結局染め直しの琴之介 (三陽山長)

三陽山長の琴之介。

手入れの過程で左右の革の色が微妙に違うことが発覚して、しばらくはメンテの仕方でしのいでいたものの、バカらしくなって結局染め直しました。

琴之介 三陽山長 1
元の色よりは、ワントーン濃いめの色合いです。

やはり元の色と同じ色にするのは難しいらしく、濃いめで調整しました。

琴之介 三陽山長 3
この靴の木型は自分の足の見事にあっていてそのフィット感はすごく気に入っています。

それだけに型崩れしそうなくらい深く皺が入るようなこの靴の質は残念でなりません。

染め直してでも履き続けるのは、このフィット感故以外の何物でもないです。

革がチャーチ並みだったら、きっと浮気せずに一生、三陽山長の靴を買い続けたのではないかと思います。

琴之介 三陽山長 2
今日はサフィールのクレム1925ダークブラウンで磨きました。

クリームを塗るとき、自分はいつも手で塗るのですが、クレム1925はシアバターが配合されているせいか体温でとろけるような触感になるのが特徴的です。

琴之介 三陽山長 4
今後はあまり気を使わずにガシガシ履いていくつもりです。




関連記事

テーマ: | ジャンル: ファッション・ブランド

Category:
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

初めまして

格好良い色ですね。
琴之介の格好良さに惚れて今検討しておりましてここにたどり着きました。

確かにここの靴は当たり外れの差が大きいような気がします。

最初に買ったのが、両足ともほとんど目立たない綺麗な皺の入ったものだったので、同じ木型の靴を4足揃えましたが、一足片方だけものすごく深い皺が入ったものがあり、初日に悲しい気持ちになりながら帰宅した覚えがあります。(笑)

まあ既製なので、ある程度しょうがないとは思いますが、7万越えなので外れた時のショックは大きいです。
ただ、木型が良すぎてまた戻ってしまいます(笑)
2015/03/11 (Wed) 21:49 | タル #- | URL | 編集

No title

タルさん

はじめまして。

この当たり「ハズレ」の大きさには正直ショックでした(笑)

私の場合、この靴が初山長で「当たり」を経験していないだけに元に戻るのは躊躇します。

2015/03/14 (Sat) 08:49 | センタ #- | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント