ノルウェイの森 ★★★☆☆

原作は未読で鑑賞した。

村上春樹文学と言うことで、映像化の難しさは想像に難くないだけに万人に受け入れられるような作品にはならないだろうとは思っていたので、こんな風になったかと感心したのが第一印象である。

見る人によって感じ方が色々だろうが、見事にミニシアター系の作風に仕上がっているところは自分の好みとしてはもう少しメジャー系で作ってもらいたかった。

こういう文学作品は、いわば誰でもミニシアター系作品は作れると考えるだけに、そういうところが監督の手腕の見せ所になると思うからだ。

そして恐らくは直接的過ぎる表現は、いかようにでも表現しなおせると考えさせられるところが少し残念だ。


関連記事
Category: 映画

SPACE BATTLESHIP ヤマト ★★*☆☆

監督が『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴と聞いていたので恐らくは見所はVFXだけの映画になるのだろうなと予想はしていたが、全く持ってそのとおりだった。

ドラマの部分はいかにもチープな感じ。

原作に対して自分の思い入れが強すぎるのかもしれないが、唐突に物語が進行していくのにも違和感あり。

実写化でカブッてくるのはスタートレック・シリーズだが、予想通り見事にスタートレック化した部分もちらほら。

キムタクの演技は本作でもキムタクで、古代進とは思えなかった。

ただ、デスラーとスターシャを変なメイクでごまかさかなかったのは正解だと思う。


関連記事
Category: 映画