カムイ外伝 ★★*☆☆

予告編を見て心躍ったのだけど、公開直後から酷評しか聞こえてこない。

なので、見るのすらためらったのだけれど、期待せずに行ってみた。

確かに、CGは酷い。ひどすぎる。

アクションシーンの人間の動きはアニメ以下。

海のシーンの船の動きも、構図自体ヘンテコじゃないかい?

その上、脚本が酷いのか、編集が酷いのか、物語が変なつなぎ方をされているところも目に付く。

ところどころ、シーンによっては息を呑む部分もたくさんあるので、そうしたところが残念でならない。

期待していなかったせいもあるのか、思っていたほど悪くはないけれども、ツッコミをいれずには見れた作品じゃあない。


関連記事
Category: 映画

南極料理人 ★★☆☆☆

ウィルスさえ存在できない摂氏-70度までにもなる極寒の地、南極に派遣された料理人を取り巻く人たちの物語。

壮絶な気候に閉じ込められながら暮らす生活の中で食事は大きな楽しみの一つ。

しかしながら、物語は単に食べ物にフォーカスするだけでなく、現代の日本人の生活の位置づけを浮き上がらせている。

水すら厳しく制約される生活と何不自由なく気ままに暮らせる日本の生活、孤独と家族、釜の飯を同じにした仲間と自分を軽んじる家族。。。

人と人とのつながりを丁寧に描いた作品になっている。

ただ、自分にはその描き方が冗長に思えてしょうがなかった。


関連記事
Category: 映画

ウルヴァリン:X-MEN ZERO ★★★*☆

何だかんだ言ってアメコミ原作のXメンなので期待せずに見に行ったが、これまでのシリーズが伏線のようにして見れたのもあって奥行きを感じながら楽しめた。

アクションシーンの見所のほとんどががすでに予告編に使われていたのは残念だったけど、それでもスケールの大きさとスピード感は見るものを圧倒する。

自分にとっては、久々の爽快アクション大作といった感じだ。

それにしても、ヒュー・ジャックマン、スタイルいいねえ。

戦争シーンでもすぐ彼と分かるプロポーションの良さ。

ビルトアップされた肉体もさることながら、8頭身以上のスタイルに目を奪われる。

あと、エンドロールの後にお楽しみ映像あり。


関連記事
Category: 映画

96時間 ★★★☆☆

リュック・ベッソンの脚本らしいテンポのよさや緊迫感が心地いい。

そこまでやるかと思うほど悪人を徹底的に叩きのめすのも他のアクション映画とは違って痛快。

親にしてみれば、愛する娘のためならばなんでもありということか。

フランス人警察官に扮した主人公がパリに住むアルバニア人と流暢な英語でやり取りしたりちょっと調子の良すぎる部分が目に付いたのが残念。


関連記事
Category: 映画

BALLAD 名もなき恋のうた ★☆☆☆☆

むう・・・。つ、つまらん。

アニメとしての名作はアニメのままにしておけばよかったんじゃないだろうか。

オリジナルの「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」はあちこちで評価の高い作品ということだが、今回の実写版は、観客にこれを見てることを前提にして作ってやしないだろうか。

子供たちの演技は「三丁目の夕日」よりもさらに低空飛行だし、映画見ながらいつ終わるのかななんて考えたのは久しぶりだ。


関連記事
Category: 映画

20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 ★★☆☆☆

オリジナルとは違うストーリーもいいけど、緩急なく単調な展開で全然盛り上がらない。

第一章、二章とまあ、色々あるけどテンポだけはよかったのに、最後に来てこの間延びした展開はどういうことでしょう!?

展開をシンプルにして分かりやすくはなったけど、ダラダラしただけだったね。



関連記事
Category: 映画