飛行機頭痛は三叉神経痛か

飛行機に乗ると、着陸時の頭痛に悩まされています。

離陸時や定高度飛行の時には起きないのですが、起きるときはいつも高度を下げ始めた着陸時におきます。

以前は何回かに一度しか起きなかったものが、最近は飛行機に乗るたびに起きるようになってしまいました。

頭痛の痛みは頭蓋骨の裏側からナイフを骨に突き当てられてグリグリこじ開けられるような感じ、神経に電流を流されたようにビリビリとした痛み、頭蓋骨が割れてしまうかのような、骨が破裂してしまうかのような痛み

痛みの箇所は眼球の裏側、頬骨、歯茎の裏側、頭部側面と頭部の前面全域にわたります。

原因は着陸時に起きることから気圧に関係するものだというのは想像に難くないですが、つばを飲み込んだ入りしたぐらいじゃ何も良くなりません。

この頭痛が起きると座席のひじ掛けを握って、文字通りのた打ち回っていました。

e0088513_1716504.jpg
慶應義塾大学病院
KOMPAS 三叉神経痛



三叉神経の絵を見ると自分が痛みを感じている部分と見事に一致していることが分かりました。

そして、三叉神経痛の症状も自分の頭痛とまさに酷似。

三叉神経痛の 「原因は、三叉神経が脳から起こるところで血管などによって圧迫されることがひとつとして考えられています。」とありますが、気圧の関係でここに刺激が当たるためでしょうか。

これを知って、ネットで三叉神経痛に効果があるという記述を見てからはイブクイック(エスエス製薬)を着陸1時間前に服用しています。

効果としては、痛みは完治しないものの、耐えきれない痛みだったものが、多少耐えきれる痛みにはなっています。

ちなみにロキソニンは全然効きませんでした。

eve2
イブクイック頭痛薬。

今回の沖縄往復でも活躍してくれました。

飛行機に乗るときにはもう手放せません。


一部では、耳栓等による効果がうたわれていたりもしますが、私はやったことがないので、今度併用してみようと思います。


上記はあくまでも私の個人的な見解であり、その効果を保証するものではありません。


関連記事

テーマ: 薬・医者・病院等 | ジャンル: 心と身体

Category: 健康

偏頭痛

私は偏頭痛もち。

朝起きたときから少し左側のこめかみが痛かっただけなのに、通勤の駅に着いた時点でその痛みに耐え切れなくなった。

仕方なく引き返してベッドの中へ。

起きたら昼の12時だった。

今回の頭痛はいつもよりましだけど、なんか前回からの間隔が短いのが気がかり。以前は半年に1回くらいの頻度だったのに、確か前回は8月だった記憶が。。。

半年に1回のころは目も見えなくなるほどひどいものだった。
最近の短い間隔で襲ってくる偏頭痛は、頭痛だけ(たまに吐き気も)。どちらがましかといわれても、これだけはどちらも嫌!

関連記事
Category: 日常の発見