スターダスト・レビュー ライブ・ツアー

スターダスト・レビューのライブに参戦してきた。

前のツアーに久しぶりで参戦して以来、3回目である。

ただ、前の2回はベスト版アルバムのツアーと25周年感謝祭なので両者の内容が嫌がおうにも似たものになったのに対して、今回は新作アルバムを引っさげてのツアーなのでずいぶん趣が違った。

新作アルバムのツアーとなると自分の場合、アルバム「Thank You」以来だからずいぶん久しぶりのことだ。

根本氏のマシンガントークは相変わらず快調。

途中、漫談(?)に熱が入り、曲に戻るときは「歌も歌いますよ~」と場内の爆笑を誘う一幕も。

セットを配し、「星屑医院」を舞台にしたコントも披露。
そういえば、今回ほどのセットはなかったけどThank Youツアーのときもコントみたいなことをやってたなあ。



「トワイライト・アベニュー」を(アカペラでない)バンドバージョンで久々に生で聞けてよかった。

8曲目から11曲目までは、ツアー会場によって選曲が違うらしい。

11曲目は「選んでピョン」のコーナーで選ばれたお客さんが
  「常夏のジャガタリアン」
  「噂のアーパーストリート」
  「恋はバレーボール」
  「村長さんの娘」
の中からくじ引きして決定。

「と・つ・ぜ・んFall In Love」は曲にのせて(ビリー・ザ・)ブートキャンプ、って色々よく考えるなあ。
「愛の歌」は会場で大合唱だった。

アンコールは、一旦メンバーが舞台袖に引っ込んでからも、自然に会場から沸き起こった「愛の歌」の大合唱と拍手で幕開け。

最後の小田和正との共作「思い出はうたになった」では、根本氏が涙して歌えなくなる場面も。

終盤異様に盛り上がった感動のライブだった。




25年に一度の大感謝祭 6時間ライブ おやつ付き
HOT MENUツアー
関連記事

テーマ: LIVE、イベント | ジャンル: 音楽

スタレビ 大感謝祭 (2)

5月19日の「スターダスト・レビュー 25年に一度の大感謝祭 6時間ライブ おやつ付き」。
せっかくだから、撮った写真を上げておこう。


赤坂泰彦
ライブのオープニングは彼による紹介でメンバーは舞台上に姿を現した。
続けて、「シュガーはお年頃」をリクエスト。



笑福亭鶴瓶
「いのちのこたえ」をリクエスト。
でも、この後演奏が止まるんだよなあ。



金石昭人、陣内貴美子夫妻
二人の結婚式のときに根本要が歌った「ふたり」をリクエスト。


関根勤、小堺一機
チャレンジ・ソング 歌詞を最後まで間違えずに歌えたら100万円で「クレイジーラブ」をリクエスト。
ライブ後半にも現れて「Stay My Blue-君が恋しくて-」をリクエスト。


下柳剛
自分の入場テーマ曲として使用している「RUNNING」をリクエスト


笑福亭笑瓶
この人は大阪との生中継で画面に登場。
ところがこの後、ライブ会場に姿を見せるというイリュージョンを見せてくれる。



森末慎二
ライブ開始前に画面で上映されていた今回のライブ限りのCMでもスタレビと共演。
「夢伝説」をリクエスト。


大泉洋
当初はゲストとしてやってくるという話もあったようだが、スケジュールの関係で実現せず。
スタレビとのコラボ曲「本日のスープ」をリクエスト。


松たか子
昔から本人自身スタレビのファンだったよう。
「追憶」をリクエスト。


イッセー尾形
この人はなんで出てきたのか分からん。
彼の事務所の人のリクエスト「ノーザンライツ」を紹介。


次のアルバムに収録される「愛の歌」のコーラス部分を会場でレコーディング。
この後、観客席をバックに写真撮影も。


ラスト。
また、会いましょう。








関連記事

テーマ: LIVE、イベント | ジャンル: 音楽

スターダスト・レビュー 25年に一度の大感謝祭 6時間ライブ おやつ付き

最初は赤坂泰彦がスクリーンに登場し、スタレビとの出会いを語って、彼らを紹介した。
その赤坂泰彦リクエストの一曲目「シュガーはお年頃 」でライブがスタート。

今回は、それなりにメジャーな曲は、ビデオゲスト(総勢10組)が紹介して、普段ライブであまり演奏されない曲をスタレビ自身が選曲するという構成だった。

このライブの予習ために「艶」「Ladies&Gentlemen」「Goodtimes&Badtimes」を購入したのだが、ヤマもあたってニヤリ。

スタレビのゲストということであまり期待していなかったが、全部で4名がステージに登場、さらに今回はホーンセクションとして4名が参加していた。

6時間という長丁場だったが、内容は全然薄まることなく盛りだくさんで、あっという間だった。

彼らの飽きさせない演出のすごさに改めて敬服する。

自分としては、まだまだ聞きたい、物足りないくらいだった。あと1時間くらいは演って欲しかったなあ。


今回は大感謝祭ということでセットにも金使ってます。

後ろのスクリーンには、CGを駆使したイメージがこれでもかと乱れ飛んだ。


「Find My Way」は、青空と白い雲の実写がバック。

この倍率だと映像が汚いですが、クリックすると多少ましな(笑)画像が見れます。



関根勤と小堺一機によるチャレンジソング(最後まで歌詞を間違えずに歌ったら100万円)出題。
一曲目は「クレイジーラブ」。


歌詞は会場のスクリーンにも大写しとなり、根本氏見事玉砕。

二曲目は「Stay My Blue」で成功。→会場大拍手!

プロの歌手が持ち歌でこれをやるなんて普通ありえないんだけど。。。








セットリスト(間違えてるかもしれない)全46曲
シュガーはお年頃    [赤坂泰彦]
ブラックペッパーのたっぷりきいた私の作ったオニオンスライス
THANK YOU
Find My Way
星空のアリーナ
The Sunshine-輝く街-
7月7日
いのちのこたえ    [笑福亭鶴瓶]
ふたり       [金石昭人、陣内貴美子夫妻]
永遠への誓い-Eternity-
BABY, とりあえずもっと
君のキャトル・ヴァン・ディス
Syncopation Love
クレイジー・ラブ    [関根勤、小堺一機]チャレンジ・ソング 歌詞を最後まで間違えずに歌えたら100万円
RUNNING    [下柳剛]
会えないよ    [笑福亭笑瓶]
Baby, It's You
月光列車(ムーンライト・ロコモーション)
夢伝説    [森末慎二]

Single Night
君のすべてが悲しい 
蜃気楼
歳月の果てに
本日のスープ    [大泉洋]
追憶    [松たか子]
Stay My Blue-君が恋しくて-    [関根勤、小堺一機]チャレンジ・ソング第二弾 歌詞を最後まで間違えずに歌えたら100万円
9月の海
さよならの足音
木蘭の涙(オダレビ)
ラブストーリーは突然に(オダレビ)
YES-NO(オダレビ)
今夜だけきっと(オダレビ)
思い出が歌になった(オダレビ)
WAKE UP! MY HEART
愛の唄
Northern Lights-輝く君に-    [イッセー尾形]
NO! NO! Lucky Lady
銀座ネオンパラダイス
Goin' Back To 1981

おらが鎮守の村祭り(三谷・光田)
Danger Lady (三谷・光田)
夜間飛行(三谷)
Stars(光田・根本)
Goodtimes & Badtimes (三谷・光田)
と・つ・ぜ・ん Fall In Love (三谷・光田)
めぐり逢えてよかった

[ ]内はビデオ・ゲストのリクエスト

なんと、小田和正がゲスト。

小田和正もカバーした「木蘭の涙」をスタレビとともに熱唱(オダレビ)し、続いて、「ラブストーリーは突然に」、「YES-NO」 を披露した。

どうせ小田の持ち曲だけで終わりだなと思っていたら、「今夜だけきっと」も共演。
さらに、今日のライブのために作った小田和正作詞、作曲オダレビの新曲「思い出が歌になった」をアコースティックギターで根本要とデュエット。



さらにゲストとして、かつてバンドメンバーだった三谷と光田が登場。

三谷は「夜間飛行」を光田は「Stars」を披露した。

関連記事

テーマ: LIVE、イベント | ジャンル: 音楽