モアナと伝説の海 ★★★*☆

モアナと伝説の海ポリネシアらしき様式さえもうまく取り入れて映画を作ってしまうところはさすがディズニーと唸らずにはいれない。

さらに驚いたのは、プリンセスが主役ながら、プリンスは出てこない恋愛要素の無い物語になっていること。

それどころか冒険アクション映画になっている。

ベースとなっていると思われる映画はあろうことか「マッドマックス 怒りのデスロード」。

序盤に出てくる海賊カカモラは明らかに影響を受けているし、全体的なストーリーも似ている。

自然自体をモンスターに置き換えているところ辺りはジブリっぽいと言えなくもない。

うがった見方をすれば、従来のパターンでは客を呼べないと踏んだディズニーが自分のところにはない要素で物語を作り上げて自らの様式で表現したのが今回の作品かもしれない。






関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画