私が見た映画ランキング2013

私が2013年、劇場で見た58本の映画をまとめました。
タイトルはずっと「ランキング」にもかかわらず、今まで一度もランキング形式にしていなかったので今回はトップ10をランキング形式です。
また、今振り返ると見た直後の評価の基準が結構ブレているので、そこは改めてレべリングし直しました。

基本的には、以下のような考え方。星の中の並び順には意味はありません。
★★★★★・・・傑作。DVD買って何度も見ようと思える作品。
★★★★☆・・・面白い。お勧め。
★★★☆☆・・・普通。多少引っかかるところはあるが、無視できる。
★★☆☆☆・・・引っかかるところがちょっと多すぎる。
★☆☆☆☆・・・全然面白くない。
*・・・★半分(今回は使用せず、上記区分に振り分けた。)

1. 風立ちぬ
風立ちぬ2

飛行機で自由に大空を駆け巡るという純粋な夢。

その夢は純粋で壮大が故に夢の結果が突き付けた現実はあまりにも痛々しく、胸を引き裂かれるような思いが伝わってくる。

70年代のユーミンの歌のテンポと今の歌のテンポの違いが、価値観の違う時代に生きた同じ日本人の生きざまの違いを際立たせている。






2. 希望の国
き

この映画は、色々な見方があると思うが、私はあくまでもどれほど絶望的な状況であっても愛があれば乗り越えれると言っていると考える。

愛こそ全てなのだ。

(本当は2012年公開の映画だが、夏八木勲の追悼特集と言うことで近くの映画館で上映されていたので今回の対象とした。)






3. 愛、アムール
あ

一部のシーンで象徴的に説明するのではなく、いくつものシーンの積み重ねることによって言葉にすることが困難な感情を、心の中に直接植え付けられてしまう。

最期まで単なるストーリーの一部だと考えてみていた断片が、最後のシーンによって違う意味をもちはじめて映画のテーマを浮かび上がらせる手法に驚嘆した。







4. マン・オブ・スティール
m

肌で感じられるような異星人の宇宙開発文明の価値観のスケールの大きさに圧倒される。

今までにない桁違いのパワーに愕然。












5. そして父になる
s

父が表の主役かもしれないが、忘れてはいけないのは、裏の主役であり、実はメインテーマである子であることの苦悩だ。

一見、家族愛を描いた小品に見えるが、父になること、母になること、子であることの意味を改めて考え直させられる重い作品。







6. ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~
は


崩れゆく世界になす術もなく翻弄されるハッシュパピーだけど、そんなことにめげたりしない。

彼女には独自の確固とした揺るがない世界観があり、それを元に生きている。

彼女のけなげな姿が見ている者にも生きるエナジーを与えてくれる。







7. ヒッチコック
Hitchcock

追い詰められたヒッチコックが幻想の中でエド・ゲインと語り合う演出が秀逸

さまざまな演出技法を用いてヒッチコック自身の本当の姿をあぶり出そうとする試みが「ヒッチコック」らしくもあり、映画として見事だ。










8. 許されざる者
ゆ

これまであまり大きく取り上げて語られることが少なかった史実がうまく組み込まれており、時代考証も緻密で興味深い。

渡辺謙、柄本明、佐藤浩市の圧倒的な存在感が、張りつめた雰囲気を作り出し、見る者に息をつかせる暇を与えない。









9. かぐや姫の物語
かぐや姫の物語

平安期の風俗/生活をリアルに描いているところには感動を覚えた。

また、月からの使者たちの来訪シーンは当時の仏教思想/仏教美術を垣間見れる秀逸な名場面だ。









10. フライト
blog_import_5137703ccb6df.jpg

意外にも、ドラマの根底にはキリスト教的な価値観がちりばめられた宗教的な色の強い映画に思えた。















★★★★☆
魔女と呼ばれた少女
二郎は鮨の夢を見る
ジャンゴ 繋がれざる者
ザ・マスター
ライフ・オブ・パイ
モンスターズ・ユニバーシティ
藁の楯 わらのたて
謝罪の王様
スター・トレック イントゥ・ダークネス

★★★☆☆
ワールド・ウォーZ
テッド
アイアンマン3
クラウド アトラス
グランド・マスター
華麗なるギャツビー
オブリビオン
アウトロー
ゼロ・ダーク・サーティ
トランス
悪の法則
エリジウム
モネ・ゲーム
キャプテン・フィリップス
42~世界を変えた男~
キャリー
清須会議
アフター・アース
舟を編む
遺体 明日への十日間
世界にひとつのプレイブック
ダイ・ハード/ラスト・デイ

★★☆☆☆
永遠の0
リンカーン
グランド・イリュージョン
ウルヴァリン:SAMURAI
欲望のバージニア
ペーパーボーイ 真夏の引力
きっと、うまくいく
死霊のはらわた
LOOPER/ルーパー

★☆☆☆☆
脳男
地獄でなぜ悪い
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
ローン・レンジャー
終戦のエンペラー
ジャッキー・コーガン
オズ はじまりの戦い
ガッチャマン




関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

No title

ブロガーのベスト10できました。皆さんのおかげで、10回を迎えることができました。気力が続く限り、いつまでもやってるつもりなので、これからもよろしくお願いします~。
2014/01/12 (Sun) 22:24 | aq99 #- | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昨年に引き続き、また「2013年日本映画ベスト10」に続いて、日本インターネット映画大賞の2013年度外国映画投票に応募を兼ねて今年見た基本的に劇場新作公開126作品から。

2014-01-11 23:27 | 佐藤秀の徒然幻視録

 2013年も残りわずか、一年間「新・辛口映画館」をありがとうございました。  例年通りに今年のベスト10も諸事情がありブログにレビューを書いていない作品のオンパレードです。未見に終わった作品も数多く、かなり偏りのあるベスト10になりました。

2014-01-11 23:36 | 新・辛口映画館

2013年度のマイベスト10発表です。

2014-01-12 00:15 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

詳細はφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312310001/ 【送料無料】オリジナル・サウンドトラック ゼロ・グラビティ [ スティーブン・プライス ]価格:2,520円(税込、送料込) 【送料無料】【特典なし版】パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット【初回限定生産】【Blu-...価格:2,9...

2014-01-12 06:56 | 日々“是”精進! ver.F

大晦日になってないけど今年も映画鑑賞の総括を試みることにした。

2014-01-12 07:11 | あーうぃ だにぇっと

今年もやってみようかな〜ということで、映画ベスト10です(since 2008) 2013年はなかなか豊作だったなー 来年はどんな作品との出会いがあるのだろうか? 楽しみ! 1行目はタイトルとブログのアップ時のサブタイトル、2行目は今回のコメントとなります。 記...

2014-01-12 09:05 | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜

ベスト&ワースト,他いろいろ!

2014-01-12 10:15 | Akira's VOICE

ブロガーのベスト10を集計し続けて早10年。 (過去のベスト10 2012年、2011年、2010年、2009年、2008年、2007年、2006年、2005年、2004年) 去年宣言したとおり10回目なんで100ブログを調べましたよ〜。 得点の付け方は、1位10点、2位9点…9位2点、10位1点。 邦画...

2014-01-12 22:27 | 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記

内も外もきな臭さが漂った2013年。 各国の政治の季節も一段落し、間もなく希望と不安が半分ずつの2014年がやってくる。 今年の日本映画を一言で表すなら、「イヤー・オブ・ジブリ」という事になるだろう。 映画史に残る「となりのトトロ」と「火垂るの墓」の公開からちょうど四半世紀の節目の年に、宮崎駿と高畑勲は共に圧倒的なクオリティで自身の最高傑作を作り上げ、アニメーション映画の世界に地殻変動...

2014-01-15 20:20 | ノラネコの呑んで観るシネマ