劇場版 BiSキャノンボール 2014 ★★☆☆☆

BISキャノンボールAVですね。

もっと硬派なドキュメンタリを期待していったものの、極めてAV的なドキュメンタリです。

表向きは全裸ヌードも撮るという異色のBiSというアイドルグループの解散ライブを追う密着ドキュメント。

このグループは、自分も存在自体知らなかったが、解散ライブは横浜アリーナを満員にするほどの人気で、正真正銘のアイドルである。

このメンバーひとりひとりに密着する形で撮影する形をとっているが、その密着するカメラマンたちが皆、百戦錬磨のAV監督という異色の組み合わせ。

裏のルールというのが、このAV監督が密着するメンバーとハグしたり、肩をたたいたり、xxxするたびにポイントが加算され、そのポイントで順位を争うという「キャノンボール」を行うというもの。

テレビのバラエティ番組のようなノリだが、そこはAV監督たち、ハメ撮り100ポイントを目指して火花を散らす。

ある監督など解散ライブの前日にこれでもかと下衆っぽさ全開で、見ている方もドン引きしてしまうシーンもある。

アイドルの彼女たちの反応と言えば、少し冷静に考えれば分かるが、あまりにも常識的な反応が返ってくるだけで何の驚きもなかったのは残念だった。


カンパニー松尾
上映直後には監督のカンパニー松尾氏のトークショーが突然開始。






関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント