香水 - ある人殺しの物語 ★★★*☆

『香水 - ある人殺しの物語』 パトリック ジュースキント著、 池内 紀 訳 2003 文春文庫

今週末から映画「パフューム - ある人殺しの物語」が封切られる。
スピルバーグ、スコセッシが映画化権を争奪し合ったという原作である。

有名な映像作家が惚れ込んだとはいえ、テーマが「匂い」なだけに、この目に見えないものが映像化可能だろうかという疑問が頭をよぎった。

まして、ヨーロッパ各国でベストセラーとなった本作である。
下手に映画で見るよりも、先に原作を読もうと思い立ち、早速購入した。

翻訳でありながら、簡潔な文体でテンポよく読み進められる。翻訳作品にありがちな変な訳文もない。

作者の描く、超人的な嗅覚を持つ主人公グルヌイユの生きる世界に驚嘆する。

その描写は緻密で、彼の心理や行動の描写が筋が通っていて論理的に表現されている。
そのせいか、常人には到底捉えることの出来ないグルヌイユの世界に見事にはまり込んでいく。
久しぶりに小説を最初から最後までほとんど一気読みしてしまった。

それにしても、ラストは...うぐぐ...そんなことになってしまうのか...

ここは人によって賛否両論かもしれない。


で、映画なのだが、やはり、まともな映像化は無理な気がする。
忠実に映画化してもまともなモノにはまずならないだろうな。


あと、最近の作品かと思っていたが、ドイツ語の初版は1984年。ちなみに、ジュースキントはドイツ生まれで後にフランスに移り住み、この作品をスイスの出版社から出している。


関連記事

テーマ: ブックレビュー | ジャンル: 小説・文学

Category: 小説

長州ファイブ ★★*☆☆

尊皇攘夷の気運高まる幕末期、長州藩は5人の藩士を密航させ、イギリスのロンドン大学に留学させた。

これは、異国の先端技術と知識を得るため奮闘した5人、井上聞多(馨)、遠藤謹助、山尾傭三、伊藤俊輔(博文)、野村弥吉(井上勝)の顛末を描く青春群像映画である。

ほとんど話題になることなくミニシアターのみで上映されている映画だが、自分に映画のテーマはなんとも魅力的に映った。

楽しみにして劇場に足を運んだが、ああ、そこはやはり日本映画、ちいとばかりしょぼかった。

予算の関係もあるのかもしれないが、脚本が映画後半になって尻すぼみ。
演出もなぜか後半は中途半端。

誰かもう少しお金を使って取り直してくれないかな、などと思う。


なお、彼らはロンドン大学において長州ファイブ (Choshu-five) と称され、現在も顕彰碑が建てられているそうな。


関連記事
Category: 映画

第79回(2007年)アカデミー賞発表!

作品賞は「ディパーテッド」!??

監督賞のマーティン・スコセッシは百歩譲って許すとしても、作品賞はちょっと納得いかないなあ。

だからといって、未見の映画も多いので、どれがいいとはいえないが。

「硫黄島からの手紙」、菊地凛子は、まあ、しょうがないか。。。



なお、第79回アカデミー賞受賞作は以下のとおり。

◇作品賞
 ディパーテッド
◇監督賞
 マーティン・スコセッシ 『ティパーテッド』

◇主演男優賞
 フォレスト・ウィテカー 『ラストキング・オブ・スコットランド』

◇主演女優賞
 ヘレン・ミレン 『クィーン』

◇助演男優賞
 アラン・アーキン 『リトル・ミス・サンシャイン』

◇助演女優賞
 ジェニファー・ハドソン 『ドリームガールズ』

◇脚本賞
 リトル・ミス・サンシャイン

◇脚色賞
 ティパーテッド

◇長編アニメ映画賞
 ハッピー・フィー

◇外国語映画賞
 善き人のためのソナタ

◇長編ドキュメンタリー賞
 不都合な真実


Excite エキサイト : 渡辺謙残念! 「硫黄島からの手紙」作品賞逃す
関連記事

ちょっと前の自分のブログ

を読み返して、その後に起きたことを書き込んでおこうと思う。
2月の前半は忙しかったんだよなあ。。。


ペコちゃんポコちゃんのペット

自分も何を隠そう、不二家ファンだったので事件発覚のときはショックだった。

不二家の衛生管理問題の不祥事で今や店には空のショウウィンドウが並ぶだけ。

ようやく事件も収束されつつある。

3月1日に安全宣言
==============================================

陣内智則「ボクからは何も言えません」

何だかんだ言いつつも無事2月17日に兵庫県の生田神社で結婚。

前から行っていたとおり、十二単を着ての挙式だったが、式の当日は雨女藤原らしく、大雨だった。


紀香&陣内「おもろい夫婦」




関連記事
Category: 日常の発見

久しぶりにパチンコ

久しぶりにパチンコに行ってみた。

半年ほど前に久しぶりに行って勝って以来、2回ほど行ったがいずれも負け。

もう一度勝ちたくなっていざ出陣。

最初の台は2千円ほどつぎ込んだところで調子が悪くなったので台を変更。

2代目の台もウンともスンとも言わず、7千円をつぎ込み、あと千円でダメならあきらめるかと思ったときにいきなりヒット!

12連荘だった。

結果、9千円つぎ込んで6万7千円の勝ち。
パチンコも勝つと楽しいなあ。


前の勝ち
関連記事
Category: 日常の発見

世界最速のインディアン ★★★☆☆

1920年型インディアンという名のバイクを駆って、スピードの世界記録を目指す1960年代の実話を元にした映画。

最初に「インディアン」と聞けば、普通アメリカ・インディアンを思い起こすが、これは紛れもないバイク映画である。

主役はアンソニー・ホプキンス演じるバート・マンローであり、老いても夢を追い続ける前向きな生き方に自分も将来そうなりたいと思う。

ただ、あまりにも主役の存在が大きいため、脇を固める人たちの存在感が今ひとつ薄い。

前半のニュージーランドからアメリカへのちょっと長めの旅行記と、レースでのバイクの爆発的なスピードの対比には鳥肌が立つほどの感動をおぼえる。

おしむらくは、前半あれだけ前振りをしておきながら、ラストはあっけなく終わったことだ。
もう少し丁寧なエンディングでもよかったんじゃない?


関連記事
Category: 映画

日本アカデミー賞

日本アカデミー賞が発表!

・・・全部「話題賞」でいいんじゃない?



最優秀作品賞: フラガール

最優秀アニメーション作品賞: 時をかける少女

最優秀監督賞: 李 相日「フラガール」

最優秀脚本賞: 李 相日・羽原 大介「フラガール」

最優秀主演男優賞: 渡辺 謙「明日の記憶」

最優秀主演女優賞: 中谷 美紀「嫌われ松子の一生」

最優秀助演男優賞: 笹野 高史「武士の一分」

最優秀助演女優賞: 蒼井 優「フラガール」

最優秀音楽賞: ガブリエル・ロベルト/渋谷 毅「嫌われ松子の一生」

最優秀撮影賞: 長沼 六男「武士の一分」

最優秀照明賞: 中須 岳士「武士の一分」

最優秀美術賞: 松宮敏之・近藤成之「男たちの大和 YAMATO」

最優秀録音賞: 松陰信彦・瀬川徹夫「男たちの大和 YAMATO」

最優秀編集賞: 小池 義幸「嫌われ松子の一生」

最優秀外国作品賞: 父親たちの星条旗 FLAGS OF OUR FATHERS / ワーナー

話題賞: (俳優部門) 塚地 武雅(作品部門) 「フラガール」


関連記事

不都合な真実 ★★★☆☆

今までは暖冬暖冬といわれても、寒くない冬なんて経験した記憶がないのだが、今年の冬はホントにあったかい。

これってこれからもずっと続きそうな気がしてくる。
こんな映画を見たらなおさらに。

気温が上がると極地の氷が解けて海面が上がるなんて話はもう何十年も前から言われている話。

ただ、実感として今まであまり理解できなかったものが、目の前に映像を突きつけられるとショックを受ける。

もう、こんなに氷の融解が進行していたなんて!

なんかもうとっくに手遅れのようにも思えてくるほどだ。

この映画で語られていることが、過不足ない事実であるならばすぐに動き出さなくてはならない。

なのだが、映画に大統領選挙の映像を挿入されているのを見ると、かえって政治的な目論見がこの映画にあるのではないかと勘ぐってしまう。

ブッシュ大統領を嘲笑しながらゴアは話を進めているが、今のアメリカがやっていることを他人事のように言いながら、同じアメリカ人であるゴアにこういうことを滔々と語られてもどこかシラケてしまう。

事実は事実として受け止め、その他のうっとうしい修辞は無視したほうがいいなと思った次第。


関連記事
Category: 映画

夜市 ★★★☆☆

『夜市』 恒川 光太郎 著 2005 角川書店

ホラーというよりは幻想的なファンタジーといえる作品。

最初から最後までその美しい世界にはまり込む。

ファンタジーの世界の記述はあくまでもさりげなく、現代の現実世界の感覚とのバランスが絶妙だ。

短編ではあるが、ストーリー構成もしっかりしていて次第に明らかになっていく事実に驚かされ引きずり込まれていく。

このあたりミステリー作品と同じ手法で面白い。


ただ、読後に思ったのだが、これって映画「ジュマンジ」のコンセプトと似ているような気がするな。。。

選考委員激賞の、第12回(2005)日本ホラー小説大賞受賞作。



関連記事

テーマ: ブックレビュー | ジャンル: 小説・文学

Category: 小説

遅めのバレンタイン・デー

遅めのバレンタインデーなのだ。

バレンタインデーはいつもチョコレートケーキとカニのリングイネ。



今回のケーキは新百合ヶ丘「リリエンベルグ」のザッハトルテ。

リリエンベルグはウィーンの皇室御用達の名店「デメル」で、外国人として初めて修業を許可された横溝シェフの店とのこと。

で、ザッハトルテもこの店の看板商品なのだそうだが、アプリコットジャムが使用されており、一般的なザッハトルテとは趣が違う。

思いのほか甘くて驚いた。


去年のバレンタインデー


関連記事
Category: 日常の発見

武術の新・人間学 温故知新の身体論 ★★★☆☆

『武術の新・人間学 温故知新の身体論』 甲野善紀著 2002 PHP文庫

古武術をベースに身体操作術を研究している甲野氏の著作。

氏の研究した知見からかつての剣豪たちの、今では考えられない超人技に対する考察が面白い。

剣豪たちの伝説も単なるホラ話ではないのではないかと思えてくるから不思議だ。

また、日本人独特の「ナンバ歩き」や刀剣の趣向等、今では廃れた日本の伝統的な文化の紹介も興味深い。

ただ、甲野氏の体の動かし方に関する記述はあまりにも抽象的過ぎて理解できない。
そもそも、この本で割かれたページ数も少ない。
DVDも出ているようなので、身体操作術に興味がある人はそちらを見たほうがいいだろう。

関連記事
Category:

気まぐれコンセプト クロニクル

『気まぐれコンセプト クロニクル』 ホイチョイ・プロダクションズ 著 2007 小学館

映画「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」と連動して発行された週間少年スピリッツに連載の4コマ漫画総集編。
’84年から’06年までの900ページ以上に及ぶボリュームは圧巻である。

自分が読んでいたのは学生時代の数年だが、懐かしさのあまり思わず買ってしまった。

4コマ漫画ではあるが、結構字が多くてまじめに読むと時間がかかる。

オチも当時の流行ネタが多かったりするので、当時のことなんか忘れていて理解に苦しんだりする。
その一方で、当時は軽く受け流していたことを今の価値観から見直してみると新鮮に思えて面白かったりする。



気まぐれコンセプト クロニクル | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報


関連記事
Category:

チューイングボーン ★★★☆☆

『チューイングボーン』 大山 尚利著 2005年、角川書店

大学時代の友人から突然高額バイトを押し付けられる登。
それは決められた列車の席から走る電車の風景を運転手目線でビデオ撮影するというものだった。
ところが、登が撮影する時には自殺者がその電車に必ず飛び込む。。。

第12回日本ホラー小説大賞 長編賞受賞作品


最後まで読むと、生と死に関する深い洞察に感心させられる。

単なる表層的なホラーではなく、文学的哲学的な趣向のある作品だ。

純文学のような叙情的な描写が全編にわたっており、あるときには緊張感を高め、あるときには残念ながらだるさを感じた。

このあたりを気に入るかどうかは読者の趣向次第ではないだろうか。

関連記事

テーマ: ブックレビュー | ジャンル: 小説・文学

Category: 小説

墨攻 ★★☆☆☆

初盤から中盤にかけてはテンポがなくだれた展開だ。

また、ストーリー自体、飛躍する部分が多く理解に苦しむ。

予備知識がないとこのあたり楽しめないということだろうか。

そもそも、映画では墨家の思想に関する描写がほとんど出てこず、その思想のすばらしさなどは描かれじまい。

これと繋がるのだろうが、一人で城に乗り込んできた革離のすごさが伝わってこない。

思想に裏打ちされた戦術といった深みや迫力はなく、どこにでもある表層的なドラマに成り果ててしまっている。

武官の女性はあまりにもモデル然とし過ぎて画面の中でういている。
彼女の作る表情は現代的(西洋的)すぎで目障りだった。

邦画を髣髴させるような杜撰なCG処理もNG。


関連記事
Category: 映画

日産自動車 株価

がいつの間にか下がっちまったなあ。

100円以上も下げるとは。

まだ下げどまらないような気がする。

金曜日は1500円はあったと思ったんだが、今日は1387円。

関連記事
Category: 日常の発見

<日産決算>ゴーン社長体制で初の減益


<日産決算>ゴーン社長体制で初の減益

確かにあんまり最近の日産車は走っているのを見ないもんなあ。

これでしばらくは、電車の中吊り広告も週刊誌のゴーンたたきで賑わうのは間違いない。

株価はこの日30円ほど下げたみたいだけど、ある程度は織り込み済みだったってことか。

この会社は配当がいいし、この時期なら手放す人も少ないってことかな。


06年度と07年度の配当計画は維持

関連記事
Category: ニュース

節分

「今年の恵方は北北西~」
昨年から関東地方でも始まったテレビCM。

西の方角を向いて太巻きを食べるというのは大阪に住んでいたときは昔から行われていた風習だが、毎年方角変わるというのはテレビCMを見て知った。

そもそも「恵方巻き」という言い方も大阪ではしなかったと思う。
あくまでも「太巻き」「海苔巻き」「巻き寿司」という言い方だった。

こういうCMが関東でも流れ始めたのはいいが、この風習は関東で定着してきているんだろうか。


節分にスイーツで恵方巻き
商魂たくましい。。。 
やっているのは関西系の会社みたいだが、どこまで受け入れられるか。。。
関連記事
Category: 日常の発見

花粉症の季節

とうとう今年もやってきた。

今日、花粉症対策のために病院へ。

今年で3年目。

対策しないと毎年ひどくなっていくのみ。治療不可ってのがホントにうざい。




関連記事
Category: 日常の発見