外苑前の歯医者さん

外苑前の歯医者へ行ってきた。
「噛合せと全身との関連を考える会」に参加されている先生だ。

初診料1万5千円で、2回に分けていろいろ検査をしてもらえるということで、検査くらいは先に受けておいた方がいいだろうと思い、受診してきた。(保険は使えない。)

問診から始まり、歯と体のあちこちを触れながらOリングテスト・・・私の歯は比較的鋭利な形をしているらしい。
鋭利な部分が、口の中のいろいろな部分に触れると体の方にも反応が出て、肩こり、腰痛等が出るそうだ。

そして、上下すべての歯型を取り、10枚近い歯のレントゲンをとった。

最後は、歯の磨き方を徹底的に教えられた。
小学生の頃によくやった赤い液体をつけてちゃんと磨けているか見るやつだ。

結果は次回ということで、どのようなことを言われるか楽しみだ。








念のため言っとくけど、この写真は私の歯ではない。


関連記事
Category: 健康

The 有頂天ホテル ★★☆☆☆

笑えなかった。
全く面白くなかったわけではない。笑える部分もあった。

数多くのエピソードが束ねられていく過程がうまくいっていなかったように思う。


この映画がどのように感動させようとしているかは分かった。でも、逆に私にそう思わせてしまう時点で、この映画はどこか失敗しているのだろう。

豪華なキャストに、楽しい雰囲気の映画だ。いい気分で映画館を出たいという自分がいる一方で、なんだかよく分からない欲求不満の感情を抱きつつ帰路に着いた。
関連記事
Category: 映画

レジェンド・オブ・ゾロ ★★☆☆☆

この手のヒーローものは深く考えず楽しめばいいのかもしれない。

よくある活劇西部劇といったところだが、ストーリもアクションも趣向が80年代の作品と言われても仕方ないくらいだ。

もはや、アントニオ・バンデラスとキャサリーン・ゼタ・ジョーンズという組み合わせだけで最近の普通の映画ファンなら、もういいやというのでは?

でも、逆にこの映画が20年前に出ていたら大ヒットしていたろう。古臭いが、活劇モノとしてうまくまとまった作品だといえると思う。

関連記事
Category: 映画

寒川神社

やはり横浜に住んでいるからには、ということで、相模国一之宮「寒川神社」に参詣した。
ここも、ここ3年毎年参拝しているが、清らかな雰囲気の神社で、私の大好きな神社のひとつだ。
前日が雪だったからだろうか、人は今までにないほどに少なかった。



本殿への門には新春ねぶたが。







ねぶたの題は「恵方八犬」。







門の両側に阿吽よろしく配置された狛犬。
今年は戌年ということもあり、これを模した小さな狛犬の置物も売っていた。







1796年に建立された一之鳥居。安政二年江戸大地震と大正十二年関東大震災の二度にわたり倒壊。当時をしのびここに設置、とある。





現在の一之鳥居近くにある愛子様誕生記念の植樹。
今まで気づかなかった。







おみくじは吉だった。
とりあえず、結わえてきた。これからも気を引き締めてがんばろう。

関連記事
Category: お出かけ

東京にも雪

1月21日は、朝起きると、南関東でも雪だった。家の周囲の積雪は10cmくらいといったところか。




夕方まで降り続いたが、家の周りの表通りは、ひどく降り積もることなく、車もチェーンなしで走ることは出来た。


翌日の今日は朝から快晴!
関連記事
Category: 日常の発見

クラニオ・セイクラル

ボディ・バランスをとる施術として、ロルフィングと並んで有名なのがクラニオ・セイクラルだ。

とあるWeb Pageで施術をする方が紹介されていたので、一度受けてみることにした。

歯の治療中、後の顎の調整もやってくれるようなので、今の私の状況からして適当だと思ったのが理由だ。

関連記事
Category: 健康

東京に復帰

雪の予報がある中、昨日、東京に復帰。
出発前も昼から小雪がちらついていて、高速道路の積雪が心配だったので、京都まわりで帰ることを避け、奈良→三重ルートを利用した。

鈴鹿のあたりでは少し雪が降っていたが、大したことはなく、無事帰ってこれた。

関連記事
Category: 近畿

輪廻 ★☆☆☆☆

暇で時間をもてあましていたので見に行きました。
よく見ると、「呪怨」の清水崇監督作品じゃありませんか!

内容は「呪怨」と同じように、怖い絵をつなぎ合わせただけの紙芝居のよう。ストーリー上のスリルは全くない。


怖い絵といっても、「あなたの知らない世界」や楳図かずおの恐怖漫画に出てくるような、暗闇に浮かび上がる苦悶にゆがんだ青白い顔の連続。

この人は映画を撮るというより、怖い絵をいかに実写で撮るかというところに賭けているように見える。

関連記事
Category: 映画

今夜は雪

今夜から近畿全域で雪になるらしい。

・・・しかも、静岡まで雪マーク。

あさって車で東京に戻るのに路面状態が心配だ。

関連記事
Category: 近畿

ロード・オブ・ウォー ★★☆☆☆

テーマがもう古すぎる。何で今頃?と思わされる。

映画のクライマックスは、冷戦終了直後の旧ソ連軍武器の取引だ。
もうすでに90年代に散々描かれつくしたものと変わらない。

ニコラス・ケイジの神通力も遠く及ばず。

関連記事
Category: 映画

日本橋のメイド・カフェ

大阪の日本橋といえば、東京の秋葉原のような電気屋街である。実際は、規模からして秋葉原の1/2以下程度のものだが。

昨年は「電車男」をはじめとして、アキバ系の話題が日本中を席巻していた。

そこでとうとう、というか、やっぱりというか、日本橋にもありました。メイド・カフェ。

自分としては、入る気にはなれなかった。
関連記事
Category: 近畿

ネット・カフェだらけ

ミナミの街をぶらついた。
なんだかいつの間にか、インターネット・カフェだらけだ。

何かのTV番組でやっていたが、インターネット・カフェは初期投資だけで粗利率が高いので、今の商売がうまくいっていない人は、事業をインターネット・カフェに切り替える人が最近増えているのだそうだ。

それにしても、これだけ増えてくると、なんだか街自体がスカスカになっていくような気がする。










数年前、風俗店ばかりの通りが店をたたんで、夜、真っ暗になっていたのを見て、大阪はここまで不況が深刻なのかと愕然とした。
一方で、こういう形態の店ばかりが増えているのを見るとさびしい思いがする。

関連記事
Category: 近畿

伊勢神宮 (2)

外宮(豊受大神宮)入り口。







外宮(豊受大神宮)正面。







三石。正式名称は知らない。
ある気功士によると、強力な気を出しているらしい。













3つの別宮にも参拝した。
左から土宮(つちのみや)、風宮(かぜのみや)、多賀宮(たかのみや)
関連記事
Category: 近畿

伊勢神宮 (1)

伊勢神宮もここ3年、毎年年明けに参拝している。
大阪市内から近鉄特急で1時間40分ほどかかる。そのせいか、誰も一緒に行ってくれる人はおらず、いつも私一人での参拝だ。

古くから「神宮」といえば伊勢の神宮を指し、神宮は皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)の両正宮を中心として、十四所の別宮、百九所の摂社・末社・所管社から成り立つ、とある。

宇治橋
内宮の入り口だ。













五十鈴川。特にこの場所は御手洗場(みたらし)と呼ばれる。
他に手を清める場所は設置されているが、私もいつもここで手を水につけさせてもらっている。水に触れるだけで、すべて清められるかのような爽快感を感じられる。

正宮(内宮)。
今年は少し人が少ないような印象だ。








風日祈宮(かざひのみのみや)
今年は、この別宮にも参拝。






この別宮周りには、たくさんの鹿がいた。







小泉純一郎首相。
昨年も1月4日にここで拝見した。マスコミで報じられることは少ないようだが、毎年、伊勢神宮に参拝しているようだ。
写真はこれ以上ないほどの手ブレ!!




関連記事
Category: 近畿

高津神社

有名神社もいいが、地元の神社への参詣は欠かすことないように、とある人が言っていた。

で、しばらくは行っていなかった実家の神社に、ここ数年は必ず年明けに参拝している。上本町と日本橋のちょうど中間辺りにある神社で、小さいことはよく行っていた。


おみくじは吉だった。悪いことはかかれていなかったが、境内の木に結わえてきた。
今年も気を引き締めてがんばろう。

関連記事
Category: 近畿

宝塚神社

ここ数年の初詣は、宝塚神社だ。
日付が変わると、神社へ繰り出す。

別に宝塚市の真ん中にあるわけでも、宝塚駅の近くにあるわけでもないのだが、宝塚神社という名前なのだ。



おみくじは吉だった。別に悪いことはかかれていなかったが、境内の木に結わえてきた。
今年も気をつけてがんばろう。
関連記事
Category: 近畿