トゥモロー・ワールド ★★*☆☆

原題は「Children Of Men」と非常に分かりやすい。

子供が生まれなくなった近未来。
子供が生まれなくなることによって人類にどんな不幸が起きるか。
まず、そこを映画を見る前に考えておかないと何だかピンと来ないのかもしれない。

このあたりを含めて描いてくれてもよかったとも思うが、映画の中で人々は既に絶望し、文明は崩壊しかけている。

臨場感ある戦闘シーンばかりが印象に残ったが、この映画はそんなことを見せたかったわけじゃないよねぇ。

制作費120億円ってほとんど戦闘シーンで使われてしまったような気がするけど。。。(あと、赤ん坊のCGかな?)

人類の子供(新たなる生命/希望)と殺戮の対比はいいけど、今ひとつ言いたいことが伝わってこない中途半端な気がした。

関連記事
Category: 映画