サンブンノイチ ★★★☆☆

サンブンノイチ軽妙なセリフの応酬をはじめ、タランティーノを意識したリズム感ある展開が心地いい。

監督が品川ヒロシということで吉本興業も全面的にバックアップしており、大阪弁がタランティーノ感といいうより吉本感を増長しているが、これは好みが分かれることかもしれない。

物語を二転三転させながら少しずつ明らかにしていく手法は凝っていて見ている方も飽きない。

ちょっとしたセリフ回しだけでなく、ストーリー展開などにも品川ヒロシの映画に対する愛情がそこかしこに見られる。

いい脚本だと思うのだが、今一つ突き抜けた感じがしないのはなぜだろう。

吉本の芸人がそこかしこに出ていることが、テレビの延長可のような印象を与えて映画感を薄めてしまってはいないだろうか。




関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント