私が見た映画ランキング2008

私が今年、劇場で見た66本の映画をまとめてみた。
今振り返ると見た直後の評価の基準が結構ブレているので、そこは改めてレべリングし直した。

基本的には、以下のような考え方。星の中の並び順には意味はありません。
★★★★★・・・傑作。DVD買って何度も見ようと思える作品。
★★★★☆・・・面白い。お勧め。
★★★☆☆・・・普通。多少引っかかるところはあるが、無視できる。
★★☆☆☆・・・引っかかるところがちょっと多すぎる。
★☆☆☆☆・・・全然面白くない。
*・・・★半分(今回は使用せず、上記区分に振り分けた。)

今年はアカデミー賞受賞作品はどれも見ごたえあるものばかりだった。
あと、やはり環境をテーマにした映画が増えてきているのも特徴だろう。
邦画もがんばっているけど、あともう一息というところかな。


★★★★★
ヒトラーの贋札 収容所を舞台に描かれる現実主義と理想主義。感動の作品。

★★★★☆
ノーカントリー 啓示的な映像と意味深で示唆に富んだセリフが非常に印象的。
おくりびと 今年の邦画のベスト。
潜水服は蝶の夢を見る 今を自分自身で精一杯生きることの大切さ。
つぐない 美しい音楽と効果的なタイプライターの音が印象的。
フィクサー ラストのジョージ・クルーニーがたまらなくいい。
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド 人生で直面するあらゆる要素を織り込んだ重い作品。
ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト これぞロックライブショウ!
REC/レック 怖い怖いたまらなく怖い。 
JUNO/ジュノ 気の利いた台詞回しと娘の判断を尊重する家族の深い愛情に心を打たれる。
ダークナイト 人間の弱みを巧みにつくジョーカーとの二転三転する重厚な物語が圧巻。
クライマーズ・ハイ 男の嫉妬、プライドをこれでもかと見せ付ける迫力ある人間ドラマ。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 陰惨な雰囲気が美しいメロディーによって展開されるゴシック・ムービー。
スパイダーウィックの謎 見ごたえあるファンタジー 
勇者たちの戦場 イラク戦争から帰還した兵士たちの苦悩を正面から描いた映画。
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち) 昭和史の一面をえぐる。

★★★☆☆
崖の上のポニョ 終盤の展開が???
ウォーリー 家族で楽しめるSFファンタジーです。
スカイ・クロラ The Sky Crawlers テンポが緩慢なのがちょっと。。。
アメリカを売った男 アメリカでの至上最悪のスパイ事件をベースにした作品。
魔法にかけられて エイミー・アダムスの好演が救い。
ミスト 最狂のラスト。
譜めくりの女 緻密な心理描写のフランス・サスペンス。
モンゴル 壮大なスケールで描くチンギス・ハーンの人生。
幻影師アイゼンハイム 科学の黎明期に繰り広げられるミステリー。
ラスベガスをぶっつぶせ カード・カウンティングのわざに見ている側も魅了される。
アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生 アメリカでは超有名フォトグラファーのアニー・リーボヴィッツを追ったドキュメンタリー。
エリザベス:ゴールデン・エイジ 豪華絢爛で重厚な歴史絵巻。
ライラの冒険 黄金の羅針盤  我々の世界と似ているが異なる世界が舞台のファンタジー。
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 オールドファンには懐かしく楽しめる作品です。 
イースタン・プロミス テレビではありえない映画ならではの映像表現。
ザ・マジックアワー 思ったよりはよかったです。
スピード・レーサー きらびやかなCGレース。
告発のとき 後半ぐだぐだなのが残念。
ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 レイチェル・ワイズが出てないのは残念。
20世紀少年 次回作に期待。
パコと魔法の絵本 前半のぶっ飛びようにはついていけずでした。
AVP2 エイリアンズVS. プレデター エイリアンかプレデターのファンであれば楽しめます。
はじらい 監督の負け惜しみですね。
ウォンテッド 最後のネズミ爆弾はいただけない。
アイアンマン ロバート・ダウニーJr復活!
レッドクリフ PartI アクション映画です。
ダイアリー・オブ・ザ・デッド ゾンビはやはりジョージ・A・ロメロ。
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー 国際政治の背景を知らないとチトつらいです。
バンテージ・ポイント 面白い構成の映画だけど、犯人が早くわかりすぎ。
アメリカン・ギャングスター  リドリー・スコットの神通力も今ひとつ通じず。
ジャンパー 単純明快なエンタテイメント映画。
燃えよ!ピンポン おバカ映画です。何も考えずに楽しみましょう。

★★☆☆☆
フロンティア 怖くないスプラッター・ムービー。
ハンコック 出来合いの映画。
イーグル・アイ 発想は古いです。
彼が二度愛したS あまりにもお決まりのストーリー。
ソウ5 今までにないだらだらした展開。
ブラックサイト いろんな映画の寄せ集め的映画。
K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 すべて今ひとつ。
ハプニング 説得力のないぶっ飛んだ理由付けは健在。
デトロイト・メタル・シティ 笑えるところがなかった。
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 見所はイケメンのカスピアン王子。
アース  見所はすべて予告編で紹介済み。
フローズン・タイム 後半はありがちな青春コメディ。
世界で一番美しい夜 長尺ながら、理路整然と組み立てられた展開。

★☆☆☆☆
地球が静止する日 作り手は環境がテーマなら何でもヒットすると思ったのでしょうか。
チーム・バチスタの栄光 原作からしてあまり面白くない。
L change the WorLd 原作を逸脱してありきたりな作品になってしまった。
JOHNEN 定の愛 なんかガタガタです。
NEXT-ネクスト- ここまで設定を変えられては見てられない。



私が見た映画ランキング2007


関連記事

テーマ: ★おすすめ映画★ | ジャンル: 映画

御堂筋を散歩


御堂筋を散歩です。

なんばHIPSの前でちょっと写真撮影。

通り過ぎる人みんな「かわいい」「かわいい」と(犬ではなく)スヌードを褒めてくれます。

ありがとう!



なんばHIPS。





新歌舞伎座の前で(後ろは高島屋)。


関連記事
Category: DOG LIFE

大阪名物


久々にミナミの街を散策です。

戎橋の欄干はずいぶん長い間工事していたけどいつの間にか完成してたのね。



道頓堀。

「くいだおれ」がなくなった今、道頓堀の3大広告は「グリコ」と「かに道楽」と「づぼらや」



黒門市場。

地元の人間の間では年末日本一高くなるといわれる市場。

地元の人たちは31日の夕方まで買い物しません。




かに道楽プーとづぼらやプー。

ちゃんとディズニーのタグもついてます。

こんなことまでやってるなんて。



千日前のミスタードーナツ。

なぜ黒い?


関連記事
Category: 近畿

武庫川散歩


ジャスミンと初めて武庫川河川敷にやってきました。

川の上の飛び石を一緒に歩こうとしましたが、




ジャスミンにはそんな気はなく、最初から水の中にダイブ(涙)
関連記事
Category: DOG LIFE

実家に行くと大騒ぎ





初めて写真に撮ることができました。
アメリカンショートヘアのホタル(オス)です。

ずっと弟が部屋で飼っていたのですが、仕事の関係で家を出ることになり、それ以来ずっと一日のほとんどを押入れの中で過ごしています。

クウがマウンティングをしにいっても動じることなく部屋の真ん中をのっしのっしと歩いていく実家の影のドンです。




クウ(オス・ミニチュア・ダックスとポメラニアンのミックス)は相変わらずです。

ジャスミンとぎゃんぎゃん騒ぎ合います。




普段は大人しく逃げ回っているジャスミンですが、相手がクウのときは喧しいので、別室で監禁状態です。


関連記事
Category: DOG LIFE

2008/8~12月 J-POPベスト25

今日は帰省のロングドライブ。ということで集計してみました。

やはり今回は「ポニョ」が制覇。

あと、そう言えば「アンサーソング」と言う二匹目のドジョウ戦略が今年は大当たりでしたね。



1 崖の上のポニョ / 藤岡藤巻と大橋のぞみ
2 手紙 ~拝啓 十五の君へ~ / アンジェラ・アキ
3 HANABI / Mr.Children
4 truth/風の向こうへ / 嵐
5 The Birthday~Ti Amo~ / EXILE
6 Beautiful days / 嵐
7 I AM YOUR SINGER / サザンオールスターズ
8 GIFT / Mr.Children
9 時の足音 / コブクロ
10 最愛 / KOH+
11 ニホンノミカタ -ネバダカラキマシタ- / 矢島美容室
12 あなたと / 絢香×コブクロ
13 愛のままで… / 秋元順子
14 真夜中のシャドーボーイ / Hey!Say!JUMP
15 想 -new love new world- / 福山雅治
16 Secret Code / KinKi Kids
17 Happy Birthday / NEWS
18 連れてって 連れてって / DREAMS COME
19 この瞬間(とき)、きっと夢じゃない / SMAP
20 White X'mas / KAT-TUN
21 ノクターン/カンパニュラの恋 / 平原綾香
22 儚くも永久のカナシ / UVERworld
23 無責任ヒーロー / 関ジャニ∞ (エイト)
24 素直になれたら / JUJU feat.Spontania/I can be free
25 紅と黒のMATADORA/I LOVE YOUをさがしてる / GLAY


2008/5~8月 J-POPベスト25


関連記事

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 ★★☆☆☆

何がまずかったんだろう?

脚本?演出?音楽?俳優?

みんなそれぞれイマイチだよなあ。

妙に引っかかる展開で緩急つかずにずっと盛り上がれず。

話のどんでん返し(?)も想像の範囲内でぬるい感じ。

原作をそのまま映画化したんだろうか。勝手な想像だけど、原作が古すぎて映画になったときに新鮮味が感じられなくなっているのでは?

あまりにもベタな音楽の使い方も気が滅入る。

金城武の時々発音がへンになる日本語も興冷めです。


関連記事
Category: 映画

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト ★★★★☆

マーチン・スコセッシ監督によるローリング・ストーンズのライブ・ドキュメンタリー映画なのだ。

正直、ストーンズはほんの一時期聞いていただけでそれほど知っている曲もないので、少々不安を抱きつつ劇場に足を運んだのだが、そんなことも杞憂だった。

彼らの迫力にずっと圧倒されっぱなし。

70~80年代のロックの洗礼を受けたことのある人ならきっと皆楽しめるはず。

ミック・ジャガーの誰にも真似できない独特のステップは健在。この人はホントに65歳なんだろうか。

映画館では観客は上映中みんな静かだったけど、ライブ映像に合わせて飛んだり跳ねたり踊ったり叫んだりしたいと思った人は少なくないはず!


関連記事
Category: 映画

クリスマスも近づき・・・


チネチッタもクリスマスバージョン。




アンタのスヌードも実はクリスマス用なんだよ。

知ってた?


関連記事
Category: DOG LIFE

地球が静止する日 ★☆☆☆☆

あ~あ、やっちまったなあ。


他の正月映画をすべて見て、映画以外に何もすることがなくなって多少お金を無駄にしてもキアヌ・リーブスさえ見れればいいというなら見に行ってもいいかもしれない。


関連記事
Category: 映画

ウォーリー ★★★*☆

28世紀の荒廃した世界の描写はすばらしい。

また、イブが現れるときの迫力の映像は下手なSF映画なんかよりずっとインパクトがある。

荒廃した地球を舞台に描かれるウォーリーとイヴの恋物語は見る者を虜にする。

ただ、ウォーリーが宇宙に行ってからはありきたりな物語に終始してしまう。

でも、これはこういう設定だとしょうがないのかもね。

家族で楽しめるお正月映画です。




関連記事
Category: 映画

再び東京ビッグサイト


昨日に続いて東京ビックサイトです。

今日はFCI東京インターナショナルドッグショー。





今日のイングリッシュコッカーの出陳は8頭です。



昨日に続いて入賞したAMCH。



メスも今日は4頭。



メスで入賞したのはこちらのブルーローン。


関連記事
Category: DOG LIFE

4ヶ月ぶりのカット

午前中ドッグショーを見た後は、そのままいつもお願いしているテリアージュへ直行。

8月以来4ヶ月ぶりのトリミングです。

毛の短い部分は自分で毎週メンテナンスしていますが、やはり飾り毛の部分はプロ任せ。


トリミング前。

9月頃にお腹の毛がごっそり抜けてスカスカ。




トリミング後。

つい最近、アメリカでインギーのカットを見てきたというトリマーさんが最近のトレンドを踏まえて切ってくれました。

アメリカでは、よりスポーティな印象を与えるようにヨーロッパとは違って軽快なカットになっています。



やはりプロの腕は違います。


関連記事
Category: DOG LIFE

チャンピオン オブ チャンピオンズ


東京ビッグサイトのドッグショー「チャンピオン オブ チャンピオンズ」に行ってきました。

12/19-21で行われているJKCの年末ビッグイベントの一部です。

同時に別会場ではPet博も行われていて会場の周辺は犬を連れた人たちで一杯でした。





今回イングリッシュ・コッカーは5頭のエントリー。

オス、メス両方あわせたところでBOBを決めるといういつもとは少し違ったルールです。




BOB(Best Of Breed)はAMCHのオス犬でした。

色目はさておき、構成、歩様がとても綺麗でした。


関連記事
Category: DOG LIFE

トリミングテーブル


とうとう買ってしまいましたトリミングテーブル。

まあ、毎週ナイフでメンテナンスしているので、買うのも遅すぎた感はありますが、やはり専門のテーブルは使いやすいです。














ジャスミンさん、緊張していますか?

関連記事
Category: DOG LIFE

外苑前の銀杏


1週間ほどタイミングを逸したようで、もう、散ってしまった木も散見されます。




下は雪のように銀杏の落ち葉が降り積もっていて綺麗です。

見事に黄色、黄色、黄色。





関連記事
Category: DOG LIFE

東扇島の人口砂浜


寒いせいか誰も来ていません。

貸切状態で走り回ります。



独りでひたすら走り回るので、ドッグランに行くより値打ちがあります。


急に伏せたりして嫌な予感。




あああああ・・・・
やっぱり!!!
関連記事
Category: DOG LIFE

ソウ5 ★★☆☆☆

5作目でシリーズ完結と言う噂を聞いていたので、物語の終わらせ方に期待をして見に行ったが、何のことはない、まだまだ続くじゃあ~りませんか。

前作までの裏舞台も描かれるが、それがまたあまりにも普通で緊張感が途切れる。

新たな謎も投げかけられ、これは最後まで謎のまま。

後継者は見事に逃げおおせて次回をお楽しみにって終わり方はこれまでにないほどの中途半端なラスト。

途中のだらだらした展開はシリーズ最悪の出来だし、次回作に対して何の期待も抱けなくなってしまった。


関連記事
Category: 映画

代々木公園の紅葉

久々の代々木公園です。


公園の木々も綺麗に色付いています。









ドッグランはウッドチップがなくなり、落ち葉で地面が覆われていました。



ドッグランではいつものポジション。



でも、アメコのシルクちゃんとは少しばかり仲良くなれました。


関連記事
Category: DOG LIFE