死霊のはらわた ★★*☆☆

evil dead poster
ホラー映画の金字塔であり、サム・ライミの名を世に知らしめた映画のリメイクです。

しかも、脚本で今回もサム・ライミが参加しているとのこと。

パワーアップした「死霊のはらわた」を期待して見に行きました。

オリジナル版では、憑依された仲間のイッてしまい具合とアッシュの狂気の演技にその公開当時ですら半分引いてしまう程で、その展開に圧倒されたのを覚えています。

腕がちぎれ、身体が邪悪な魂に侵される演出はアニメのぎこちなさはあったものの、特殊メイクを含め当時としては他にはない独自のものでした。

およそ30年の時を経て今回のリメイクでの映像はスタイリッシュでリアルに生々しくなっています。

しかしながら、オリジナル版で惹きこまれた独自性を感じることはなくなってしまいました。

リメイクなので当然と言えば当然ですが、オリジナル版がヒットした理由を考えればそれを超える要素を詰め込んでのリメイクということに(せっかくサム・ライミも製作に参加しているので)期待したのですが、それ程の映画になっていないです。

ここ30年の内に他の映画がさんざんやりつくした表現の焼き直しになっていて、オリジナル版を初めて見たときのような斬新さ、目新しさが感じられなくなってしまっていたのは残念でした。

さらに一方で、最後のミアの戦いではちゃちな特殊メイクに唖然。

クライマックスで30年前のレベルに戻るような人形とすぐ分かるスプラッタにしてしまったのは、がっかりです。

期待したリメイクでしたが、これだとオリジナル版のファンにとっても、オリジナル版未見の人にとっても迫力不足で魅力半減と言わざるを得ないです。



なお、エンドロール後にはオリジナル版ファン向けのサービスカットありです。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いやぁ〜グロかった。

2013-05-14 23:27 | だらだら無気力ブログ!

映画『死霊のはらわた』は、1981年のサム・ライミ作品のリメイク。森の中、地を這

2013-05-14 23:39 | 大江戸時夫の東京温度

【出演】  ジェーン・レヴィ  シャイロー・フェルナンデス  ジェシカ・ルーカス 【ストーリー】 うっそうとした山奥にたたずむ小屋を訪れた、ミアをはじめとする5人の若者。小屋

2013-05-15 18:58 | 西京極 紫の館

評価:★★★【3点】(10) あ〜、勿体ない!このひとことですかね(苦笑)

2013-05-15 19:18 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

妹ミアの薬物依存症治療のため、兄デビットとその恋人ナタリー、女性看護師のオリビア、男性高校教師エリックの5人は山奥の小屋に滞在することに。 地下室にあった「死者の書」の

2013-05-16 09:46 | 象のロケット

『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督が1981年に放ち、スプラッター・ブームの火付け役となった名作ホラー『死霊のはらわた』をリメイク。人里離れた山奥の小屋を訪れた若

2013-05-16 23:16 | パピとママ映画のblog

☆並み居るGW公開作の中で、なんで 本日、この作品を選んだかと言うと、日曜日は、私の店を開くのが午後の1時なので、しかも、ちょい寝坊したので、この作品しか見れなかったの

2013-05-17 08:58 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭