ベイマックス ★★*☆☆

ベイマックスハート・ウォーミングな作品ということで宣伝されていた作品だが、序盤から何とも薄っぺらい印象しかないのはなぜだろう。

ロボットとの心を通わせる物語を謳っていた割にはそのような部分は少なく、子供向けの戦隊ヒーローもののようだった。

子供も読むコミックをリアルに実写化したのが大人も楽しめる、例えば映画「アイアンマン」だったりするのだが、この映画はアニメということもあって単純に子供向けに作ったものだったなら、そう目くじら立てるほどのものでもない。

見た後で少し調べてみると、この映画には原作があって、マーベルコミックの「BIG HERO 6」というヒーローものがベースだったようだ。

しかも、この漫画の内容は日本を舞台に日本人たちが主役のまさしく勧善懲悪ものらしい。

米国での公開タイトルは原作と同じ「BIG HERO 6」。

ディズニーが映画化に当たって設定を変え、日本向けに宣伝方法を変えたようだが、自分にはあまりうまくいっているようには思えなかった。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント