100歳の華麗なる冒険 ★★★*☆

100歳の華麗なる冒険老人ホームから逃げ出した100歳の老人は、独学で爆弾の作り方を学び、爆弾専門家として20世紀の世界史の重大シーンに立ち会ってきた人だった。

スペインのフランコをはじめ、第二次世界大戦から東西冷戦の終結まで主要なイベントにかかわってきたということは、この20世紀が爆弾の時代だったということを示している。

主人公が途中、精神病院に入れられて去勢されるシーンがあるが、これも大砲ではなく20世紀は爆弾の時代ということのメタファーだ。

時に収まりどころを失った勃起した男根をも意味する"European Cannon"という言葉がある。

"European Cannon"(ヨーロッパの大砲)は、一方で新大陸やアフリカを制した欧州の武力を意味するが、そういう意味で20世紀は一方的に欧州の白人が未開人を統治するのではなく、ボクシングのように互いに爆弾でなぐり合う時代になったということでもある。

冷戦時代には二重スパイになった主人公が、東西両者の顔を立てるために不要になったごみ情報を要求して、東西互いにごみ情報をやり取りし、これを争ってスパイたちが殺し合いをするところなど、これまで散々描かれてきたスパイ像に対する強烈なブラックコメディになっている。

100歳の爺さんのとぼけっぷりが妙に楽しいスウエーデンの痛快作品。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント