペラ チャイムとともに登場。MCから始まった。
















この最初のMCで、今回のライブではアルバム「HOT MENU」の全曲をその順番どおりに演奏することを発表。
ボーカルの根本氏いわく「それだったら家でCD聞いてた方がいいじゃないかと思うお客さんもいるかもしれません。でも、ライブとCDとの違いを今回は堪能して欲しい。そもそもライブとCDで何が違うかといえば、まず、歌詞が違う!」
これを聞いて一瞬、思考が停止したが、よくライブで自分は歌詞を間違えるということらしい。
これが最近噂のMCかと感心しつつ、遠い昔の前回のライブではこの人こんな早口だったっけ?と彼のマシンガントークに驚いていた。
そして、今回のライブはNHK-BSで8月に放映されることが決まっており、会場にいるNHKスタッフにも拍手!
根本氏の「それでは始まります。最初の曲は、そう、あれだね。」の一言でライブがスタート。

今回はアルバムを順番どおりにやるということはネット等で前もって知っていたが、Red(Disk2)からスタートすることは知らず、ちょっとだけ驚き。

ところどころ、コミックバンド的な演出を入れて盛り上げるところは20年前と変わっておらず、うれしくなった。
ただ、ステージのセット、ライティングは昔とは大きく変わったように感じた。
昔のライティングは、当時の他のアーティストと比べても正直しょぼかったが、今回はこれでもかとライティング効果を多用している。

90年代にメンバーの入れ替わりがあったせいか、根本氏以外の旧メンバーに対してスポットがあたるコーナーが増えていた気がする。
柿沼氏なんかは昔はもっと本当に地味だった!?VOH林さんは全然変わってなかったけど。

















アルバムのRed(Disc2)にあたる曲が終わったところで、ライブも10分休憩。
ところが、根本氏は舞台袖に引っ込むことなく、ステージ上でひたすらしゃべり続ける。他のメンバーは椅子を出してきてステージ上でお茶。

そうこうしている内にBS放送用の番組宣伝フィルムの撮影が始まる。
根本氏は「集まってもらった2万人のお客さん・・・」などと何度もカメラに向かって叫んでいたが、この会場は2,500人しか入らないはず、と心の中でつっこんでいた。

会場の観客を含めてtake3.5を収録。(take2は根本氏がかんだので取り直し。)
最後のtake3は観客の拍手で終わる先のものとは違って「うぉおおお」と叫びつつ立ち上がるバージョン。
どれが放映されるのか楽しみ。
















アンコールは「Stay My Blue」。
前の会場のお客さんのアンケートで次の会場のアンコール曲を決めるというリレー・アンコールは「Northern Lights」。
TV向けなのか、どちらもTVコマーシャルに使用された比較的メジャーな曲だった。
でも、自分が生で聞くのはどちらも初めて。自分がスタレビから離れていた時期の知らない曲じゃなくてよかった。
オーラスは、「おらが鎮守の村祭」。ここまでで3時間50分。

いや~いいライブだった。行けて良かった。楽しかった。

関連記事
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント