LIFE! ★★★★☆

Thelifeofwaltermitty妄想は何も生み出さない。

一歩踏み出すことが大切だ。

そう言っているように思える映画だが、映画で描かれている「一歩」は普通じゃありえないほど大きくて、これも妄想かといつどんでんがえしが起きるのか身構えてしまうほどだ。

ウォルターは仕事のために一歩を踏み出すが、常に見え隠れするのはあこがれる職場の女性。

仕事を頑張るのもその女性への想いが動機であり、彼女の妄想が彼の一歩をけん引していたりする。

妄想はそれだけでは何も生み出さないが、偉大な一歩を踏み出すきっかけをくれる偉大な力でもあるのだ。

もっと言うと、妄想は人間が人間らしく生きていくための必要不可欠な力である。

これまで長い間妄想に浸ってきたのなら、それを現実世界に映し出してみることにトライすることが何か自分を新しい世界へ導いてくれるかもしれない。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント