恋は雨上がりのように ★★★☆☆ 

恋は雨上がりのように
序盤の主人公あきら(小松菜奈)はそもそも恋をしている女子高生に見えない。

(これはなにか裏があって伏線がつながっているんだと勘違いしたが、結局はそんなことは全くなかった)

そこはこの映画のテーマじゃないから目くじら立てる必要はないと言われればそれまでだけれど、重要な要素には違いないので残念だった。

ところどころ細かいところに目が行き届いっていないというか、全体的に緩慢な作りが、ともすればキワモノになってしまうこの映画のテーマとリンクしていい雰囲気を作り出しているような気がする。

結果としてこの辺りが本作のいいところでもあり悪いところにもなっていると思える。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画