偉大なる、しゅららぼん ★★☆☆☆

しゅららぼん設定はぶっ飛んでいるのだが、映画の描き方自体はおとなしすぎる印象。

なんだろう、原作は読んでないけど、映像化されると想像力が限定されてインパクトが小さくなるんだろうか。

言い換えると、製作者側の映像化が原作を矮小化しているから面白くない?

物語の展開がふつー過ぎて見る側の期待値を超えてくれていない感じです。






関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント