ヤッソ800のインターバル走

「ヤッソ800」

最初、この言葉を聞いたとき、まだまだ世の中には知らない言葉が多いもんだと反省させられました。

これは何かと言うと、アメリカのランニング雑誌の編集者、バート・ヤッソさんが考案したインターバル走トレーニングの一つで、800m×10本のインターバルトレーニングからフルマラソンのタイムを算出する公式のことです。

ヤッソ800の方程式として、フルマラソン●時間▲分=800m●分▲秒×10本が成り立つといいます。

(理論的には、800mを3分で10本走れるランナーは、フルマラソンを3時間で。4分で10本こなせるランナーは、4時間で完走できる)


で、このヤッソ800をやってみました。

一応、目標でもある800mを4分ペースでいけるところまで行ってみようと思ってチャレンジです。

颯爽と走り始めたのはいいのですが、最近メンタルが弱くなっているのか、3本目くらいでしんどくなって何本で止めようかと言うことばかり考えていました。

でも、8本やったところで走りきれる気がしてそのまま10本頑張りました。

最期の二本は心肺系よりも足のほうが辛く感じましたがなんとか完走です。

感想としては、思ったほどきつくない!?

現実的に考えても、今の自分が4時間でフルマラソンを完走できるとは考えにくいので、ヤッソの公式には疑問符がついてしまいます。

そこでよくよく色々と調べてみると、ヤッソ800はフルマラソン3時間30分以上のランナーに有効だとのこと。

なんだそりゃあ。


やはり、ここはしばらくオーソドックスに1kmインターバル走で追い込んでいこうと思います。

これは小出監督のメニュー:
・1km(全力)+JOG(2分)X5本
・2km(全力)+JOG(2~3分)X3本
・3km(全力)+JOG(2~3分)X2本
の内、どれか一つ。

2月に初めてこのインターバル走をやったときはその夜、寝ている時にこむらがえりをおこしてのた打ち回ったというオマケまでついてました。

さすがにあの頃よりは自分の足も出来ていると思うのでそれほどひどいことにはならないと思います。(汗)





関連記事

テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント