さよなら歌舞伎町 ★★★☆☆

さよなら歌舞伎町ラブホを舞台にした群像劇ということで、たくさんのエピソードが代わる代わる出てきます。

いいエピソード、そうでもないエピソードの落差がちょっと大きすぎたかも。

よかったところ:前田敦子の存在。

南果歩のエピソードはよかった。

これと絡むが、刑事の不倫エピソードも。

あと、韓国人カップルの女優さんは存在感あったな。

そうでもなかったところ: 前田敦子の演技、前田敦子の弾き語り。

JKとデリヘルスカウトのエピソード・・・足を洗うためにリンチを受けるところはしょぼすぎ。

でもって、ラブホに戻ってきてJKを何の問題もなく見つけるのはありえないだろ。

染谷が妹と出会うところの演出・・・学生映画のようなとってつけたようなシーンになっている。

出会う部屋が311号室で、会話の何から何まで大震災がらみなのがやり過ぎ。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント