美女と野獣 ★★☆☆☆

B&B野獣のいかにもアニメな表情には興ざめだった。

映画を見ている間ずっと今一つのめりこめず、何が悪いんだろうかと見ながらずっと考えてしまった。

物語自体はシンプルなので、それを膨らませることも必要なはずだけど、うまくいっているようには思えず、中だるみもひどくて退屈だった。

表情だけでなく、野獣の動きの不自然さ、城と村を行ったり来たりで流れが途切れがちだったこと、画面の構図も間延びしていて迫力に欠けていたことが思いつくが、それらを何とか音楽でごまかそうとしていた感じだった。


前評判とのギャップから言えば、「レ・ミゼラブル」(2012)並みのがっかり感。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画