ガーミンの修理

ガーミン戻ってきたガーミンが修理から戻って来ました。

保証期間は過ぎていたのでお金がかかることは覚悟していとけど、結局、洗浄だけで復活したので修理料金はかからずです。

かかったのは、ガーミンを送った時の送料のみ。

保証書に購入時のお店の印鑑もなかったのですが、購入時のやり取りのメールが残っていたのでそれをプリントアウトして同封することで対応してもらえました。

思ったより良心的でよかったです。
















テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ

テープで足を固定して走る

週末のLSDはいつも15kmあたりでふくらはぎ~ハムストリングス~臀部の筋肉が痛く、固まってペースダウンしてしまいます。

ふくらはぎの痛みは足首で地面を蹴っているためにふくらはぎに負担がかかって起きることが多いので、足首を使わずに走ることが必要になります。

でも、頭では分かっていても、実際やるのは自分には難しかったりするのです。

そこで、テープの力を借りて週末20kmLSDを走ってみました。

Xtape
結果としては、劇的な効果とまではいきませんが、後半で粘ることが出来て明らかにこれまでとは違うことを実感できました。

さらに、走った後はこれまで苦しめられていたふくらはぎの痛みが嘘のようにありません!

足首を使わない感覚をテープを使わずに再現できればいいなと思うのですが、フォームで再現することはなかなか難しそうです。


20kmLSDは今週も前回と同じコース(多摩川水道橋~川崎側河川敷~二子橋~東京側河川敷~京王線鉄橋折返~多摩川水道橋)です。

nikotama station
先週ルートをロストした二子玉川駅前です。

ここは信号を3つ渡らないと多摩川沿いに行けません。

いいペースで走ってきても、信号機で長時間止まるのは非常に残念です。

hyougojima
二子玉川駅から河川敷に入ったところ。

兵庫島公園という公園になっています。

suidou
兵庫島公園からしばらく行ったところに水道を見つけました。

これって飲んでもいいんだよねぇ。

というか、結構たくさん飲んじゃいましたけど。




テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ

新しいシューズ(asics TARTHERBLITZ 3) デビューです。

アシックス ターサーブリッツ3を練習用にデビューさせました。

まずは、いつもの10kmビルドアップ走です。

britz3
履いてみた印象は、まず第一にすごく軽いということ。

左足につけたセンサーが揺れるのも感じてセンサー自体重く感じてしまいます。

テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ

新しいシューズ(asics TARTHERBLITZ 3) で行きます

『非常識マラソンメソッド』の岩本能史氏の考え方にならって薄底シューズを試してみることにしました。

練習用は薄底、レース用は足を保護するために厚底(asics GT2000 New York)で行きます。

手に入れたのは、一般的に"市民ランナーの憧れのシューズ"と言われるアシックスのターサー・シリーズです。

現行モデルではなく、型落ちのブリッツ3と言うところがちょっと控えめなところですが、次期モデルにあたるターサー・ジールTSが出ているために安くなっていたこと、ブリッツはターサー・シリーズの中でもオーバープロネーションに配慮されていることからチョイスしました。

やはり、もし自分に合わなかったとしても被害は小さいですから(笑)。
TB31
すごく軽いです。

軽すぎてまるでおもちゃのようです。

虎
ターサー・シリーズの証、"虎走"のロゴ。

op
ブリッツ3では「ダイナミクス・デュオマックス」ではなく、この部分がオーバープロネーションを軽減してくれます。

このシューズをデビューさせるのが今からすごく楽しみです。

モチベーションも練習成果も上がることを期待しています。


テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ

米軍の黒土に戦死したシューズ

雨の中のハーフマラソン(東日本国際親善マラソン)を走ったランニングシューズを洗いました。

レースの会場となった米軍の相模原補給廠は、コースの水たまりは大したことがなかったのですが、更衣所~荷物預け場所あたりの舗装していないグラウンドが水はけ悪く、黒土でぬかるんでいました。

yogore
ドロドロのマイGT2000 New York。

靴は本来、屋外で履くものなので自然と汚れるものですが、先月買ったばかりのシューズなので正直ショックです。

bunkai
まずはインソールとシューレースを外して、軽く泥を払ってから水洗いでざっと泥を流します。

ぬるま湯に中性洗剤を入れ、30分ほどシューズを浸してからブラシで洗いましたが、泥の落ちは今一つ。

そこで、さらに30分、洗剤を薄めたぬるま湯にシューズを浸して再度ブラッシング。

senzai
ぬるま湯の量からすると洗剤の量はこれで十分。

kekka
2度洗いをした結果です。

入り込んだ泥は取りきれず、正直がっかり。

本当に綺麗になったのはシューレースとシューズの底部だけです。

気分はもう既に名誉の戦死です。(別にこれからもまだまだ履くので実際死んじゃいないんだけれど。)