新感染 ファイナル・エクスプレス ★★★☆☆

新感染ウィルスによるパンデミックを描いた映画っぽい宣伝もしているようですが、これはゾンビ映画です。

「ワールドウォーZ」のように感染者は走って健常な人間を追ってきます。

それがソウルからプサンへの超高速鉄道内で起きてしまったという物語。

うまく伏線も張って、ラストには少しほろりとさせてくれる佳作です。

「ゾンビ」がなければ、やはり戦争状況の物語でしかこのようなドラマは描けなかったと思うだけに、文明社会の価値観を破壊するゾンビという設定のすごさに改めて感心してしまいます。

今年亡くなったゾンビの生みの親、ジョージ・A・ロメロに改めて敬意を表します。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画