百円の恋 ★★★★*

百円の恋正直、安藤サクラは好きな女優じゃなかったのです。

何が嫌だったのかというと顔です(笑)。

でも、そんなの関係なく、この映画はとてつもないパワーにあふれていて圧倒されてしまうのです。

前半のぶよぶよに脂肪をまとった体から、後半の俊敏に体を動かすボクサーへの変貌は見事しか言いようがないです。

ニートで長年生活してきた一子があることをキッカケに生き方を変えるさまを全身全霊をもって演じる姿はずっしりと胸に響いてきました。


脚本賞「松田優作賞」第1回グランプリ受賞作品。
第27回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門作品賞を受賞。

まだまだたくさん賞を取ると思います。

と言うか、とらなきゃおかしい。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント