絶妙な書き味のボールペンにハマってみる

筆記具といえば、自分の場合長い間シャープペンシルだった。

ところが、ある時に4色ボールペンをもらってから、ボールペンでメモを取るようになり、シャーペンには戻れなくなってしまった。

ボールペンは消しゴムでは消せないが、シャーペンのように芯が折れて書くことが中断されることはない。

大体、急いで書いているときはこれまでシャーペンを使っているときも消しゴムで消すなんてことはしていなかった。

線で取り消してドンドン書き進めていくタチだった。

誰にでも高級ボールペンの書き味が楽しめる
で、ボールペンをメインの筆記具にするに当たり、他人があまり使ってなさそうなものが欲しくなって買ってみたのが、カランダッシュの849シリーズ。
IMG_3467-10.jpg

カランダッシュのリフィルには「ゴリアテ」という名前までついていて、廉価版である849シリーズのみならず、高級ボールペンシリーズにも採用されている。

言い換えると、何万円もするカランダッシュの高級ボールペンの書き味をこの849シリーズで手軽に味わえるのだ。


クールジャパン最高
カランダッシュが一般的に評価されているのは非常に滑らかと評されている書き味だが、自分はそうは思わない。

ボールペンリフィルでやはり最高なのは日本製のものだと思う。

たかが200-300円程度のボールペンであっても、日本のボールペンは筆圧をほとんどかけなくても、細いボールペンのペン先ははっきり筆跡を残し、なめらかなことこの上ない。

おそらくこの書き味は今は世界で日本製が一番だと思う。


手に持った感覚が絶妙
自分がカランダッシュがいいと思うのはその形状と重みだ。

プラスティックとは違って、金属製の本体は微妙な重みをもち、文字を書くときの重心も絶妙なのだ。

さっきは、日本製ボールペンの書き味の滑らかさを絶賛したけれど、数多くの人が称賛しているようにカランダッシュだって悪いわけではないです。

日本製が万人向けだとしたら、カランダッシュはちょっとクセがあって、それを受け入れれば何とも妙味のある"書き物"になる感じ。

手にしっくりくる形状と絶妙な重心+クセある書き味のコンビネーションにハマるとちょっと抜け出せなくなってしまう。
CARAN d'ACHE Goldbar


ジッポーとカランダッシュの類似性
そして、デザイン性。

鉛筆型の六角形の軸は一体成型ですごくシンプルであるが、その質感は高く、控えめな位置に収められた「CARAN d’ACHE」の文字も日本人にはない感性をにじませている。

ポップなデザインをはじめ、このペンのアートは非常に多種多彩。

それはライターのZippoのデザインの多様性を想起させる。

両者の共通点は、金属製で、機能性を重視したその構造はいたってシンプルになっているところ。

長い年月を経ても容易に変わらないと感じさせる無駄なものを削ぎ落とした、洗練された品質を感じることができる。

手軽な値段で、味のある筆致が楽しめるボールペンなので、Zippoの何万という種類のデザインほどでなくても、もう少し種類多く展開してもらえるとコレクターアイテムとしても人気が出るのではないかと思う。






関連記事

テーマ: アクセサリー&雑貨 | ジャンル: ファッション・ブランド

Category: 日常の発見
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント