ダイ・ビューティフル ★★*☆☆

ダイビューティフル急逝したゲイのビューティー・クイーン(?)は生前友人に一週間の葬式で毎日違う容姿にメイクしてほしいと依頼していた。

メイクの変化を追いながら彼/彼女の半生を振り返っていく物語。

自分としては、高校での男子生徒によるレイプシーンに違和感。

フィリピンには一般的にこんなに男色性癖を持つ人が多いんだろうか。

映画では重要なシーンだけれど、単に女性のレイプを男性に当てはめただけのように感じて説得力を感じなかった。

この主人公もゲイであることを高校ではカミングアウトして登校していたようだし、ゲイの美人コンテストがテレビでも放映されているし、主人公の生業はビューティクイーン(!?)だし、そもそも感覚的に自分が付いて行っていなかっただけかもしれない。


東京国際映画祭観客賞受賞作品。

関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

ライフ ★★★☆☆

ライフ2017見せ方はうまいと思うけれど、設定の一貫性の無さがひどすぎる。

宇宙ステーションは空気が密閉されているはずなのに、スラスターから侵入するとか、低圧下で冬眠状態になったはずなのに、活発に船外活動するとか、驚くほどにグダグダなのだ。

ここまであからさまにやられて話が進むと見ている方も無理矢理ついていくしかないよな。

よく考えてみると最初にラボでの取り扱いも対処療法で素人感満載。

この事故の発端も、生物学者ヒューの対応のまずさというのは明らか。

でも、細かいことを気にせずその場のノリに乗っかっているとそれなりに楽しめるかも。

関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 ★★★*☆

パイレーツオブ
いつの間にか偉大なるマンネリ映画となってしまった。

死んでも復活するので、昔からのファンにしてみれば、どこかで見たストーリーの繰り返しになるのだけれど、シリーズも長くなって一世代回ってしまっているからか、これもアリということになってるようだ。

邦題は「最後の海賊」だが、原題は「Dead men tell no tale (死人に口なし)」。

本作では過去作の伏線の回収も行われていて感動的だったりする。

物語的にもひと段落する感じでもあるので邦題タイトルもありかと思うけれど、原題を見ていると続編もまだまだ続きそうな雰囲気だ。

エンドタイトルの後にも意味深な映像があって歯切れも悪いしね。

やるならやるで、何とかマンネリを脱却してほしいところ。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

2017年上半期映画ベスト10

2017年上半期、自分が見て面白かった映画。

#2017年上半期映画ベスト10
①T2 トレインスポッティング
②夜は短し歩けよ乙女
③モアナと伝説の海
④はじまりへの旅
⑤わたしは、ダニエル・ブレイク
⑥怪物はささやく
⑦ゴールド/金塊の行方
⑧パッセンジャー
⑨カフェ・ソサエティ
⑩22年目の告白-私が殺人犯です-
.
2017上半期50

①96年の「トレインスポッティング」から20年ぶりの続編。この20年間いろいろと傷つきながら生きてきた自分たちにしてみれば深く胸に突き刺さることが多い。

②昨今のいかに実写に近づけるかを追及しているCGアニメとは全くの逆位置の映画。アニメは自由だ!表現は無限だ!と嬉しくなる。この湯浅政明監督が「夜明け告げるルーのうた」で賞を取っていたが、そっちは自分はノれなかった。

③②とは対極の映像の、完成度の高いディズニーアニメ。女の子が主人公だが、恋愛要素のないアドベンチャー作品になっているところがかえって新鮮。

④過去から問われ続けている人間の生き方がテーマだがそこに答えはなく、ただ家族愛の大切さを問うところが心にしみる。

⑤EU離脱に至るイギリスの問題点の一部を垣間見る。多様化社会の生み出す格差社会。IT化は社会の不平等を是正させる一方、情報弱者を排除する道具としてもいまだに使用されている。

⑥やはりフェリシティ・ジョーンズがいい。ちゃんとした文学的な寓話です。

⑦マシュー・マコノヒーがいい。大きな儲け話はすべて投資市場が整備されていて、他人のもうけ話をかすめ取ろうとする輩たちの仕組みが出来上がっている。今更ながらアメリカの資本主義の仕組みに改めて驚嘆する。

⑧一見チャラそうな映画だが、時間の概念の扱い方にハッとさせられる。

⑨成功を夢見る男女のタラレバ話は「ラ・ラ・ランド」と似たコンセプトだが、自分はこっちの方が好き。ウッディ・アレン監督作品。

⑩細かい突っ込みどころは満載だが、最後まで途切れない緊張感に圧倒される。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画