ジャッキー・コーガン ★★☆☆☆

jackieつまらん。

なんの目新しさもない映画。

何でこんな映画を今さら作る必要があるのか。

それもブラピで。

ブラピ自身もこの映画で魅力が際立っていたかというとそんなこともなく、埋没している。

アメリカの自己批判映画の側面も持っているが、そんな映画をなぜ今?

4年前なら多少違った印象も受けたかもしれないが、確かその頃は似た映画がたくさんあったのでそれでも微妙な感じ。

アメリカ国家とアメリカ人の矛盾点の指摘は面白いと思うが、セリフで説明されるだけじゃ何とも薄っぺらな感じがするだけ。

もう少し見せ方に工夫があってもいいんじゃないだろうか。

製作意図がまったくもって不明な映画。







関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

これは予告編詐欺だ!

2013-05-06 18:05 | だらだら無気力ブログ!