そして父になる ★★★★☆

そして父になる公開直後、興行収入ランキングで一位になっているのを見て,、なんでこんなテーマの映画が?と思ったが、これはやはり福山効果が絶大だったのだろう。

福山雅治が大きく取り上げられるせいで忘れがちだが、父であることの苦悩がある一方で、母であることの苦悩がある。

本編ではこの部分もうまく、切実に描かれている。

そして、忘れてはいけないのは、もう一つの主役であり、実は裏のメインテーマである子であることの苦悩だ。

子供には親を選ぶ権利があるのか?という問いがこの映画の大きなテーマになっている。

子どもの人権はことあるごとに語られる重要なテーマだが、ほとんどの子供は親のエゴで育てられるが実際であり、常識となっている中であえてこの難しいテーマに挑戦している。

一見、家族愛を描いた小品に見える本作だが、父になること、母になること、子であることの意味を改めて考え直させられる重い問題作である。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント