折り畳み傘TOTESを試してみる

ここ数年使い続けた私の折り畳み傘。
oritatamigasa ookisa

3段折り畳みでコンパクトな割に開いた傘の面積もそれなりにあって重宝してきました。

どこのメーカー製かは分かりませんが、いい加減くたびれてきて、骨の部分も疲労骨折寸前です。

かさと骨がこすれる部分に何か所か穴も散見されてきましたので代わりを探しました。

今までの傘が気に入っていたので、次のはちゃんとしたものを多少お金がかかっても手に入れたいと考えての検討です。

totes hikaku

今回試したのはTOTESというアメリカ製の折り畳み傘2,730円。(SLENDER MEN NAVY)

やはり今の傘の気に入っていた点はコンパクトに畳めるという点です。

TOTESというと自動の折り畳みが可能なTITANIUMが有名ですが、ここはあえて、折りたたんだ時に今よりも小さなものということで決めました。

TOTESは25cmと言うことで現在のものとほぼ同じ大きさです。

ちなみに、TITANIUMは折りたたみ時の大きさが27.5cm。

SLENDERの太さは今のよりも明らかに細いです。

また、TOTESは撥水性の高さでも有名ですので、それがどのくらいか見てみたかったという誘惑もあります。

今週は曇りと雨の確率の高い日が続くようですし、この傘をデビューさせる日も近いかと思うと楽しみです。



関連記事
Category: 日常の発見
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント