FC2ブログ

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 ★★★*☆

ウィンストンチャーチルウィンストン・チャーチル英首相は第二次世界大戦の戦中だけ首相の座についていた人物。

映画を見ていて分かるのは、戦中彼がやっていたことは日本の大本営がやっていたこととそう変わらないように見えるということ。

戦争に勝ってしまえばそんな話も美談として描かれる、負ければボロクソに非難される。

イギリスは政府も国民も"決して屈服しない"とはいうものの、戦時の日本人と何が違うというのだ。

ただ、イギリスは第二次世界大戦で海外の領土の大半を失うなど、実質的には勝ったか負けたか分からないありさまだった。

そういう意味では、日本語副題の「ヒトラーから世界を救った男」というのは少し違う。

混乱の現代のイギリスで、イギリスは負けてはいけないのだと自ら鼓舞しているだけの映画にも見て取れるとも思うのだが言い過ぎだろうか。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画