アウトレイジ ★★★★☆

北野作品にしては分かりやすい作品じゃないでしょうか。

一昔前の任侠もの映画のようなねちっこい演出ではなくカラッとした印象が残る。

でも、その暴力描写はこれでもかと徹底したすさまじさです。
  

関連記事
Category: 映画

必死剣鳥刺し ★★☆☆☆

この作品のほとんどまでが冗長でたいくつ。

ただ、ラストの殺陣での豊川悦司については恐怖こそ感じる怪演。

とどめの一撃は、あくまでも小説チックで映像にしてみると唐突な印象が残る。

吉川晃司は最近、邦画でちょくちょく見るけど、その演技は今ひとつピンと来ませんなあ。
  

関連記事
Category: 映画

孤高のメス ★★*☆☆

堤真一と言えば、今の日本を代表する男優の一人で、自分も好きな俳優さんの一人ということで見に行ってきました。

彼にしてみれば、今年出演の映画として本作を選んだようだけれども、テレビドラマの延長のようなぬるい作品で、彼の良さも出ているとは思えない。

彼の演じる外科医は勉強していると感じさせてくれるほどの出来ではあり、彼の役への打ち込みの凄さはひしひしと伝わってくるんだけれどもね。

色々と物議をかもし出しそうな肝臓移植の話も、せっかく映画という形態をとりながらさらりと流して終わっているのはなんだかもったいない。


関連記事
Category: 映画

告白 ★★★★☆

「下妻物語」の成功以来、その呪縛にとらわれてなかなか次の傑作を生み出せずにいた感のある中島哲也監督が、久々にやってくれました。

それも、これまでの作風とは全く違う方向性で。

久々の衝撃作です。

人と人との関係性の儚さと尊さを、現代の中学生を題材に生々しく描き、見せ付ける本作は見る者の心を揺さぶらせずにはいられない。

モノトーンを思わせるスローモーションを多用した映像とレディオヘッドらの音楽が観客をとらえ、映画の世界を嫌が応にも心の奥まで染み込ませる。


関連記事
Category: 映画