妻への家路 ★★★*☆

イミテーションゲームただ、切なさが募る。

これだけかつて愛し合った二人が分かり合えないなんて。

酷い迫害にあいながらも、妻のもとへ戻る焉識(イェンシー)。

自分を裏切ったはずの娘と、自分を認識できない妻を目の前にしながらも新たに家族を結び付け、ともに歩んで行こうとする彼の姿に心を動かされる。

例え時代が変わろうとも、過去を捨てるのは難しいもの。

常に未来だけを見て生きていける人はむしろ稀有ではないかと思う。

イェンシーは単に愛深いだけではなく、信念に生きるひとで、未来を常に見据えている人ではないかと思えた。




関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント