ゲッターズの橋下市長

冗談半分で職場に持ち込んだところ予想外にみんなの反響の高かった本です。

「笑っていいとも」にも出演している今人気の占い師、ゲッターズ飯田の占い本『あなたのこたえ合わせ占い』。

血液型占いなら4パターンですがこの本では、生年月日を元に人間を60パターンに分類して占います。

職場では最近、生年月日も個人情報と言うことでなかなか入手しにくいのですが、知っている人はちゃんと知っていたりするもんです。(笑)

当たっているかどうかはやはりそこは占い。当たるも八卦、当たらぬも八卦です。

当たっている場合はもう見事に本のまま。

「こんな人」と言うイメージはあっても言葉にすることは難しかったりするのですが、この本は代わりに面白おかしく言葉にしてくれていて、そこが楽しいです。

でも、実際外れている場合もまああるかな。その場合は???って感じです。

あくまでも、息抜きのためのお楽しみと言うことで。
ゲッターズ



今、話題の人と言うと慰安婦問題関連の発言で物議を醸している橋下徹大阪市長。

1969年6月29日生まれのこの人はこの本によると、

「ニヒルな生徒会長。
周りから悪意なく人を小ばかにする人と思われている。
理想が高い、偉そうな子供のような人間性。」

なんかテレビで見る印象そのまま。

合コンや飲み会に持っていくと結構盛り上がるんじゃないでしょうか。

くれぐれも仕事中は占わないように。




関連記事

テーマ: 気になったニュース | ジャンル: ニュース

Category: ニュース

英会話の勉強のためのスパイス

もう、7~8年前のことになりますが、仕事で英語が必要になり、しばらく勉強していたことがあります。

がちがちの勉強の本というよりは、参考としての読み物的なものですが、当時すごく印象に残った本です。

David Barker


最近、知り合いに英会話で参考になる本を教えてほしいと言われて紹介しました。

イギリスのネイティブスピーカーで、日本語が出来る人が書いています。

26歳から日本語を学んだという著者がその経験を背景に書いていることからも、英語を学ぶ日本人に対する愛情を感じます。

ですので、この2冊はどちらかと言うと文法の本ですが、日本人に分かりやすく(ここが大事)日本語と英語の考え方の違いを説明してくれています。

彼は日本人の英語の間違いのほとんどは3つのことが原因だと言います。

①日本語の単語と英単語の意味する範囲が異なること。

②学校で英単語の使い方を間違えて教わっていること。

③一部の和製英語のように英語の意味を変えて日本語にしていること。

そしてこの本はまず、日本人が陥りがちなこれらの原因による誤解を解いた上で、英語がどのようなものか説明してくれているのです。

これまで硬い本で一生懸命勉強してきた人ほど一度手にしてほしい本です。

きっと、これまで詰め込んだ知識が整理されて理解が深まると思います。





日本人のいう「先輩・後輩」ってどう言えばいいの?「頑張れ」はFightだけ?英語の「できた」は少し違う・・・などと英会話を勉強していた人なら一度は迷う表現も丁寧な解説でその考え方を教えてくれます。

こうしたかゆいところに手が届くピンポイントの解説だけでなく、この本に載っていないことをネイティブスピーカーに質問するときの聞き方まで書いてあって、その配慮に感激します。


関連記事
Category:

ひまわりは8枚の葉

ひまわりの生育はまず順調です。
ひまわりさん

成長率が高くなってくるのはもう少ししてからのはず。

そうなってくると見ている方もワクワクしてきます。


関連記事

テーマ: 樹木・花木 | ジャンル: 趣味・実用

梅雨のヤマユリの成長

今日、関東は梅雨入りです。

つぼみは大きくなっていますが、背丈の成長率は落ち着いてきたようです。

yamayuri ss


yamayuri bb
こちらもつぼみは徐々に大きくなってきています。

開花まであと1か月。

梅雨明け前後の頃でしょうか。


関連記事

テーマ: 樹木・花木 | ジャンル: 趣味・実用

Category: ヤマユリ

折り畳み傘TOTESを試してみる

ここ数年使い続けた私の折り畳み傘。
oritatamigasa ookisa

3段折り畳みでコンパクトな割に開いた傘の面積もそれなりにあって重宝してきました。

どこのメーカー製かは分かりませんが、いい加減くたびれてきて、骨の部分も疲労骨折寸前です。

かさと骨がこすれる部分に何か所か穴も散見されてきましたので代わりを探しました。

今までの傘が気に入っていたので、次のはちゃんとしたものを多少お金がかかっても手に入れたいと考えての検討です。

totes hikaku

今回試したのはTOTESというアメリカ製の折り畳み傘2,730円。(SLENDER MEN NAVY)

やはり今の傘の気に入っていた点はコンパクトに畳めるという点です。

TOTESというと自動の折り畳みが可能なTITANIUMが有名ですが、ここはあえて、折りたたんだ時に今よりも小さなものということで決めました。

TOTESは25cmと言うことで現在のものとほぼ同じ大きさです。

ちなみに、TITANIUMは折りたたみ時の大きさが27.5cm。

SLENDERの太さは今のよりも明らかに細いです。

また、TOTESは撥水性の高さでも有名ですので、それがどのくらいか見てみたかったという誘惑もあります。

今週は曇りと雨の確率の高い日が続くようですし、この傘をデビューさせる日も近いかと思うと楽しみです。



関連記事
Category: 日常の発見

希望の国 ★★★★☆

kibounokuni昨年の公開時には見逃したのだが、5月11日に亡くなった夏八木勲の追悼ということで近くの映画館で上映されていたので見に行った。

やはり、この監督の作品は強烈。

すべての牛を撃ち殺したラストの小野泰彦(夏八木勲)の姿は見ていて胸をえぐられる思いがして本当に苦しかった。

小野夫婦を結び付けているのは言うまでもなく愛だ。

そして、最後の判断の元になっているのもこの愛なのだが、ただ、"杭"への対処法の違いによって洋一夫婦とは違う結果になるのだ。

津波にさらわれた後の街に現れる二人の子供はビートルズのレコードを探していた。

ビートルズは愛を歌い続けたバンドだ。愛こそ全てと。

二人の子供は、これからの日本人は一歩一歩歩いて行かなくてはならないと言い捨てていく。

精霊なのか、流された人たちの魂なのか、監督の思いを託したセリフを思わせぶりなそぶりで突き立てて消え去る。

愛は津波で流されてしまったと捉えることもできるかもしれないが、あくまでも彼らは愛が必要だと探してさまよっているのだ。

”遠く”へ避難した、ある砂浜のガイガーカウンターがアラームを鳴らす傍らで、愛さえあれば乗り越えれると洋一といずみは抱き合うが、映画の描くあまりにも悲惨な状況にそのセリフさえ空しく聞こえるかもしれない。

「希望の国」と言うタイトルも、登場人物の語る愛のすばらしさも映画の世界が見せるあまりにも悲惨な状況から皮肉として描いているとも取れるかもしれない。

しかし、私はあくまでもこの映画は、これほど絶望的な状況であっても愛があれば乗り越えれると言っていると考える。

愛こそ全てなのだ。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

第66回(2013)カンヌ映画祭の日本映画

今年のカンヌ映画祭には連日報道されているように日本の映画が2本出展されていますが、評価は割れているようです。

コンペティション部門に出品されているのは、是枝裕和監督作『そして父になる』と三池崇史監督作『藁の楯 わらのたて』の2本。

そして父になるポスター

『そして父になる』はエキュメニカル賞のスペシャル・メンション(特別表彰)も受賞してパルムドールへの期待も高まっているようです。

いかんせん、日本では未公開の作品なので自分としては何ともいえないのは残念なところです。

藁の楯


藁の楯 わらのたて』はヨーロッパ各国の評でも賛否両論の様子。

日本のこと、日本人のことをよく知らない外人にとってはウケがいいかと思っていたらさすがにそこまで甘くなかったようです。


この映画祭って結構選り好みして気に入られた監督はずっといい評価を得続けることが出来る感じがしているのですが、今回の場合、どちらの監督もカンヌには嫌われていないと思うので上手くいくといいなとも思います。


パルムドールの発表まで間もなくと言うことで楽しみです。


    ↓↓↓↓↓

第66回カンヌ国際映画祭のパルムドールは、フランスの「アデルの人生」(アブデラティフ・ケシシュ監督)が受賞。
そして、是枝裕和監督の「そして父になる」が審査員賞を獲得した!!!

(5/27追記)



関連記事

今週のランニング

今週は、仕事の関係で2回だけのランになりました。

水曜日は小出監督がいうインターバル走をやってみました。

1km(全速力)+2分のジョグ X 5本
です。

ここでいう全速力は1kmを走りきれる最大のスピードという意味です。

自分の場合、
12.5km/hr X 1本
12.0km/hr X 3本
11.5km/hr X 1本
でした。

3か月前に初めてこのインターバル走をやったときは12.0kmで走ってその晩寝ている時にこむらがえりになってのた打ち回ったという苦い経験がありますが、さすがにその頃よりは脚力が上がっているようで、そのようなことは何も起きませんでした。

まだ少し追い込む余裕があった気がしますので、次回はもう少し最初からスピードを上げていこうと思います。


そして、週末は多摩川河川敷をいつものコースで20kmLSDです。

今日は初めからずっとスローペースでしたが、15km以降に足が棒になるのは変わらずです。

それであれば、前半は出来る限り追い込んで走った方がいいトレーニングになると思うので、次回からは最初から追い込んでいこうと思います。

脚力スタミナのアップは横ばい状態のように思えてなりませんが、ここはしばらく着実にやり続けていくつもりです。





関連記事

テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ

乳房予防切除と人体解明の現在

アンジェリーナ・ジョリーの乳房切除が話題になっている。

これまでセクシー路線で売ってきたハリウッド・スターが乳房を切除したということ。

しかも切除したのはまだ健全な乳房で、遺伝子検査の結果を信じての手術だということで二重の驚きです。

アンジー
アンジェリーナ・ジョリー
1975年6月4日生のアメリカ人女優。UNHCR親善大使でもある。

父親は俳優のジョン・ボイド、夫はブラッド・ピット。

「トゥーム・レイダー」、「チェンジリング」「17歳のカルテ」等の代表作があり、「17歳のカルテ」ではアカデミー賞助演女優賞受賞。

慈善活動に熱心で多額の寄付を行っていることや実子3人のほかに養子3人を育てていることでも有名。





がんになる可能性が87%という確率をどう評価するかが問題ですが、これも非常に難しい判断です。

非常にアメリカ的な行為だと考えるのは簡単ですが、一方で著名な科学者は遺伝子研究の発達からがんは対処できる寸前まで来ているとも言っています。

それだけがん克服に近いという現状からすれば、この確率による判断も軽視できない時代が来ているとも言えるでしょう。

すなわち、今後はこのような遺伝子検査による対処も主ながん治療手段のひとつになりうる可能性が高いということです。

DNAの二重らせん構造解明でノーベル賞を受賞し、ヒトゲノム計画のリーダーでもあったジェームス・ワトソンは言います。

「がんを理解するということはとりもなおさず細胞を理解するということでした。今やっと細胞を理解する段階に来ています。」

日本でも、同様の乳房予防切除の対応ができる病院が登場してきていますが、がん治療も新たなフェーズに入ってきたという感じが実感として伝わってきます。





さらに、ワトソンは将来の重要な科学テーマは
- 脳の発達と機能解明
- 老化
- メタボリズム
ともいいます。

ワトソンがここにがんを入れていないのは、既に解明がほぼ完了したテーマだだからです。

そして、がんがほぼ対処可能になったと言える彼にとっても、精神疾患を非常に難しい問題ととらえています。

「精神疾患を理解するということは、脳を理解するということに他ならない。複雑すぎます。」

「脳の解明には5年と言うようなスケールではなく、100年くらいの時間がかかるでしょう。」


関連記事

テーマ: 健康 | ジャンル: ヘルス・ダイエット

Category: ニュース

フォトコレクションは残念だという件

今更ながらですが、スマホのカメラも画素数が1200万画素を超え、ずいぶんきれいに撮れるようになりました。

写真によってはコンデジよりもきれいに撮れていたりします。

綺麗な写真がどこでも手軽に撮れてしまうためについついスマホのカメラに頼りがちになって撮りためてしまいます。

私はDOCOMOのスマホなので「フォトコレクション」というDOCOMOイチオシのサービスを試してみました。

これはストレージするメディアとしてと言うよりは、写真の移管手段と考えてのことです。

撮った写真をPCに移す時にいちいちケーブルでPCとスマホをつなぐのも手間なので、無線で飛ばせるクラウドを経由するのが便利だと思ったのです。
フォトコレクション

ところが、PCで閲覧するのはいいですが、加工するためにPCにダウンロードしようとするとこれまた反応が鈍い。

1枚や2枚ならいざ知らず、それ以上の枚数となるとケーブルでつないでPCに直接落とした方がよっぽど早いです。


また、EVERNOTEの写真をこのフォトコレクションとで自動共有する機能もありますが、これはEVERNOTE→フォトコレクションの一方通行。

逆方向ならまだしも、反応の遅いクラウドにデータを一元化するのは無理と言うものです。

スマホのカメラ→クラウドの要望ってあまりないんでしょうか。

デジカメ→スマホの手段はいろいろあるようですが、これはスマホで編集、ブログやフェイスブックへのアップロードをするためのものです。

自分としては写真の編集、アップロードはPCでやりたいのですが、あってもよさそうなのに。。。




関連記事

テーマ: スマートフォンライフ | ジャンル: 携帯電話・PHS

Category: 日常の発見

ひまわり2週目

種を植えてから2週間。
ひまわり2w
葉も6枚になりました。

ひまわり22
今年は間引きするつもりはないのでそれぞれきちんと育てていかなくてはいけません。

今の時期から除虫剤もまいて虫に荒らされないように気を付けています。



関連記事

テーマ: 樹木・花木 | ジャンル: 趣味・実用

ヤマユリにつぼみが出来てきました

jiuetsubomi
ジウエさんもつぼみが出来てきました。

blackie
そしてブラッキーさんにも。

でも、二つのつぼみの付き方はそれぞれ違うようです。

ブラッキーさんは麻生ヤマユリ植栽普及会から球根を譲ってもらったのでヤマユリであることは疑いないところです。

やはり、ジウエさんはヤマユリとは違うということだろうか・・・。

疑惑は深まります。

シロアブラムシ
ちょっと見ないうちにシロにアブラムシが!

ヤマユリにはアブラムシは天敵になります。

これはアブラムシが傷つけた部分からウィルスが侵入して病気にかかってしまうことによります。

気を緩めないで世話していこうと思います。



関連記事

テーマ: 樹木・花木 | ジャンル: 趣味・実用

Category: ヤマユリ

EVERNOTEがスマホの価値を高めてくれる

スマホって電話以外にはネットやメールをしたり、地図でナビしてもらいながら目的についたり、後はゲームをしたり程度のことしかしないのにこんなにたいそうなことになっているのはどこか腑に落ちない気がしてなりませんでした。
スマホ

GPSで地図を見ながら目的地に行けるなんてことは、それだけですごい革新だとは思うのですが、散発的な機能の一つにしか思えなかったです。


少し前から使い始めていたEVERNOTE。

あらゆる情報を一元化して保存し、手軽に呼び出せる機能が非常に便利。

これまでは、メールにある情報はメールを起動して保管しているメールを探し、他の情報はまたほかの媒体を探すなど面倒でした。

EVERNOTEは情報の形式を問わず、ほとんど全ての形での情報を取り込むことが出来ます。

また、自分の場合手書きのノートを取り込むことが多いのですが、スキャナーは手間がかかる上に家でしかできないのでやはり写真に撮って取り込むのが便利です。(EVERNOTEは写真上の文字も検索が可能です。)

ただ、PC上で使うのは扱いやすかったのですが、皆さんが言うようにスマホでのEVERNOTEは利便性が感じられずにいました。
EN-スマホ
それも、このEVERNOTEアプリのカメラ機能はどうもピントのスピードも遅くて扱いにくかったのです。

少なくとも、写真を撮って取り込むのに何ともやりづらく、色々なEVERNOTEサポートアプリも試したのですがいいのが見つからずじまいでした。

いろいろ考えあぐねていたのですが、何のことはない。写真のハンドリングはEVERNOTEのウィジェットをインストールすることにより解決です。

手書きのノートを取り込むのにもそれ専用の機能になっているようで、多少手がブレていても瞬時にピントを自動的に合わせて上手く写真を撮ってくれます。

スマホ対応と言うことでその写真もスマホで見るときにも適切な大きさ、フォーマットに整えられてサクサク見ることが出来ます。
ENウィジェット
紙媒体の情報を写真で取り込むときは、カメラをこちらのウィジェットから起動させます。

紙媒体の情報もどこでも気軽にとり込めるのは助かります。

普段使いのスマホの用途としてEVERNOTEが加わり、自分のスマホの価値がグンと高まった気がしてうれしいです。





関連記事
Category: 日常の発見

モネ・ゲーム ★★★☆☆

モネゲーム66年の「泥棒貴族」をコーエン兄弟の脚本でリメイクした作品。

コーエン兄弟脚本と言うことで、序盤からいい雰囲気で物語は進行する。

ハリーのホテルでのシークエンスの滅茶苦茶だけど柔らかなコメディは自分は嫌いじゃないです。

このハリーと言う男、冷静に見るととてつもなくイタい奴なのだが、コリン・ファースのいかにも真面目そうなルックスが絶妙に効いていていい味を出している。

キャメロン・ディアスはいかにもな役どころ、というか、ずっとこいうキャラだよねぇ。

でもって、本来の設定よりも年食ってることはないかい。

こういうキャラをやれる新しい女優さんが出て来ないわけではないだろうにこの位置はいつもキャメロンだね。

キャメロンのいかにもテキサスなアメリカ英語とアラン・リックマンの気取ったブリティッシュ英語や日本人のコテコテの英語の対比も何ともおかしい。

ただ、最後のどんでん返しは虚を突かれたというか、あまりにもあっさりしすぎ。

有名な絵画を買いあさる日本人が出てくるけど、20年以上前のバブルの頃ならいざ知らずちょっとネタが古すぎだと思うけど、欧米人にはあの頃の日本人の印象があまりにも強いということだろうか。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

イングリッシュ・コッカー・スパニエルを愛す

ウチの愛犬はイングリッシュ・コッカー・スパニエルという犬種です。

jamine

今日はイングリッシュ・コッカーのファンシャーのクラブのオフ会がありました。

今となってはイングリッシュ・コッカー唯一にして、関東及び東海に支部を持つ規模で10年以上の歴史を誇るクラブですが、このクラブもとうとう今年の活動を持って解散となってしまいます。

原因は、現幹事さんの愛犬もシニアの域に入っており、イベント等の活動を行うためには健康上の制約を受けることが多くなってしまったこと、そして新たな世代の幹事さんが育ってないことによります。

オフ会はこれまで毎年春秋の年2回行われてきており、可能ならば秋のイベントが最終となる予定ですが、開催できるかははっきり決まっておらず開催できなければ今回のイベントが最終ということになります。

同様の規模のイベントを催すクラブがもう一つあったのですが、こちらは昨年に突然解散、消滅してしまいました。
offkai


イングリッシュ・コッカーの日本の登録件数はここ数年40位前後であるのに対して、イギリスでは常に1位のラブラドール・レトリバーに続いて2位に入っている人気犬です。

これは日本でいうと、トイ・プードル、チワワ、ミニチュア・ダックスフント並みの人気犬種と言うことです。

それに対して日本でのイングリッシュ・コッカーの人気はと言うと、普段ほとんど見かけることはありません。(笑)

それどころか、街中を散歩していても、犬種の名前が分かる人と出会うことはほとんどいない、というよりは皆無です。

何と言う犬種か尋ねられるならましな方で、スタンダード・ダックスフントですか?などといわれることも多いです。

ECocker
ドッグショーの出陳数もアメリカン・コッカーがいつも10頭以上出陳されているのに対して、大体数頭のみでさびしい限りですが、なんでこんなに不人気なのか分かりません。

人懐こく、陽気な性格でイギリスではメリー・コッカーとも呼ばれ、私はハマる犬種だと思うのです。(親ばか)

ちなみに、芸能人だと俳優の高橋克典や陣内孝則が飼っています。


日本のイングリッシュ・コッカー・スパニエルの登録順位
2009年:37位
2010年:40位
2011年:38位
2012年:39位

日本の登録数ベスト3
2008年以降
1位:プードル
2位:チワワ
3位:ダックスフント

イギリスの登録数ベスト3

1位:ラブラドール・レトリバー
2位:イングリッシュ・コッカー・スパニエル
3位:イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル






関連記事
Category: 日常の発見

テープで足を固定して走る

週末のLSDはいつも15kmあたりでふくらはぎ~ハムストリングス~臀部の筋肉が痛く、固まってペースダウンしてしまいます。

ふくらはぎの痛みは足首で地面を蹴っているためにふくらはぎに負担がかかって起きることが多いので、足首を使わずに走ることが必要になります。

でも、頭では分かっていても、実際やるのは自分には難しかったりするのです。

そこで、テープの力を借りて週末20kmLSDを走ってみました。

Xtape
結果としては、劇的な効果とまではいきませんが、後半で粘ることが出来て明らかにこれまでとは違うことを実感できました。

さらに、走った後はこれまで苦しめられていたふくらはぎの痛みが嘘のようにありません!

足首を使わない感覚をテープを使わずに再現できればいいなと思うのですが、フォームで再現することはなかなか難しそうです。


20kmLSDは今週も前回と同じコース(多摩川水道橋~川崎側河川敷~二子橋~東京側河川敷~京王線鉄橋折返~多摩川水道橋)です。

nikotama station
先週ルートをロストした二子玉川駅前です。

ここは信号を3つ渡らないと多摩川沿いに行けません。

いいペースで走ってきても、信号機で長時間止まるのは非常に残念です。

hyougojima
二子玉川駅から河川敷に入ったところ。

兵庫島公園という公園になっています。

suidou
兵庫島公園からしばらく行ったところに水道を見つけました。

これって飲んでもいいんだよねぇ。

というか、結構たくさん飲んじゃいましたけど。




関連記事

テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ

緑色の映画

陽光の中のきらめく緑は清涼感、新鮮さを与えてくれます。

庭の草木、街の中の木々、草花の緑には私はみずみずしさを感じます。

土色、灰色が覆う冬の季節を終えて春の到来と共に現れる緑は生命力の力強さ、さわやかさ、若さ、希望を連想させます。

同様に人工物、コンクリートの建物、オフィス、工場地帯の合間にある緑はくつろぎ、癒し、やすらぎを与えてくれます。

Greenという英語には未熟なと言う意味があり、海外では取り色は毒の色を連想させる国もあるようですが、日本人にとってはネガティブなイメージのない色と言えます。

名わき役
しかしながら、一方で主役にはならない色というイメージがあります。

何か別の色と組み合わせて緑色を映えさせる、もしくは、緑色が他の色を印象付けるために使われていることが多いです。

主役にならないということはそれだけ自然な印象を受けて溶け込んでしまうからではないでしょうか。

空気のように普段は意識しなくとも、なければ困るような色。

あると不満を感じなくなるが、ないと不満を感じてしまい、あってもなくとも満足は得られない。そんな存在。


コンピュータ画面の文字
その昔、ブラウン管に映るコンピュータ画面の文字は緑色でした。

しかしながら、これはブラウン管の表面に塗られる蛍光体がたまたま緑色だっただけです。

後付けで緑色の波長は目に優しいという説が説明づけられてしばらく画面上の文字は緑色であり続けましたが、その説はのちに科学的に否定されています。

matrix 2 poster「マトリックス」

言わずと知れた世界的大ヒットシリーズ。

(人工的な)仮想世界は薄緑色がかった世界。

エージェントとの壮絶なバトルはこの色とのコントラストにより極限まで際立たされています。








greendestiny poster「グリーン・デスティニー」

「グリーン・デスティニー」というタイトルは日本のみのもので、オリジナルは「臥虎蔵龍」。英語のタイトルも「Crouching Tiger, Hidden Dragon」。

この色は映画のテーマの精神性を深めるのに大きな役割を担っています。

そのことからもこの邦題は秀逸だと思います。






やはりこの色を連想させるのはこの2作において他にありません。

主役になり難い色でありながら、その対極にある壮絶なバトルのコントラストにより深い印象を与えてくれます。



関連記事

テーマ: ★おすすめ映画★ | ジャンル: 映画

ヤッソ800のインターバル走

「ヤッソ800」

最初、この言葉を聞いたとき、まだまだ世の中には知らない言葉が多いもんだと反省させられました。

これは何かと言うと、アメリカのランニング雑誌の編集者、バート・ヤッソさんが考案したインターバル走トレーニングの一つで、800m×10本のインターバルトレーニングからフルマラソンのタイムを算出する公式のことです。

ヤッソ800の方程式として、フルマラソン●時間▲分=800m●分▲秒×10本が成り立つといいます。

(理論的には、800mを3分で10本走れるランナーは、フルマラソンを3時間で。4分で10本こなせるランナーは、4時間で完走できる)


で、このヤッソ800をやってみました。

一応、目標でもある800mを4分ペースでいけるところまで行ってみようと思ってチャレンジです。

颯爽と走り始めたのはいいのですが、最近メンタルが弱くなっているのか、3本目くらいでしんどくなって何本で止めようかと言うことばかり考えていました。

でも、8本やったところで走りきれる気がしてそのまま10本頑張りました。

最期の二本は心肺系よりも足のほうが辛く感じましたがなんとか完走です。

感想としては、思ったほどきつくない!?

現実的に考えても、今の自分が4時間でフルマラソンを完走できるとは考えにくいので、ヤッソの公式には疑問符がついてしまいます。

そこでよくよく色々と調べてみると、ヤッソ800はフルマラソン3時間30分以上のランナーに有効だとのこと。

なんだそりゃあ。


やはり、ここはしばらくオーソドックスに1kmインターバル走で追い込んでいこうと思います。

これは小出監督のメニュー:
・1km(全力)+JOG(2分)X5本
・2km(全力)+JOG(2~3分)X3本
・3km(全力)+JOG(2~3分)X2本
の内、どれか一つ。

2月に初めてこのインターバル走をやったときはその夜、寝ている時にこむらがえりをおこしてのた打ち回ったというオマケまでついてました。

さすがにあの頃よりは自分の足も出来ていると思うのでそれほどひどいことにはならないと思います。(汗)





関連記事

テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ

着々と大きくなるヤマユリさんたち

ヤマユリってこんなに大きかったっけ?と思うほど大きくなってきました。

やまゆり20130515
ジウエさんの意外なほどの大きさに、家の者はこれはヤマユリではなくて別の種類の花じゃないかと疑いだす始末。

でも、通販で買った球根を育てると別の品種だったなんてケースはよくあるらしいです。

やまゆり2013051502
ブラッキーとシロは地味に成長中。

逆にブラッキーは細すぎないかとちょっと心配になるくらいです。

これも別品種なのか?!




関連記事

テーマ: 樹木・花木 | ジャンル: 趣味・実用

Category: ヤマユリ

ひまわり発芽です。

種を植えてからちょうど一週間で発芽です。

ひまわり発芽1
早速、防虫剤を散布しておきました。

昨年は、双葉の時点でいくつか虫にほとんど葉を食べられたりするケースがありました。

ひまわり発芽2
やはり今年も発芽率が高いです。

ほとんどの種が芽を出しています。

いくつか遅れているのか出ていないのもありましたが、そこには改めて種を植えました。

まあ、まだ1週間の差なので大丈夫だとの判断です。

一応、翌年の栽培のために育ち具合に違いがないかは観察していくつもりです。


関連記事

テーマ: 樹木・花木 | ジャンル: 趣味・実用

死霊のはらわた ★★*☆☆

evil dead poster
ホラー映画の金字塔であり、サム・ライミの名を世に知らしめた映画のリメイクです。

しかも、脚本で今回もサム・ライミが参加しているとのこと。

パワーアップした「死霊のはらわた」を期待して見に行きました。

オリジナル版では、憑依された仲間のイッてしまい具合とアッシュの狂気の演技にその公開当時ですら半分引いてしまう程で、その展開に圧倒されたのを覚えています。

腕がちぎれ、身体が邪悪な魂に侵される演出はアニメのぎこちなさはあったものの、特殊メイクを含め当時としては他にはない独自のものでした。

およそ30年の時を経て今回のリメイクでの映像はスタイリッシュでリアルに生々しくなっています。

しかしながら、オリジナル版で惹きこまれた独自性を感じることはなくなってしまいました。

リメイクなので当然と言えば当然ですが、オリジナル版がヒットした理由を考えればそれを超える要素を詰め込んでのリメイクということに(せっかくサム・ライミも製作に参加しているので)期待したのですが、それ程の映画になっていないです。

ここ30年の内に他の映画がさんざんやりつくした表現の焼き直しになっていて、オリジナル版を初めて見たときのような斬新さ、目新しさが感じられなくなってしまっていたのは残念でした。

さらに一方で、最後のミアの戦いではちゃちな特殊メイクに唖然。

クライマックスで30年前のレベルに戻るような人形とすぐ分かるスプラッタにしてしまったのは、がっかりです。

期待したリメイクでしたが、これだとオリジナル版のファンにとっても、オリジナル版未見の人にとっても迫力不足で魅力半減と言わざるを得ないです。



なお、エンドロール後にはオリジナル版ファン向けのサービスカットありです。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

リンカーン ★★*☆☆

Lincoln-poster
リンカーン大統領が再選を決め、南北戦争が泥沼の様相を呈して4年目に突入する年が舞台。

奴隷解放宣言を行ったリンカーンはその法的根拠と奴隷制度の永久的な根絶を達成するため、 「憲法修正第13条」を成立を目指す。

タイトルは「リンカーン」だが、その半生を描いた映画ではなく、その憲法修正第13条を下院で通す1か月を描いている。

そのため、政治的な細かな駆け引きが綿密な描写に大半が割かれていて少々堅苦しい感じもする。

肩に力が入り過ぎと言うか、勝利のクライマックスへの結び付け方もどこか大げさすぎる演出でちぐはぐな感じが否めない。

やはり、アメリカ史上の代表的な大統領のうちの一人と言うことで製作者側もそのプレッシャーを感じて真面目に作っている印象だ。

ダニエル・デイ=ルイスのリンカーンは背中を丸め、どちらかと言うとぼそぼそと話し、普段は温和な表情を浮かべる人物。

有名な奴隷解放宣言の演説をするリンカーンの挿絵では胸を張り、慄然とした態度だが、それとはまったく異なる姿になっている。

やはり、このリンカーンはダニエル版のリンカーンであって、数あるリンカーン像の内の一つではなかったかと思う。

アメリカ人にしてみればことあるごとに数多くの俳優の演じたリンカーンを見てきているはずだが、リンカーンという大上段に構えたタイトルの映画であることからも、それらを超えるものでなくてはならないために深読みしすぎた人物像になっているのではないかと言うのはうがった見方だろうか。

スピルバーグらしいと言えばそれまでだけど、やはりこの映画もラストは尻すぼみで、無理やり映画を終わらせている感じが強いのが残念。


そういえば、この映画のサウンドトラックもジョン・ウィリアムズ。

この人、一体何歳なんだろう。




関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

多摩川で20kmLSD

今週の週末LSDは多摩川河川敷へ行きました。

トレッドミルだとやはり同じ場所で2時間走る続けると言うのはいい加減、退屈で耐えれなくなってきたことと気温が高いと室内で長時間走るのは温度調節が出来なくて続けて走れないので、これからは週末は多摩川へ行こうと思います。

外だと風に当たりながら景色を楽しみつつ走ることが出来ます。
tamagawa-noborito
今回のスタート地点、多摩川水道橋付近です。

今日は気温が高くなりましたので、18:00に出発です。

tamagawa-nikotama
二子玉川の遠景です。

hutakobashi
二子橋を渡ります。

この後、二子玉川の駅前付近でルートをロスト!(笑)

河川敷に戻るのに手間取りました。

19ji-tamagawa
ちょうど7時ごろ。

この後は日没で真っ暗でした。

多摩川河川敷は照明が少なく、暗い道が多いですが、ランナーの方や自転車の方が大勢走っておられるのでぶつからないよう注意が必要です。

tamagawa-run-20kmcourse
15km過ぎてからのペースダウンはいつものこと。(笑)

でも、いい加減しっかりと走り切りたいところです。

対策として、徐々に距離/時間も増やしていこうと思います。




にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

関連記事

テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ

体重増加とランニング姿勢

体重増加!!

体重が再び76.0kgに増加。

定期的に走り続けているのに4月末の74.5kgからおよそ1.5kgの増加。

思い当たるのはコーヒーをいつもよりもよく飲んでいたこと。

以前も原因がコーヒーだと思われる体重増加がありました。

犯人はブレンディの低糖コーヒーに違いない。

あと、今週から筋トレも復活させましたし、そもそも筋トレ中はいつも体重が増え気味と言うこともあるので筋トレも容疑者の一つです。

体重が増えて故障したり、フォームがおかしくなったりするようなことがないよう気をつけたいと思います。



でも、アイスコーヒーはこれが私の一番のお気に入りなのです。

新しいシューズの影響

ターサーブリッツ3を履いてかかと着地すると、足に衝撃が直接伝わってつらく感じます。

そのため、自然とフォアフット重心のフラット着地となり、それを続けようとすると重心を前に持って行って前傾姿勢を取らなくてはならなくなります。

結果として自然とスピードが出るフォームになっているように思います。

シューズを変えたことによって前傾姿勢が意図せず矯正され、スピードも上げられているのは予想外の好影響でした。

ソールの反発力が強いというこのシューズの特性もうまくいかせていると思います。

悪影響としては、ふくらはぎとすねの横の筋肉痛が強く出ていること。

変なところに力が入っているということでしょうか。

慣れるまでまだ時間がかかりそうです。



関連記事

テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ

合理的な判断のための推計学

利き酒をするときにどれだけの正答率を上げれば、偶然とは違ってその人に利き酒の能力があると判断できるのでしょうか。

たった2杯のシングルウイスキーからそのバーテンの注ぐ量が常に少なすぎることはないか判断することが出来るでしょうか?

本書の内容としては、半分くらいは高校数学の統計の教科書に載っている内容だと思いますが、改めて読んでみるといろいろ考えさせられたので紹介します。

ニュースやネットの情報もそのまま鵜呑みにしたり、直感的に判断してしまうことが多いですが、本書の内容を常に意識することによって不確かな判断をある程度避けることが出来るようになると思います。

ネットが発達していろんな情報が溢れてくると、やはり受け取る側がその情報が信じるに足るかどうか判断する必要に迫られる場面に多く出会います。

いやーホント、変なソースのネタも大手のwebで堂々と公開されていたりするからタチが悪いですね。

本書は多くの例題と数式の詳しい解説で、わかりやすい統計学の基本書になっています。

昔学んだはずの内容も多いですが、合理的、数学的に判断できるケースが多いことに今更ながら驚きました。







関連記事

テーマ: 最近読んだ本 | ジャンル: 本・雑誌

Category:

新しいシューズ(asics TARTHERBLITZ 3) デビューです。

アシックス ターサーブリッツ3を練習用にデビューさせました。

まずは、いつもの10kmビルドアップ走です。

britz3
履いてみた印象は、まず第一にすごく軽いということ。

左足につけたセンサーが揺れるのも感じてセンサー自体重く感じてしまいます。

関連記事

テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ

ひまわりの種植え 2013

5月5日に春の土用期間も明けたので、今年も種を植えました。

先日、近くを通る方に去年の夏のひまわりが綺麗だったという話をいただき、感激して今年も頑張って育てることにしました。

ヒマワリウエ0507
写真は、まあ、まだ種を植えただけです。(笑)

間引きするのはやはり気分のいいものではないのと、昨年の発芽率が高かったので思い切って種は一つずつ15cm~20cm間隔をあけて植えました。

逆にこれだと失敗できないので、害虫対策もきちんとして丁寧に育てていかなくてはなりません。

去年のような"ぐうたら"では上手くいかないので緊張して取り組んでいきたいと思います。


関連記事

テーマ: 樹木・花木 | ジャンル: 趣味・実用

ヤマユリさんたちグングン育っています

0507アカジウエ
ロッソをジウエさんの横へ移動しました。

ジウエさんの成長が速いのと最近風が強い日が多いのとで茎が折れないように補助棒をつけました。

Unidyで490円でしたがこんなもんでしょうか。

0507シロクロ
ブラッキーとシロです。

両者の茎の太さの違いに驚きますが、どちらもうまく育ってくれますように。























関連記事

テーマ: 樹木・花木 | ジャンル: 趣味・実用

Category: ヤマユリ

スピードアップのためのメニュー

ゴールデンウィークも終わり、次の目標に向かってそろそろ始動開始です。

巡航速度アップ
10kmを50分以内、ハーフを1時間45分以内で走ることを目標にします。

これを達成するには、12km/hr=5分/km以上の平均速度が必要ということになります。

イーブンペースで走るのは難しいでしょうから幅を持たせて、12.5~11.5km/hrのスピードが必要といったところです。
running03

これは現実的に考えると12.5km=4分48秒/kmで走りきれるだけの脚力がまず必要になってくるということ。


関連記事

テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ

ジャッキー・コーガン ★★☆☆☆

jackieつまらん。

なんの目新しさもない映画。

何でこんな映画を今さら作る必要があるのか。

それもブラピで。

ブラピ自身もこの映画で魅力が際立っていたかというとそんなこともなく、埋没している。

アメリカの自己批判映画の側面も持っているが、そんな映画をなぜ今?

4年前なら多少違った印象も受けたかもしれないが、確かその頃は似た映画がたくさんあったのでそれでも微妙な感じ。

アメリカ国家とアメリカ人の矛盾点の指摘は面白いと思うが、セリフで説明されるだけじゃ何とも薄っぺらな感じがするだけ。

もう少し見せ方に工夫があってもいいんじゃないだろうか。

製作意図がまったくもって不明な映画。







関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画