清須会議 ★★★☆☆

kiyosukaigi三谷作品ということで正直全然期待していなかった。

現代的な演出なので、時代考証的には?だが、今回は変に笑いを取りに行こうとせず、まっとうな歴史映画になっている。

あまりにもオーソドックスなアプローチで逆に拍子抜けだったが、その分インパクトも薄く地味な小品になった感じだ。

豊臣秀吉を演じた大泉洋は、ベテラン俳優陣に囲まれながらも予想外に頑張ってそのユニークな秀吉像を見事に演じきっているのには驚いた。

それほど笑える作品でもないが、大作のように重くもなく、気軽に楽しめる歴史映画になっている。





関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント