愛の渦 ★★*☆☆

アイノウズもともとは、劇作品ということだが、映画ということでモロな感じで仕上がっている。

乱交パーティといううわさには聞けども実態が闇に包まれた風俗を見せるドキュメンタリのような作りの映画。

ただ、もともと劇用の脚本があるせいか、キャラ設定が巧妙でそれぞれオチがついているのが楽しい。

高度なギャグを使いこなす江本明の息子の時生がなんと見気持ち悪い。

性欲という人間の本性をむき出しにした男女が何も隠すことなく裸で集まるこのパーティは、やはりというか当然ながらそれぞれが引きずる社会のしがらみを垣間見せながらする駆け引きが何とも痛ましい。




関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント