関ケ原 ★★★☆☆

関ケ原日本人なら誰もが知っている関ケ原の合戦。

この戦い自体の映画化は初めてというのは知らなかった。

原田眞人監督の作品ということで楽しみにして行ったが、この人の悪い特徴が出てしまったみたいだ。

セリフが結構聴き取れなかったりするのはこの人の過去の作品でもあった傾向だけど、この映画では方言を武将に話させていることと相まって、何を言っているか分からないシーンが目立った。

しかしながら、その他の部分はTVの時代劇ドラマでは味わえない大迫力と緊張感の連続。

武将たちの熱い思いがこれでもかと伝わってきた。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画