6月の月例川崎マラソンは暑かった

毎月最終日曜日は月例マラソンの日です。

梅雨もまだ明けていませんが、朝方曇りがちだった空もレース開始前には晴れてきました。

0630Kawasaki

私は10時からの10kmマラソンを目指してやってきましたが、レース前には気温が高くなり、10kmレースも5kmレースに変更です。

6月で10kmが無くなるということは、きっと、9月~10月までもう10kmは開催されないということね。

そして、レースは暑いとはいえ、いつもの半分の距離だからとタカをくくって走ると見事に撃沈しました(笑)。

距離は短かったので体力的には余裕がありましたが、走った後はやはり脱水状態で結構つらかったです。

0630kakigoori
売店ではかき氷が人気でした。

私もせっかくのなので一ついただきました。

普段かき氷なんて食べない私も今日はうまかった~。

0630シロップ
シロップはかけ放題です~。




関連記事

テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ

神戸マラソン走ります。

神戸マラソン、当選しました。

なので、これを機会にフルマラソンに初チャレンジします。

本番まで約5か月ですが、何とか走りきれるよう頑張りたいと思います。

神戸マラソンコース
コースは三宮から明石海峡大橋までの道程を折り返す42.195km。

=====================================================
第3回の応募者数と倍率は、フル(42・195キロ、定員1万8千人)が8万416人で約4・5倍、クオーター(10・6キロ、同2千人)が7275人で約3・6倍。
 フルのエントリーは年々増え、第2回より5243人多かった。一方でクオーターは1151人少なかったが、総数の8万7691人は過去最多。

(神戸新聞2013.6.13. http://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201306/0006110584.shtml)
=====================================================

抽選倍率は、大阪マラソン5.2倍、東京マラソン10.3倍と比べると低めですが、それでも十分高い倍率です。

この幸運に感謝して大事に走りたいと思います。

東京マラソンの人気を受けてか、関西でも他に大阪マラソン、京都マラソン、奈良マラソンと都市名を冠したマラソン大会が催され、人気を博しています。

関西マラソン高低差

大阪マラソンは見事に落選しましたが、奈良マラソンと京都マラソンはこの図を見てエントリーせずです。

奈良と京都ってトレイルレースかとも思えるほどの高低差。

市街地はほとんど走らず山の合間ばかり走るコースは何も知らないでいるとそのまま玉砕してしまいそうです。

とは言いつつ、神戸も微妙なアップダウンが繰り返されるコースで、35km地点の神戸大橋が一つのヤマとのこと。

レース用のランニングを始めてから最初の夏を迎えるに当たり、この対策のことも考えるとなかなか大変そうな一夏になりそうです。


関連記事

テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ

やまゆり、開花です!

ヤマユリさん、開花です。

しかしながらなんか変な気がするのは気のせい?

品種がそもそもヤマユリじゃないのか、それとも、何か病気だろうか。

なんかパッとしない印象の開花です。

やまゆり開花

ヤマユリ開花2
むう、まいったねぇ。


関連記事
Category: ヤマユリ

ひまわり6週目

ひまわり j23
ここにきて著しい成長率です。

一週間で倍くらいになったイメージです。

ひまわり j23-2
カマキリの幼虫。

自分のコンデジのマクロ撮影ではちょっと厳しかったです。


関連記事

ヤマユリ-もうそろそろだと思いながら


yamayuri j23
つぼみはますます大きくなってきました。

yamayuri2 j23
さらに頭を重そうにもたげます。

yamayur3 j23
東側においてあるヤマユリは日差しの少なさもあってか小さめです。



関連記事
Category: ヤマユリ

庭のびわは今、豊作

びわの葉は分厚く、枯葉として落ちてきても朽ちることがありません。

ずっと分厚い葉肉のまま地面に残ったままなので、片づけるのも大変であまりいいイメージがありません。

ところが、その庭のびわの木を見上げると、昨年とは違って実がたわわになっていました。

びわき

せっかくなので今年はちょっとチャレンジです。

秋冬はいつも落ち葉に苦労させられるんだし、こんな時くらいいい実をちょうだいよね。

びわみ

20分ほど作業するだけでこんなに採れました。

とても甘い実でした~。


関連記事
Category: 日常の発見

やまゆりはつぼみを充填中

開花は6月下旬ごろ(?)だと思うのでつぼみも重たくなってきました。

やまゆりj


やまゆりj2
さあ、そろそろだと思うのですが。



関連記事

テーマ: 樹木・花木 | ジャンル: 趣味・実用

Category: ヤマユリ

ひまわりもいよいよ伸びてきました

梅雨らしい一週間が過ぎ、ちょっとした中休みです。

ひまわりもいよいよ本格的に背が伸び始めてきました。

まだ、倍くらいになるかな。

ひまわりj

ひまわりj2
背が伸びて、傾きかけていたので竿を立ててみました。

これくらいだと、台風が来ると一瞬で出目になりそうですが、とりあえずの支えと言うことで。



関連記事

テーマ: 樹木・花木 | ジャンル: 趣味・実用

変換の時期

今週は会社で異動があった関係からすべての動きが今までと違います。

新しい生活のサイクルが固まっていないために今までの生活の中では当然だった動きが止まることも出てきて、正直戸惑いがちです。

チョットしたエッセイなどを読むと変化の時の心構えみたいな文章を時々見かけることがあります。

なので、逆にこういう時にこそできることはないかとも考えたりするのですが、それどころではないというのが本音。

なかなか難しいもんです。

ギアチェンジ

年の初めに掲げていた目標も生活パターンの前提が変わると対応も変えなくてはいけません。

会社の異動なんかでせっかく掲げた目標を容易くあきらめたくないので、ここは踏ん張りどころだと思っています。

一時的にストップしようとも再びもとの路線へ戻すことを忘れないようにしなければいけません。


関連記事
Category: 日常の発見

ひまわり1か月です

IMG_3572-14.jpg
種を植えてからおよそ1か月。

高さも大きいもので30cm位になってきました。

kikei?
隅の方に植えた種はなぜか葉の形が変です。

種自体に変な様子はなかったですが、この辺りに植えたいくつかのひまわりだけは様子が変な感じ。

原因不明。不思議な形態です。


関連記事

テーマ: 樹木・花木 | ジャンル: 趣味・実用

ヤマユリのつぼみも膨らむ

tsubomi0605
それぞれ7~8個ずつ、つぼみをつけています。

つぼみ自体もどんどん膨らんで大きくなってきました。


yuri-zentai
つぼみも大きくなって頭を重そうにもたげています。


関連記事

テーマ: 樹木・花木 | ジャンル: 趣味・実用

Category: ヤマユリ

サッカー日本代表 今日の結果と明日からの始まり

今日、日本が5大会連続W杯出場を決めたけど、結果はオーストラリアのハンドによる本田のPKで土壇場ドロー。

日本代表

試合の内容はどうであれ、W杯出場と言う結果を出し、今後はW杯でどう戦うかと言う考え方に変わっていく。

サッカー日本代表のこれまでの努力の結果がいい形で出たのは自分としてもやはりうれしいし、結果が出たことによってチームにとっては今日が大きな節目となった。

一方、自分は会社で部署異動。

これまでの部署を今日で終え、明日からはまた新たな職場へと移る。

最期の日と言うことでこれまでの日々を思い出しながらお世話になった方々に後任とともに一日中あいさつ回りをしていた。

これまでの努力がいい形で残せたかどうかは疑問の余地が大きいところだけれど、サッカー日本代表がファンの応援に感謝する様も今日の自分とダブらさずにおれなかった。

組織で働き続ける限り、人々の支えなしに上手く働いていくことはできないことに今更ながらに気付かされました。

これまで一緒に仕事をした人たちにはひたすら感謝です。

そして明日から、また新たな目標に向けて新たな日々が始まる。





関連記事
Category: 日常の発見

早くも暑さで苦しむランニング

火曜日は、インターバル走。

1kmの全力走+2分のインターバルで、13.0km/hr、12.5km/hr、12.0km/hrの3本。

木曜日は10kmのペース走。

そして、週末は21kmLSD。

週末のLSDはいつもどおりでいいんですが、週中のポイント練習は、気温が上がってきて思ったように走り続けることが出来ません。

木曜日はビルドアップ走をしようと思っていたのですが、暑くて断念。

そのままのスピードでとりあえず10km走って終わりました。

暑さのために今までのような追い込む練習が出来ていないです。

負荷が低くなっているので、このままだと進歩が望めない感じです。

何かやり方を変えるか、心機一転、何か新たな目標が欲しいところです。

まだ、6月になったばかりですが、このままだと夏の間に総力を挙げることは予想以上に難しそうです。



関連記事

テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ

オブリビオン ★★★☆☆

オブリビオン2077年の地球 - エイリアンの攻撃により半壊状態となるが、人類の抗戦によりエイリアンの撃退に成功する。

しかし、人類の大半は核汚染により地球に住めなくなった地球から土星の惑星タイタンへ移住し、エイリアンの残党を始末するためジャック(トム・クルーズ)らを地球へ残す。

これが、そもそもの背景だが、当然映画はこれを覆すどんでん返しを用意している。

この手の大作はやはりどのような結末を用意しているかで評価が分かれるところだが、結論から言うと目新しさはさほどでもない。

これまでのSFで何度となく描かれてきた設定を合わせて出来ている印象が強い。

ただ、「トロン:レガシー」の監督作品と言うことで、2077年の世界の描写は緻密で、登場するメカも統一感ある独特の雰囲気がすばらしい。

それと、ハリウッドスター、トムクルーズのオーラがこの映画の要素の大部分を占めている。

本作も、他のトム・クルーズ作品と同様にトムの映画なのだ。

モーガン・フリーマンの人類の残党リーダーは、「マトリックス」のモーフィアスが頭をよぎる。

はじめから過去の記憶を消されているという設定もSF映画好きならまずクローンが思い浮かぶんじゃないだろうか。

ラストは「インデペンデンス・デイ」か「スターウォーズ」かという大団円。

もっと、ショッキングな展開を期待していたけれど、大作の割に見た後の感想はチト印象の薄い映画と言う感じ。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

きっと、うまくいく ★★*☆☆

3idiotsインドの興行成績の記録を持っている作品と言うことで期待して見に行ったが、ちょっと肩すかしを食らった感じだ。

およそ3時間と言う上映時間も少し長すぎる。

似たようなエピソードが繰り返されるし、ひとつや二つのエピソードはカットできたような気がする。

最初に無事、元気で生きているということを見せている主人公の一人の学生時代の自殺のエピソードも、結果が分かっているのに死ぬかどうかという不安感をあおるような演出をされても全然面白くない。

ランチョーが学生時代に分かれさせたピアとその恋人。

10年後に再び同じ男と結婚しようとしているピアが出てくるが、学生時代のランチョーとピアのエピソードを全てひっくり返すような展開に唖然。

インド映画お得意の歌とダンスのシーンも織り込まれてはいるが、これまでのインド映画の濃さは薄まって、洗練された雰囲気はあるものの、脚本自体は何ともローカルな出来。

ハリウッドでリメイクも計画されているというから、ブラッシュアップされて出てくることを期待する。

邦題は、映画で頻繁に繰り返される胸に手を当て「うまくいく」と唱える言葉から。

英語で"All is well"。インド英語で"アーリーズウェル"と発音する。

英語のインドでの位置付けや、階層社会であり、さまざまな言語が飛び交うインド社会の側面が分かるエピソードも出てきてこのあたりは個人的に興味深かった。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画