ドリームガールズ ★★★★☆

絶え間なく押し寄せるパワフルな音楽に圧倒されっぱなしだった。

この映画(ミュージカル)のモデルってダイアナ・ロスとシュープリームスだったのね。
見るまで知らなかった。

アカデミー助演女優賞のジェニファー・ハドソンは、とぼけた顔をしながらすごい歌を聞かせてくれる。
菊地凛子も相手が悪かったね。

映画としては、ストーリーはありきたりだが、最後までその歌の迫力に感動する。


リードボーカルを交代するシーンで、キャンディーズも最初はスーちゃんが真ん中で歌っていたのに途中からランちゃんが真ん中になったことを思い出した。
これって自分だけ?



関連記事
Category: 映画