残穢【ざんえ】 ‐住んではいけない部屋‐ ★★*☆☆

残穢かつてのヒット作「リング」や「呪怨」のようなジャパニーズホラーの栄光よ再びということでしょうか。

確かに怖いです。

観た後も夜が怖くなります。

アプローチは「呪怨」のような怖い絵を並べるのと、「リング」のような拡大感染していく穢れの概念がキーになります。

この辺りがミエミエなだけに途中から見る側としてもテンションが下がりました。

ここまで次から次へと穢れが移っていくことを描くということは、「リング」のようなシリーズ化を狙っているんでしょうか。

「リング」シリーズは原作のスケールの大きい世界観が自分は好きでしたが、この映画の原作はどうなんでしょうか。

今のところ原作は読んでいませんが、映画を見る限り食指が動きません。

竹内結子のの気合の入らない演技にも好感が持てませんでした。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画