るろうに剣心 伝説の最期編 ★★★☆☆

伝説の最後前作の『京都大火編』と共に現時点で日本最高のアクション映画に仕上がっているのは間違いない。

原作があるのでそれに左右されてしまうのは仕方ないが、アクション映画以上でもなく以下でもない。

中途半端に原作を追っているせいか、主役たち以外の人物描写が掘り下げられていないのも残念だが、アクション映画と割り切って楽しめば問題ない。

ただ、必要以上に剣に対する精神性をこの映画で求めたりするのはやめた方がいい。

それでも、続編ということで背景を頭に入れる必要がないので、ごちゃごちゃと何でも詰め込んだ印象の前作ほどの慌ただしさはなく、落ち着いて見てられる。

また、見事に剣心になりきった佐藤健に対して、福山雅治は福山雅治そのままだったのが面白かった。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント