空飛ぶタイヤ ★★★☆☆

空飛ぶタイヤ原作は未読。

でも、三菱自動車のリコール隠しによる事故をモデルにしているということは自明。

下手にモデルになった実際の事故の情報を映画を見る前から知っていたので、先入観をもって見てしまったのはまずかったかも。

運送会社の社長赤松(長瀬智也)が主人公だったが、巨大企業ホープ自動車の不正を暴くにはここでも内部告発を待たなくてはならなかったので、物語は少し散漫な印象だ。

内部告発のパートも、大企業の組織を映画で描くには複雑すぎて、パソコンが丸ごと告発に使われるなど端折った印象が強い。

組織的な犯罪と言いながら、結局役員一人を悪者にして描いているが、実際の事件のような組織的長期的な根深さを感じられない。

実際の事件ではWikipediaにも書かれているだけでも、その内部告発は「品質保証部の更衣室の空きロッカーを調べよ」「本社と岡崎の情報を突合せよ」とあまりにも具体的なもので、ドラマ性を感じさせるだけに映画にその様な生々しさが感じられなかったのは残念だった。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

恋は雨上がりのように ★★★☆☆ 

恋は雨上がりのように
序盤の主人公あきら(小松菜奈)はそもそも恋をしている女子高生に見えない。

(これはなにか裏があって伏線がつながっているんだと勘違いしたが、結局はそんなことは全くなかった)

そこはこの映画のテーマじゃないから目くじら立てる必要はないと言われればそれまでだけれど、重要な要素には違いないので残念だった。

ところどころ細かいところに目が行き届いっていないというか、全体的に緩慢な作りが、ともすればキワモノになってしまうこの映画のテーマとリンクしていい雰囲気を作り出しているような気がする。

結果としてこの辺りが本作のいいところでもあり悪いところにもなっていると思える。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画