デヴィッド・ボウイ・イズ ★★★*☆

David Bowie Isイギリスの国立ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)で開催された回顧展「デヴィッド・ボウイ・イズ」は、長い歴史をもつV&Aで開催された展示会の中で史上最もチケットが入手困難な展覧会となり、20万人を動員。映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』は、瞬く間にチケットが売り切れたV&Aでのクロージング・ナイトで撮影されたもの。(以上、映画紹介文より)


東京でも単館上映、しかも上映期間一週間で入場料2,500円の特別興業扱い。

ですが、長年David Bowieのファンをやっているもので、見に行ってきました。

平日にもかかわらず、結構な観客の入り方です。

客層は20代から50代。20代の人たちも予想以上にたくさんいました。

こんな映画見に来る人ってどうせほとんどがDavid Bowieファンだろうと思うと、上映前はライブが始まるかのようなドキドキわくわく感がこみ上げます。

ドキュメンタリという扱いですが、内容は回顧展のレビューものです。

David Bowie is ...
しかも、この回顧展自体、イギリスでの自国のスーパースターのものということで、日本のファンからすると少しマニアックな内容でした。

でもって、予想通りそのほとんどが初期、70年代前半にスポットが当てられていました。

一番人気が高かったのがこの時期なので仕方ないかもしれませんが、2013年にもニューアルバムを出している人なんだから、2000年代の活躍にももう少し時間を割いてほしかったところです。

でも、またしばらくボウイ熱にうなされそうです。







関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント