ランニングタイツとOS-1ゼリーを試す - 第445回月例川崎マラソン

2回目の参加です。

天気は朝から小雨交じりで、10kmが始まる時の気温は8℃。

体感気温は2月末の前回と変わらないほどの寒さでした。
e0088513_20192516.jpg

正直なところ、最近の練習内容はあまり調子が良くなかったので前回よりもタイムも悪くなるかもしれないと思ってあまり参加したくなかったんだけれども、自分にとっての本番は3週間後だと言い聞かせていってきました。

なので、前回と同様後ろの方のグループに交じってスタートです。

心拍計は今回もいきなり不調。

1km地点辺りでいきなり205を表示。でも、その後は150あたりでまともに。

ところが、6kmあたりでそろそろキツくなってきたときに再び心拍計を見ると55!

知りたいときにこうだと役に立たないじゃん!しっかりしてくれマイ・ポラール!

e0088513_20335523.jpg

実際のレースはいつものトレッドミルとは違い、常に緊張しているので10kmもすぐに終わるように感じます。

ランナーの息遣いや足音が後ろから近づいてくると、自分のペースを守ることが一番大事とは思っていながらも抜かれまいと無意識のうちにペースを上げてしまいます。

似たペースで走る人を前方に見つけると距離の違いを調整しながらトラックに入るまでに追いついて、トラックでスパートをかけて抜けるかななどと計算してみたり、駆け引きが楽しいです。

また、今回はTARZANで見かけたランニングタイツを試しました。

初心者向けに絶賛されていたasics製です。自分はXTR493をチョイス。

穿いた途端に骨盤が立つことが実感できる等とも書いてありましたが、そこまでの実感はなく、走っていても防寒には確実になりましたが、効果は感じられませんでした。(笑)

os1

さらに、本番の脱水対策としてOS-1のゼリータイプを持って走りました。(今回は試すことが盛りだくさん)

走りながらゼリータイプのものを飲むのは初めてでしたが、むせることもなくいい感じでした。

寒かったですが、風はほとんどなくて汗も大量にかきましたが、のどが渇くこともなく走れました。

途中、心肺系が辛くて今回はダメかと思ってましたが、ふたを開けてみると前回よりタイムを3分縮めてのゴール。

心肺系をきちんと追い込んで練習すれば、結果は悪くはならないということでしょうか。

今回のラップ・タイム

1km 6'09"
2km 5'29"
3km 5'28"
4km 5'35"
5km 5'35"
6km 5'21"
7km 5'23"
8km 5'28"
9km 5'23"
10km 4'42"

普段の練習よりオーバーペースですが、何とか走りきれました。

ハーフマラソンではこうは簡単にいかないと思うのでペース配分も再度考えたいと思います。



asicsのランニングタイツ製品別特徴 (asics掲示版より抜粋)

品番の「XXR」「XTR」ですが、発売年によって変るだけで機能面での意味はありません。
ちなみにXTRは2010年から、XXRは2011年からの品番です。

XTR493
:2011/12カラー追加(¥11,550)
・コアバランス機能:骨盤の直立・安定をサポートする機能
・レッグバランス機能:ヒザの安定をサポートする機能
・身頃素材:ソフト2WAYトリコットWP
・ブラック×ブラックのみ

XXR811:2012/08発売(¥11,550)
・XTR493と同様の機能・素材
・カラーバリエーション有

XXR815:2012/11発売(¥9,240)
・コアバランス機能:骨盤の直立・安定をサポートする機能
・レッグバランス機能:なし
・ロングストライドカット:股の食い込みを軽減し、足の開脚をスムーズにサポート
・身頃主要部無縫製:縫い目の凸凹・すき間をフラットにして快適な履きごこち
・身頃素材:ソフト2WAYトリコット

XXR820
:2012/12発売
身頃素材は、XXR815と同様のソフト2WAYトリコットですが、上記の機能は搭載していません。

サポート力の順は下記のようになります。
(強) XXR811-XTR493-XXR815-XXR820 (弱)

サポート力の弱い方が、動きやすいと感じるかもしれません。 XXR820は、サポート機能のない、従来タイプの一番ノーマルなタイツです。
品名の「MC」「CF」の意味: MC:モーションコントロール CF:コンフォートタイプ




関連記事

テーマ: マラソン | ジャンル: スポーツ

"Heores"とその"The Next Day"

ボウイのアルバムはいつもそうだけど、考え始めると止まらない。

示唆に富んだ歌詞が豊富で、いろいろな解釈を楽しみつつ聞けるのがいいところなので、まあ、いつも開き直って自分なりの解釈で聞いているんだけど。
e0088513_2052571.jpg

アルバム「Heores」といえば、そのタイトルと同名の曲「Heores」が有名であり、このアルバムはアルバムとしてというよりは「Heores」という1曲が非常に評価されている。

そのことからも、すごくベタに解釈すれば、「Heroes」の写真の上にホワイトスクエアで"The Next Day”と書けば、Heoresたちの次の日を歌っていると考えられる。


たった1日だけなら、ヒーローになれる
"Heores"と言えば、追い詰められた愛し合う二人のことを歌った曲。

当時世界的にもヒットし、ボウイの代表曲の一つである。

歌は二人の愛のささやきのようであり、単なる夢見物語のようでもあり、事実と幻想が織り交じった詞になっているようにも取れる内容だ。

追い詰められた二人は死んでしまうのではないか、死んでしまったのではないか、という暗示も残している。

また、だれでもヒーローになれるということを歌っているようにも聞こえるが、実は単にかなわぬ幻想を歌っているむなしい歌だという解釈もずいぶん前からある。


そして次の日、そしてその次、そしてまた別の日・・・

追い詰められていた二人は別れるが、次の日、そしてその次の日も、彼は追い詰められ縛り首になりそうになりながらも朽ち果てつつある空洞の木の中で生きている。

善き悪しきの区別もない連中からぎりぎりまで追い詰めながらも、自分はまだ死んじゃいないと叫んでいる。

あらゆる苦難に振り回され、傷つけられながらも自分なりに反撃して、それでも、自分は負けちゃいない。

まだまだ、死んじゃいないと鼓舞している。

見かけは酷くやられて、再起不能に見えるかもしれないけれど、どんな形であれ見かけほどまいっちゃいない、と。

世界はそうして回っている
少なくとも、その時の自分の世界観では手も足も出ず、現実逃避しか自分を慰めることが出来ないほど切羽詰まっていても、乗り越えれない困難などない。

どんなカタストロフィを経験しようとも、それでも人生は続いていく。

現実の荒波を経験した一日だけヒーローになった彼は、夢物語を語り、現実逃避に陶酔することなく、現実に足をつけてまだまだこれからとこの歌で力強く答えているのだ。


"Space Oddity" と"Ashes to Ashes"のような分かりやすいつながりのドラマとは違うが、違う視点から見たHeoresの姿と言えるだろう。

また一方で、引退説が囁かれていたボウイ本人の復活を高らかに宣言した曲でもあると言える。


iconicon『The Next Day』(Delux Version) , 2013
David Bowie







iconicon『Heroes』(Remastered), 1977
David Bowie









関連記事

テーマ: 男性アーティスト | ジャンル: 音楽

Category: 音楽

大きな筋肉を意識して走る(23日前) - 3月29日のトレーニング

足首を使って地面を蹴らずにお尻や太ももの大きな筋肉を使って走ることを意識したので、足自体の痛みは感じることがなくなりました。

しかしながら、心拍数は高く、心肺能力の方がやはりまだ元に戻っていないようです。

これはコツでどうこうすることはできないので、一定のペースで追い込んでいこうと思います。





ラン
15分ジョグ
40分ラン:10.5km/hr=5分43秒/km、最大心拍数:178
15分ジョグ

トータル:70分、10.4km




関連記事

テーマ: マラソン | ジャンル: スポーツ

アルバム「ZOOEY」と映画「クラウド アトラス」との共時性

ニューアルバム「ZOOEY」は、耳に心地よく響くメロディに言葉をのせている曲あり、わざとテンポをずらすことで耳に引っかからせて歌詞を心に残そうとする曲ありで佐野元春らしさがつまったアルバムです。

曲調のバラエティは広く、一曲一曲の作り込みの丁寧さは聞き手にも伝わってきます。

非常に聞きごたえのある曲群で構成されていて感涙モノです。

楽曲のバラエテイの多彩さとは裏腹に、そのテーマは「愛することと未来への希望」とシンプルに絞られていますが、言葉の選び方が見事で、ときどき、ハッとするフレーズが曲に使われていてドキリとします。
e0088513_0212032.jpg


“人間なんてみんなバカさ” 

”ルールを作ってみたいんだろう 歴史を変えてみたいんだろう”

”未来が来てもうれしくないのさ 君が一緒でなけりゃ”
   - 「君と一緒でなけりゃ」


「世界を変える」というのは、これまでも佐野元春の作品を考える上でのキーコンセプトの一つです。

利己的な統治者による愛のない支配を愚行と叫び、これまで繰り返された人と人とのつながりを考えずに世界を変えようとする行為を愚かだとする一方で、愛し合うということで世界を変えることの素晴らしさを説いています。

“風は光になって 私たちはずっと共にいる"

“君といつかこの世界を変えてみたい”
   - 「詩人の恋」


「クラウド アトラス」とのシンクロニシティ(共時性)
人間の歴史の中で愛と革命は、何世代にもわたり繰り返された人間の本質的な行動でもあります。

私は、最近見た映画「クラウド アトラス」のソンミのエピソードを思い出さずにいれませんでした。

19世紀のアメリカで奴隷解放運動に夫と共に参加したソンミは、22世紀にクローン人間として生まれ変わり、19世紀の夫の生まれ変わりの指導者と共にクローン人間の解放運動に立ちあがります。

"革命は静かに始まっているよ 

残酷な運命 

二人を分かつその日まで 私たちはずっと共にいる" 
  - 「詩人の恋」


これには映画公開とアルバムリリースのタイミングの共時性を感じずにはいれません。

佐野元春とDAVID BOWIEのファンを長くやっていると何度となくこのような不思議な場面に遭遇して奇妙な感じがします。


愛する人との未来
ふわふわとした幻想的な恋愛ではなく、妙に現実感を伴う等身大の2人の関係を強調し、愛し合うこと、愛されることを歌うラブソングが多く、印象的です。

“愛されてるって すごく素敵だよ

愛されてるって もっと感じたいよ”
   - 「君と往く道」


佐野元春が未来への希望を語るとき、それは個人の未来ではなく、愛する人との二人の未来です。
愛する人の未来ことを謳っていても、それはその人を想う自分がいて初めて成り立つもので、愛する人の未来は自分の未来でもあります。

"おおらかな人生を夢見ている君 虹をつかむ日までもう少し” - 「虹をつかむ人」


"ほら見上げてごらん 冬の星空 あれはポーラスタア"

"二人の行方見守るように"
 - 「ポーラスタア」


これまでの人生が苦難続きであっても、これからの未来に希望の光を見出す曲に励まされます。

"打ち上げられた魚のように どうにかここまでたどりついた "

"この先へもっと" 
  - 「La Vita e Bella」


iconicon『ZOOEY』 佐野元春&THE COYOTE BAND
* 世界は慈悲を待っている
* 虹をつかむ人
* ラ・ヴィータ・エ・ベラ
* 愛のためにできたこと
* ポーラスタア
* 君と往く道
* ビートニクス
* 君と一緒でなけりゃ
* 詩人の恋
* スーパー・ナチュラル・ウーマン
* 食事とベッド
* ZOOEY

関連記事

テーマ: 男性アーティスト | ジャンル: 音楽

Category: 音楽

焦らず練習すべし(25日前) - 3月27日のトレーニング

久々のベース走です。

やはり、先週1週間練習が空いたのが悪かったのか、心拍数は高く、かなりきついランになりました。

2週間ほど逆戻りした感じですが、ここで焦っても仕方ありません。

着実に練習をこなしていくのみです。

今日は意識して止めようとしていたのですが、どうしても足首を使って地面を蹴って走ってしまいました。

そのため、ふくらはぎも傷んできて走りずらかったです。

もう少しきちんとコントロールするように気をつけようと思います。

ラン
15分ジョグ
40分ラン:10.5km/hr=5分43秒/km、最大心拍数:175
15分ジョグ

トータル:70分、10.4km



関連記事

テーマ: マラソン | ジャンル: スポーツ

頭をよくするランニングのすすめ

走ること、特にある程度スピードを上げて走ることをするようになってからは日常生活で、普段、頭がクリアになっていると感じる瞬間が多い気がします。

走るペースを上げることによって呼吸は苦しくなりましたが、日常生活でアタマの回転が良くなったように思えるのです。

なんでそうなったのかと考えてみると、以前のスローペースのジョギングとの違いで思い当たるのは呼吸です。

キーは呼吸
ヨガ、気功、座禅、武道、伝統芸能、道教、養生論などを通して重要視されているのは、呼吸です。

特定の呼吸法の効果には、即効性があり、緊張・不安・恐怖を感じる時、心臓がドキドキした時、気が滅入ったり、無性にイライラする時、短時間の間に、緩和されると言われています。

レースを意識した走り方は、呼吸が激しくなりますが、その分大量の空気を胸の奥深くまで入れます。

身体的な疲れはスローペースよりも大きいですが、爽快感は早いペースで走った後の方が比較にならないほど大きいです。

e0088513_0264798.jpg

ランナーズハイの快感
ランナーズハイとは、マラソンなどで長時間走り続けると気分が高揚してくる作用のことで、脳内で機能する神経伝達物質のひとつであるエンドルフィンや脳内麻薬と呼ばれる内在性オピオイドが原因ではないかと言われています。

自分が走り始めたころ、スローペースでも自分にはキツくて、朦朧として走っていると1時間ほどたったあたりで急に頭がスッキリ、視界も良好になる瞬間を感じることが何回かありました。

自分ではこれを「ランナーズハイ」だと思っていました。

残念ながら、レースを意識した早いペースの走り方をしてからはこれを経験することが無くなりましたが、日常生活の場で仕事で頭を使っていると急に頭がクリアになり、視界も明るくなるような瞬間を経験しています。

これは、まさにこの時のランナーズハイのような状態です。

有酸素運動(ランニング)は血圧を下げる
ここ3年の健康診断の結果を並べると血圧の低下は明らかです。

私は大学生のころから血圧が高めで140ほどありました。

当時は若かったこともあって、血圧高いねと笑い話で済ませていたものの、いい加減笑い話では済まない年齢になってきたのですが、走り始めてから確実に血圧が低下しています。

走り始めてからここ3年は、毎年の健康診断で上が120を超えることはありません。

血圧低下は頭痛を緩和し、不定愁訴を取り除く
ジョギングを始める前の私は、煙草を吸っていて、いつもなんとなく頭が重くてだるく、よく眠れない感じがして、いわゆる「不定愁訴」を持つ状態でした。

走るようになってそのような症状から解放されたのは言うまでもありません。

これまで背負っていた重いおもりに不本意ながらも体が慣れてしまっていたところを、走ることによって上手くそのおもり下ろして軽快に動けるようになった感じです。

走るという行為は、単に「健康になる」という言葉から連想される結果以上の経験を与えてくれているように思います。


単に頭をクリアにするだけでなく、今更ながらに頭がよくなったのではないかと思えるほどです。

運動不足を感じながら日々のストレスにまみれて鬱々としているのであれば、そこは何も考えずに走り始めることを私は強くお勧めします。




関連記事

テーマ: マラソン | ジャンル: スポーツ

クラウド アトラス ★★★☆☆

cl6つの物語が並行して語られる時空を超えた壮大な叙事詩である。

何代にも渡る生まれ変わりを通じて人間とは何かを問うていて、数多くのテーマが難解なパズルのように織り込まれた物語になっている。

ただ、全て生まれ変わりの物語かと思いきや、単純に前のエピソードの30年後だったりしてつながりを理解するのに一瞬戸惑う。

その上、単に重要なセリフをその俳優に言わせたいがために生まれ変わりとは違う役をやらせていたりするもんだから分かり難いことこの上ない。

特殊メークで主要な役者に何役も演じさせているのでそれが誰だか見極めるのも、彼の前世はどんなだったかなどと思い出すのが余計に難しくなるだけで疲れるのは厄介だった。

物語が切り替わるときに二つのエピソードにまたがって何度となく重要なテーマが語られるが、そのテーマ自体は示唆と含蓄に富んでいて、物語に別の奥行きを与えている。

しかしながら、テーマをセリフでそのまま説明しているだけというのはあまりにも安直で興ざめだ。

「強い信念をもつ者にとって物事の塀を超えることは容易である。」

「弱い者の肉を強いものが食らう」

「言葉や行動が時代を超える魂を形作る」

「いのちは自分のものではない、子宮から墓場まで人は他者とつながる過去も現在もすべての罪が、あらゆる善意が、未来をつくる。」

映画の中では、ほうき星の形のアザを持つキーパーソンたちが信念を持ち、運命を変えていく力を持った人間として描かれている。

その一方、彼らのすぐ傍らには世代を超えて常に同じ運命をたどる人間も対照的に登場しており、時代を超えて同じ信念で生きることも、自ら戦って大きな流れを変えることも、そのどちらを選ぶことも人間は出来ると言っている。

6つの物語が同時に盛り上がりを見せてくれたりすると見ている側としても非常に感激したと思うのだが、今一つ盛り上がりきらない場面が繰り返されて何とも欲求不満が残る展開だった。

壮大な哲学的・宗教的なテーマが、数多くの言葉とシークエンスで語られるので、映画を見ているときにはついていくだけで精いっぱいだが、鑑賞後に振り返ると非常に含蓄に満ちた物語に何度となく思いをめぐらさずにはいられなくなる。



関連記事

テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

レース距離でLSD (28日前) - 3月24日のトレーニング

LSDですが、今日は初めてレース本番の距離である21.0kmを走りました。

本番の時間制限が2時間45分ですので、これで完走の目処が立ちました。

でも、実際、今日の練習の出来はひどかったです。

2時間を過ぎたところから足が固まり、足の後ろ側(ハムストリングス~ふくらはぎ)がガチガチになって走っていられなくなりました。

あと、のどの渇き方が尋常じゃないです。

何とか対策を立てておかないと酷いことになりそうです。

足首の方には特に痛みは感じませんので、前々回のLSDの時の痛みはKAYANOのクッションがへたっていたことも一因かもしれません。

筋トレ
レッグプレス:100kg X 10 X 3set, 147kg X10 X 3set, 120kg X 10 X 3set
レッグカール: 40kg X 10 X3 set, 60kg X 10 X 3set, 50kg X 10 X 3set
レッグエクステンション: 49kg X 10 X 3set, 98kg X 10 X 3set, 70kg X 10 X 3set

ラン
160分LSD 最大心拍数166

トータル:160分 21.0km




関連記事

テーマ: マラソン | ジャンル: スポーツ

飛行機頭痛は三叉神経痛か

飛行機に乗ると、着陸時の頭痛に悩まされています。

離陸時や定高度飛行の時には起きないのですが、起きるときはいつも高度を下げ始めた着陸時におきます。

以前は何回かに一度しか起きなかったものが、最近は飛行機に乗るたびに起きるようになってしまいました。

頭痛の痛みは頭蓋骨の裏側からナイフを骨に突き当てられてグリグリこじ開けられるような感じ、神経に電流を流されたようにビリビリとした痛み、頭蓋骨が割れてしまうかのような、骨が破裂してしまうかのような痛み

痛みの箇所は眼球の裏側、頬骨、歯茎の裏側、頭部側面と頭部の前面全域にわたります。

原因は着陸時に起きることから気圧に関係するものだというのは想像に難くないですが、つばを飲み込んだ入りしたぐらいじゃ何も良くなりません。

この頭痛が起きると座席のひじ掛けを握って、文字通りのた打ち回っていました。

e0088513_1716504.jpg
慶應義塾大学病院
KOMPAS 三叉神経痛



三叉神経の絵を見ると自分が痛みを感じている部分と見事に一致していることが分かりました。

そして、三叉神経痛の症状も自分の頭痛とまさに酷似。

三叉神経痛の 「原因は、三叉神経が脳から起こるところで血管などによって圧迫されることがひとつとして考えられています。」とありますが、気圧の関係でここに刺激が当たるためでしょうか。

これを知って、ネットで三叉神経痛に効果があるという記述を見てからはイブクイック(エスエス製薬)を着陸1時間前に服用しています。

効果としては、痛みは完治しないものの、耐えきれない痛みだったものが、多少耐えきれる痛みにはなっています。

ちなみにロキソニンは全然効きませんでした。

eve2
イブクイック頭痛薬。

今回の沖縄往復でも活躍してくれました。

飛行機に乗るときにはもう手放せません。


一部では、耳栓等による効果がうたわれていたりもしますが、私はやったことがないので、今度併用してみようと思います。


上記はあくまでも私の個人的な見解であり、その効果を保証するものではありません。


関連記事

テーマ: 薬・医者・病院等 | ジャンル: 心と身体

Category: 健康

夏の匂いを感じる沖縄一泊二日

沖縄へ一泊二日で行ってきました。

限られた時間の中なので沖縄らしさをすべて堪能したわけではないですが、その南国の独特の雰囲気を嗅いできました。
e0088513_1433088.jpg


今度はリゾートで来たい沖縄
沖縄は政治面、文化面で複雑な根深い問題を抱えた側面を持っていますが、訪れて最初に感じるのは観光大国という面です。

空港を始め、国際通りなど観光客目当てのきらびやかさに目を奪われます。
nshs

那覇空港到着ゲート。

那覇空港は飛行機から降りたところから土産物屋がたくさんあります。

ちなみに、成田空港の出発ゲート待合所。
haned

往路は成田空港からでした。

成田の国内線待合所は狭くて小さくて、驚くほどしょぼかったです。



沖縄方言はやはりまったく分かりませんでした。

工事現場の年配の人たちの会話を横で聞いていたのですが、理解できる単語はたったの一つすらなかったです。

それ以外の場面でも年輩の方は予想以上に普段からこの沖縄方言を使っている様子で、沖縄県民との心理的な距離の遠さを感じてしまいます。

ラジオでも沖縄方言を開設するコーナーを持った番組が放送されていましたが、これはやはり、県外から来た人のためのコーナーでしょう。

同じ県民どうして地元の言葉を解説するなんてありえないですものね。

言語学上は、関西弁は標準語とは別の言葉(外国語)に区分しても問題ないらしいですが、いわんや沖縄語おやですな。

センバツ初戦から沖縄尚学登場!

春の選抜高校野球が今日から始まりました。

初戦は偶然にも沖縄尚学 対 敦賀気比。

やはり沖縄の人たちは試合結果が気になるようで、ずっとNetをチェックしたり、ラジオを聴いたりしていました。

結果は沖縄尚学が2-11で敗退でしたが、今日の甲子園球場の気温は7℃。

これは沖縄の球児にとっては寒すぎたんじゃないかと敗戦の弁を語る人たちも多かったです。

ちなみに、今日の沖縄の気温は最高気温24℃、最低気温19℃です。

暑いというほどではないですが、中に入るとクーラーがついている建物もありました。

沖縄っぽい食べ物

那覇空港で食べたタコライス。
tako

普段あまり食べない濃厚なチーズで感激しました。

タコライスの看板は街中で見かけます。

沖縄ではかなりポピュラーなようです。


sanpin

さんぴん茶は沖縄に昔からあるジャスミン茶です。

伊藤園、コカコーラ、ポッカ等いろんなメーカーが「さんぴん茶」を発売していました。

琉球コーラはいかにも観光客向けという印象を受けました。


soba

沖縄そば。

やはり定番ということで押さえておきました。

steak

地元の人が一番というジャッキーステーキハウスでステーキを食べました。

写真はテンダーロインステーキ(レア)L(250g)。ライス、スープがついて2,100円です。
味付けは薄く、自分で味付けできるようにいろんなソースが各テーブルに置かれていました。

肉は柔らかくておいしかったです。

ちなみに、国際通りでは1ポンド(450g)ステーキを1,980円で出している店が何件かありましたので、値段だけ言うとこちらの方が少し割高です。

jack's

ジャッキーステーキハウス

日本語でジャッキーステーキハウス、英語でJACK'S STEAK HOUSE。

ちなみに、お店のスタッフはコテコテの日本人です。

お店の前の駐車場は6時には一杯で駐車場を待つ車が溢れかえっていました。

店内は家族連れが多く、観光客は全然目につきませんでした。



関連記事

テーマ: 沖縄旅行 | ジャンル: 旅行

Category: 日常の発見

オズ はじまりの戦い ★★☆☆☆

ozサム・ライミ作品ということで、凡庸な映画にはならないだろうという期待を抱いて見に行った。

ところが、結果的にはどちらかというと凡庸な出来だった。

ティム・バートンの「フランケンウィニー」もそうだったが、毒々しい映像テイストはディズニーでは強制的に和らげてしまうのだろうか。

サム・ライミ作品はゾッとする絵を挿入しつつ、メリハリの利いたコントラストが印象的なことが多いが、マイルドになってサム・ライミらしさが出ていなかった。

それとやはり、脚本がひどかった。

ラスト近くの盛り上げなければならないところの展開が、期待できる前振りをことごとくつぶして進めていくなど、ありえない有様だ。


これって、編集でおかしなことをしたのかなあ。

あと、スノーホワイトのシャーリーズ・セロンのように、主人公側の魔女より悪い魔女の方がきれいというのは最近のトレンドなんだろうか。

主人公側には今売れている旬の女優を、悪役にはベテランの美人女優をという最近はやりの配役は、逆だといかにもという感じで新鮮さがなく、面白みに欠けるからねと納得できるのだけれど、要は、時代が正統派美人を求めているわけではないということですな。

サム・ライミ作品には必ず出ているブルース・キャンベルを今回も出ていたはずなのに見つけることが出来なかったのは残念だった。

これってホントにサム・ライミの作品?



関連記事

テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

練習できなくてもそれは足の療養と考える (32日前)

さて、本番までおよそ1か月に迫ってきましたが、仕事で走れていません。

しかも、明日から出張のため、前回の練習から1週間空けてしまうことになります。

だからと言って、焦っても仕様がありません。

気分を切り替えて今日は、ほとんどか完治したと自分では思っている、先日痛めた足首痛のことを記します。

最初、患部を見ずに痛みから部位を想像するとアキレス腱の付け根の下から踵にかけての部分に痛みを感じたので、てっきりアキレス腱→ふくらはぎの使い過ぎかと思っていました。
e0088513_21173162.jpg

実際に痛みを感じたところを探ると、写真の人差し指が置かれている部位で、これはくるぶしの下から踵の上にかけてと言った方が近いですね。

以前、痛くなったくるぶし痛は、もろにくるぶし部分だったので今回は少し違うところです。

ken

後脛骨筋腱の腱鞘炎についてはこちらから


解剖図を調べると痛みがあるのはちょうど後脛骨筋腱(こうけいこつきんけん)に当たることも分かりました。

今回の症状はまさにこの部分の腱鞘炎!

足の痛みの処方箋は基本的にしばらく走らないということですが、やはりこの症状も同じく走ってはいけないとのこと。

前回は足首全体がつぶれてきて扁平化して起きた痛みでしたが、今回は比較的短時間で痛みがほとんどなくなったところを見るとどうやら純粋な腱鞘炎だった様子です。

まあ、念のための療養と考えて、もう少し足を休ませることとします。



関連記事

テーマ: マラソン | ジャンル: スポーツ

近未来カーの息吹

横浜の日産グローバル本社ギャラリーに立ち寄ってきました。

今、期間限定でメインステージに展示されているのは、欧米を中心に展開していて日本には導入されていないラグジュアリ・ブランドINFINITIのコンセプト・カーたちです。

na1

左からコンセプトカーのESSENCEとETHREA

ESSENCEはINFINITIブランド20周年記念の高級スポーツ・クーペのコンセプトカー。

ETHEREAはコンパクトHV車で、イギリスの工場で2015から量産されるとのこと。


nb

手前はEMERG-E、奥はFX Sebastian Vettel Version

EMERG-EはEV(電気自動車)スポーツカーだが、量産化の計画はないようだ。

FX Sebastian Vettel Versionは既に量産されているFXの限定版であるF1ワールドチャンピオン、セバスチャン・ベッテル・バージョン(5.0L V8エンジン)



コンセプトカーだからでしょうか、横の道を歩いていてもその異様な流線型のボディと睨みの効いたフロントライトに私の視線は釘づけにされたのでした。

この特徴的な顔は、他のどのメーカーよりも目を引くと思うのですが、このINFINITIブランドを日本に導入する計画はないようです。

最近はEV販売の不振が伝えられていますが、デザインだけでなく、このような一歩進んだEVスポーツカーのコンセプトカーを発表しているところにEVに対するメーカー側の本気度が垣間見れるような気がします。

新しいことを始めるためにはビジョンが重要な働きをします。

特に定着、安定まで時間がかかるようなものにはしっかりしたビジョンがないとちょっとした予想外の事故で計画そのものがダメになってしまうことでしょう。

EVスポーツカーが街中を走り始めるのにはまだ少し時間がかかるのかもしれませんが、ブレることないビジョンが超未来的なデザインの電気自動車を走らせる未来世界が間近まで迫っているという息吹を感じることができました。



関連記事

テーマ: イベント | ジャンル: 車・バイク

Category: 日常の発見

偶然か、必然か、3月13日に起きたこと

2013年3月13日は、David Bowieの新アルバム「The Next Day」と佐野元春の新アルバム「ZOOEY」の発売日でした。

sanobowie


両方とも発売前からAmazonで予約していたのですが、今日ようやく手元に届きました。

Bowieのアルバムは既にUKチャートで1位を獲得し、iTunesでも64カ国でNo.1、日本でもバックオーダーがかなりあるなど、今、世界中で話題です。

Bowieは10年ぶり30作目、佐野元春は6年ぶり15作目のオリジナル新アルバムです。

また、3月13日は佐野元春の誕生日でもあります。



自分にしてみれば、どちらか一方だけでもかなり衝撃的で、しばらくはその世界にどっぷり浸れたはずだったのだけれど、2枚並べると硬直してどうすればいいかわからなくなります。

しばらくはこの喜びを楽しんでいたいところです。

どちらもイベントが何度となく催され、web上の盛り上がりも尋常ではないので追い切れません。

あ~、もったいない。もったいなさすぎます。


trichan


ちなみに、うちのワンコのトリニティも誕生日が3月13日。

今年で4歳です。


さらに、ちなんでいうと、今年の3月13日は暦上、一粒万倍日という日で、かつ、天赦日という吉日の重なる珍しい日でした。

宝くじでも買えばよかったかな。

一粒万倍日と天赦日が重なるのは2013年ではあと7月27日と12月24日がそれに当たります。

この時にも同じようなことが起きるでしょうか!?


iconicon『Zooey』
佐野元春 & The Coyote Band








iconicon『The Next Day』(Delux Version)
David Bowie





関連記事

テーマ: 男性アーティスト | ジャンル: 音楽

Category: 音楽

好調好調 (35日前) - 3月17日のトレーニング

時間がなかったのは残念でしたが、今日の練習は好調でした。

やはり、新シューズ効果が続いているのもあるでしょうが、体の調子が元に戻っていたのが大きいと思います。

あと、今回は走った後も消耗感がないのは、朝飯、昼飯とお腹いっぱい食べて夕方走ったからだと思います。

でも、ここまでしてLSD走る人っているんだろうか。

ラン
105分LSD 最大心拍数146

トータル:105分 14.2km




関連記事

テーマ: マラソン | ジャンル: スポーツ

Bowie Cafe !!!

銀座ソニービルで期間限定のBowie Cafeがオープン。

せっかく今日、銀座にいたのに知らずに見逃しました!!!

新アルバムがリリースされたばかりだから、イベントがあっても不思議でなかったのに、全くもって無防備でした!!!

============================================
「DAVID BOWIE CAFE」 期間限定オープン!

bowiecafe


世界的アーティスト、デヴィット・ボウイ10年振りのニュー・アルバム発売を記念して、「DAVID BOWIE CAFE」を、2013年3月9日(土)~3月24日(日)の間、期間限定オープンいたします。

長い間、沈黙を守ってきたデヴィット・ボウイが、今年、新曲『Where Are We Now?』をリリースし、世界中のファンは驚きと喜びに包まれました。そして、3月13日(水)に10年振りのニュー・アルバム『THE NEXT DAY』が発売となります。これを記念して、デヴィット・ボウイの世界観を堪能できるコラボカフェを期間限定オープンいたします。

店内ではニュー・アルバムの収録曲をはじめ、これまでの楽曲がBGMとして流れる他、デヴィッド・ボウイからインスパイアされた限定セットメニューをご提供いたします。

デヴィッド・ボウイ一色の店内をお楽しみください。

また、ニュー・アルバム『THE NEXT DAY』は、2F(2BCフロア)ソニーショールームの“ウォークマン” で試聴いただけます。※11:00~19:00

開催概要
『THE NEXT DAY』 発売記念 DAVID BOWIE CAFE期間限定OPEN

期間: 2013年3月9日(土)~3月24日(日)
時間: 11:00~翌4:00(月~土) 11:00~23:00(日・祝)

共催:株式会社カーディナル
    株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
    ソニー企業株式会社(ソニービル)

<プロフィール>
ビートルズ、ストーンズ、クイーン等と並んで英国を代表するロック界最重要アーティストの一人。全世界トータル・アルバム売上1億3000万枚。「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」や「100人の偉大な英国人」に選出され、移り変わり行くロック・シーンの中で、常に「変化」し、「進化」しながら、孤高の存在として時代の先端を突き進むスーパースター。1947年1月8日、ロンドンのブリクストンで生誕。1966年から音楽活動を始め、『ジギー・スター・ダスト』などグラム時代、『ヒーローズ』などベルリン3部作、80‘sを代表する『レッツ・ダンス』など名盤多数。時代と共に変容するサウンドと容姿はまさに“時代と寝た男”としての軌跡そのもの。


関連記事

テーマ: LIVE、イベント | ジャンル: 音楽

Category: 音楽

歌舞伎座タワー

今日は所用で銀座の方へ行ってきました。

建て替えられた歌舞伎座です。

その名も歌舞伎座タワー。

建物は既に2月26日に完成していて、4月2日にオープンだそうです。


kabuki1

kabuki2

kabuki3

kabuki4

こちらの写真は2012年10月14日の建設中の歌舞伎座。
kabuki5
てっきり高層ビルだけになるかと思っていたので、櫓造りの建屋が残って安心しました。



関連記事

テーマ: 東京23区 | ジャンル: 地域情報

Category: 日常の発見

新しいシューズのデビュー(38日前) - 3月14日のトレーニング

最近は時間がなくて筋トレに時間を割けていません。
でも、今回は心拍数も落ち着き、走行時間も伸ばせることができたのでまずまずと思います。

この日、一番意識したのは走行姿勢です。
・下腹部の丹田を意識し、そこの重心を前足に乗せる
・ただし、前足に体重を乗せすぎると太もも前部に疲労がたまるので前後のバランスに注意する
・胸の中心から糸で前に引っ張られるイメージで胸を張り、背筋を伸ばす
・骨盤を前傾させる
・太ももの裏側(ハムストリングス)を引っ張る感じで走る
・しっかり腕を振る

これをやったおかげで、心拍数は上がらず、安定的に走ることができました。

きちんと体にしみこませていきたいと思います。


また、今日は新しい靴のデビューです(asics GT-2000 New York)
gt2000

実際走ってみての第一印象は、土踏まずの部分にクッションのふくらみを意識します。

グリップの効きがいいです。しっかり地面をとらえて走っている感じです。

でも、これらは新しいせいで馴染んでくると落ち着いてくるのかなとも思います。



オーバーソールはKAYANOよりタイトに締まり、しっかりホールドされる感じです。

足裏はKAYANOと比べるとやはりクッション性は下がりますが、地面の感覚を感じやすく、着地のインパクトも足首までよりダイレクトに伝わってきます。

やはり新しいシューズということでテンションが高かったのは否めませんが、出来るだけこの緊張感を維持して練習していきたいと思います。

筋トレ
腹筋:5kgx15x3set
レッグレイズ:15x3set

ラン
15分ジョグ
50分ラン:10.5km/hr=5分43秒/km、最大心拍数:166
15分ジョグ

トータル:80分、12.2km


関連記事

テーマ: マラソン | ジャンル: スポーツ

シューズを新調(asics GT-2000 New York)

私の今の愛靴。
e0088513_2330444.jpg

asics GEL-KAYANO 18 LE

2012/7月からおよそ8か月700km使用しました。


8か月使用した結果は、10km以上をコンスタントに走っても大きな故障もなく、2月には初めての10kmマラソンも無事完走できました。



これの前の靴だったNike Zoom STRUCTURE13の時には、購入時に原宿Nikeで自分はオーバープロネーションという判定をされてこのシューズを薦めてくれたのだが、20km/週を超えて走るとくるぶし通になって何週間か歩くのも困難なほどの状態になったことがあった。

当時はまだ、自分の「足が出来ていなかった」だけかもしれないが、クッション性についてはasicsのエントリーモデルがいいというネット情報を元にこの時は原宿のasicsストアへ。これが原宿Nikeのほとんど向かい側だった。(笑)

asicsも同様のサービスをやっているということで再度計測してもらったところ(ただし、Nikeは無料、asicsは有料)、やはり自分はオーバープロネーション。

で、薦められたのがGEL-KAYANOとNew Yorkだった。

少し割高かなとも思ったが、よりクッション性が高いということで、くるぶし痛が怖かった自分はGEL-KAYANOを選択。


以上がこのシューズを手に入れたときの経緯だが、先日の10kmマラソン後の18kmLSDで少し足を痛めてしまった。

そのときにいろいろ情報を探って見るとシューズのクッション性が悪いことも原因の一つとして挙げられていた。

シューズの寿命については諸説あるようだが、走行距離は700km~1,000km、ソールに横ジワが入るとクッション性が失われたことで、替え時だとの話もある。

Kayano18

走行距離は確かにそろそろ寿命かといったところ。

で、靴をよく見てみると、ダイナミック・デュオマックスに横ジワが!!

そこで、大事を取って買い替えを決心しました。




しかしながら非常に残念なことに、こんな微妙なことで故障するのなら、まだまだ自分の足は“出来ていない“ということになるし、それでなければ、昔やった複数回のねんざのせいでそもそも自分の足首は走る上で爆弾を抱えているということになる。

今回は、GT2000 New YorkはよりKAYANOに近づいたという話もあり、自分の体重も昨年よりは多少減ったのでNew Yorkを試すことにしてみた。

というか、何よりもGEL-KAYANO19には気に入ったカラーがなかったからなんだよね。
newyorknew

asics GT-2000 New York


それに今のタイミングならハーフマラソンまでには100km位は走りそうだし、その頃までにはうまく馴染んでいるだろうという判断もあったからなのだ。

今までのペースで走ると次の買い替えは今年の秋ごろ。

これからの暑い季節はこれで乗り切ろう。


関連記事

テーマ: マラソン | ジャンル: スポーツ

ジャンゴ 繋がれざる者 ★★★*☆

DJANGO今回のタランティーノは西部劇。

彼の好きそうな西部劇といえばやはりマカロニ・ウエスタンだろうか。

だったら「夕日のガンマン」あたりかななどと考えつつ見てきた。

映画は冒頭の奴隷商人の行軍からタランティーノ節全開。

ドイツ人の元歯科医シュルツと黒人奴隷ジャンゴがコンビを組むところまで有無を言わせず一気に進む。

クリストフ・ヴァルツ演じるシュルツはどちらかというと物事をスマートにこなす切れ者賞金稼ぎ。

そして、ジェイミー・フォックス演じるジャンゴは内に闘志を燃やし、教養こそないものの物覚えが早く、シュルツによって賞金稼ぎの才能を開花させる。

また、ジャンゴとシュルツのコンビの敵役としてサミュエル・ジャクソンとディカプリオのコンビは強烈だ。

いかにも曲者といったサミュエルは悪徳奴隷商人カルビン・キャンディを幼いころから知る執事で、ジャンゴたちの痛いところを見事に突いていく。

その憎らしい演技はサミュエルの真骨頂といったところ。

その時その時の感情の表現が際立っていたディカプリオも、すごくよかった。

妻を奪われ、奴隷として売買されたジャンゴが自由を得て、さらに自分の足で歩んでいく手段を獲得したジャンゴのブチ切れ具合がすさまじく、また、それが見ている方にも快感だ。

文字通り一度全てを失ったジャンゴにしてみれば、その自分の境遇に対する恨みはすさまじかっただろう。

馬に乗り、他の黒人奴隷をニガーと呼んで口汚く彼らを扱う自分を演技だと言うが、それまでに自分が味わった屈辱からすれば、それは演技でもなく、それまでのイライラに対する本心が表れていることは明らかだ。

おそらくジャンゴ自身はその時代の奴隷制度云々など理解していないのかもしれないが、そこが奴隷制度に立脚した南北戦争直前の時代のアメリカであることが、自由に制限をかけられたジャンゴのむしゃくしゃした感情をかえって際立たせており、ラストの大爆発は典型的なカタストロフィーになっている。

自由を奪われるということに対する拒絶感は、きっと現代の「自由」好きのアメリカ人も強烈に共感を感じることであって、多くの支持を集めたことは想像に難くない。

映画冒頭から最後までいかにもタランティーノらしい作品だった。


アカデミー賞脚本賞、助演男優賞受賞。



関連記事

テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

練習直前の食事は控えるべし(40日前) - 3月12日のトレーニング

筋トレ
腹筋:5kgx15x3set
レッグレイズ:15x3set

ラン
15分ジョグ
40分ラン:10.5km/hr=5分43秒/km、最大心拍数:175
15分ジョグ

トータル:70分、10.5km


仕事の関係でさすがにアルコールは飲みませんでしたが、練習前に食事をとったせいか体が重くて動けなかったです。練習前の食事はほどほどに。。。

また、今回は前傾姿勢で重心を前気味にして効率よく走れていると思ったのですが、一方で太もも全部に初めて疲労感を感じました。心拍計の辛さよりも足が動かなくなる辛さがひどかったです。



関連記事

テーマ: マラソン | ジャンル: スポーツ

LSDでも気を抜かず(42日前) - 3月10日のトレーニング

ラン
90分LSD 最大心拍数150
10分ウォーク

トータル:100分 12.95km


先週のLSDは結構、体に対する負担が大きかったようなので反省を踏まえつつ今回は短く切り上げました。

いつもはLSDだからといっていつも気を抜いて走っている時間帯が長かったのですが、どうやらその時にフォームが崩れ、足に変な影響を与えているようです。

長いとつい気を抜いてしまいがちですが、最後まで気を抜かず、また、足の先まで神経を行き届かせて走りました。



関連記事

テーマ: マラソン | ジャンル: スポーツ

すごい黄砂!!かと思いきや→煙霧

今しがた、ベランダから外を見るとすごい黄砂でした。→これは正しくは黄砂ではなくて「煙霧」と言われる現象のようです。

ついさっきまで青空だったのに!

えんむ2

えんむ1


東京都心部で「煙霧」、強風で交通機関に乱れ
気象庁によると、東京都心部で10日午後1時半ごろから、地表付近の砂ぼこりなどが巻き上げられて視程(水平方向で見通せる距離)が10キロ未満となる「煙霧」が発生した。
 この日、東京都心部では午後1時50分に最大瞬間風速18.8メートルを観測。休日のオフィス街は薄暗くもやがかかったようになり、視程が一時2~3キロ程度に低下した。
 中国から飛来する黄砂とは異なるという。
 関東から東北にかけて10日午後、強風の影響により鉄道の運転見合わせや高速道路の通行止めが相次いだ。(日本経済新聞)



関連記事
Category: 日常の発見

進歩がないと不安になる(44日前)-3月8日のトレーニング

筋トレ
チェストプレス:30kg X 10 X 2set, 65kg X 10 X2set, 50kg X 10 X 2set
ダンベルプレス:12.5kG X10 X 3set

ラン
15分ジョグ
30分ラン:10.5km/hr=5分43秒/km、最大心拍数:175
15分ジョグ

トータル:70分、10.5km

体調は復活しましたが、まだ薬は飲み続けています。
運動中は疲労感をいつもより多く感じましたが、薬のせいでしょうか。

ランの心拍数は前回と変わらず、また、キツさも変わりません。
少しでも楽になるか数値が変わらないとさすがに不安になってきます。


関連記事

3月6日のトレーニング(46日前)

筋トレ
腹筋:5kgx15x3set
レッグレイズ:15x3set

ラン
15分ジョグ
40分ラン:10.5km/hr=5分43秒/km、最大心拍数:174
10分ジョグ

トータル:65分、10.0km


咳は薬で抑え込んで走りました。
足の方は、歩くのにも走るのにも問題ありませんでした。
でも、しばらくは注意しながらトレーニングしていこうと思います。


関連記事

3月5日はお休み(47日前)

前回のLSDの後からちょっと体調がすぐれません。
[#IMAGE|S20#]
その日の遅くから寒気がして風邪をひいたような症状 と
左足のアキレス腱の下のあたり、かかとの上のあたりに痛みを感じるようになりました。

さらに、ここ2、3日は気温も上がったせいか花粉症もひどくなってきて、喘息の症状まで出る始末。

今日は思い切って練習を休むことにしました。

足も咳も長引かずに早く良くなりますように。

しかしながら、予想以上にLSDも消耗するような印象です。

もし、LSDをこなさずにハーフのレースを走っていたら、レースの後はしばらく動けなかったんではないかとも思います。
[#IMAGE|S42#]
復活したら、レースまでにきちんとこなせるようにしたいと思います。

関連記事

花粉症とぜんそく

昨年(2012年3月19日)、病院でアレルギーの検査を受けたとき6段階評価で
 ハウスダスト:4、
 コナヒョウダニ:5、
 スギ:4、
 ヒノキ:2、
 イネ科花粉:3


その時、お医者さんに言われたのは、このままいくとアレルギーで喘息になるかもしれないということでした。

去年は特に問題なかったのですが、今年、それも2、3日前からせきが止まらなくて困っています。

例年、アレグラを飲むだけで花粉症は抑えられていたのですが、2、3日前からアレグラが効かなくなり、フルナーゼというステロイド系の点鼻薬を使っています。

鼻の方は何とかそれで止まったのですが、せきが止まらないので近くの病院に行って薬をもらってきました。

やはりこちらの病院のホームページでも気になる記述が。。。
・頻度は低いですが喘息に似た症状が出ることもあり、すでに喘息患者である場合はその発作が起きることもあります。

・頭痛や頭重感、微熱やだるさなどの全身症状を呈する場合もあります。ニセアカシアなどの花粉症では症状が比較的重く、これらの症状を示す場合が多くなります。

今回もらった薬:
・ブランルカスト(気管支の収縮を抑える薬)
・ツロブテロール(気管支を広げる、呼吸を楽にする薬)
・フスタゾール糖衣錠(咳を鎮める薬)
・ムコソルバンLカプセル(痰の切れをよくする薬)
・クラビット錠(細菌の完成を抑える薬)
先生が言うには花粉症の可能性も否定できないとのことだが、薬から見るとそうとも思えないな。



関連記事
Category: 健康

フライト ★★★*☆

パイロットのウィップは、機体の故障により急降下を始めたジェット旅客機を常人にはありえない技術で操縦し、最悪のケースを避けて不時着させる。

事故直後には事故を最悪のケースから救ったその神業から、マスコミから英雄的な扱いを受け称賛されるが、彼の素性は、家庭生活を
崩壊させ、アルコール中毒で薬物依存症にまで身を落とした人間だった。

さすがに、この事故をきっかけに家の全ての酒をシンクに流し込み、禁酒を試みるが、結局失敗して酒におぼれてしまう。

止めようとしても止められない必死の葛藤が嫌というほど見る者にも伝わってくる。

自分のことをアルコール中毒とは認めることができず、酒を飲むために嘘をつき続けてきた人生だったが、それまでの人生と正面から向き合う苦悩をデンゼル・ワシントンは見事に演じた。

映画では、事故は神の意志によるものだとも言っていたが、その時点では、事故に遭遇した人々のそれまでの人生の歩み方によるものだという意味で軽く考えていた。

飛行機が胴体着陸する寸前には、集会を行っていた教会の尖塔を破壊し、事故後の救出は教会の人たちによって行われる。

病院の階段でたばこを吸いながら会話するがん患者はこの世で起きる出来事の偶然性と必然性を説く。

同乗していた副操縦士は熱心なキリスト教徒であり、事故で大怪我をしたことも神の祝福であるという。

ドラマの根底には宗教的な、キリスト教的な価値観がちりばめられており、ラストのウィップの人生の決断に対して大きな伏線になっていたように思う。

彼の決断は、かつて親密な関係にあった同僚に罪をなすりつけることに対して良心の呵責があったためであろうが、何よりも神の御前で懺悔するものこそ救われるといった宗教的な意味合いを強く感じた。




関連記事

テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

梅が咲いています

近所の普段は全く意識していなかった木が梅の木でした。

暖かかった昨日とは違い、また今日は寒くなりましたが、見事に咲いています。









まだ2、3週間は寒くなることも多いのでしょうが、もう、春がそこまで来ています。


関連記事
Category: 日常の発見

3月2日のトレーニング(50日前)

筋トレ
レッグプレス:100kg X 10 X 3set, 147kg X10 X 3set, 120kg X 10 X 3set
レッグカール: 40kg X 10 X3 set, 60kg X 10 X 3set, 50kg X 10 X 3set
レッグエクステンション: 49kg X 10 X 3set, 98kg X 10 X 3set, 70kg X 10 X 3set


ラン
130分LSD 最大心拍数150
10分ウォーク

トータル:140分 18.1km


今日のLSDは1週間空いていたせいか90分過ぎてからちょっときつく感じました。
心拍数はそれほど高くならなかったのですが、やはり腿の裏側に張りと今日は初めて腹筋下部に張りを感じました。

関連記事