2017年上半期映画ベスト10

2017年上半期、自分が見て面白かった映画。

#2017年上半期映画ベスト10
①T2 トレインスポッティング
②夜は短し歩けよ乙女
③モアナと伝説の海
④はじまりへの旅
⑤わたしは、ダニエル・ブレイク
⑥怪物はささやく
⑦ゴールド/金塊の行方
⑧パッセンジャー
⑨カフェ・ソサエティ
⑩22年目の告白-私が殺人犯です-
.
2017上半期50

①96年の「トレインスポッティング」から20年ぶりの続編。この20年間いろいろと傷つきながら生きてきた自分たちにしてみれば深く胸に突き刺さることが多い。

②昨今のいかに実写に近づけるかを追及しているCGアニメとは全くの逆位置の映画。アニメは自由だ!表現は無限だ!と嬉しくなる。この湯浅政明監督が「夜明け告げるルーのうた」で賞を取っていたが、そっちは自分はノれなかった。

③②とは対極の映像の、完成度の高いディズニーアニメ。女の子が主人公だが、恋愛要素のないアドベンチャー作品になっているところがかえって新鮮。

④過去から問われ続けている人間の生き方がテーマだがそこに答えはなく、ただ家族愛の大切さを問うところが心にしみる。

⑤EU離脱に至るイギリスの問題点の一部を垣間見る。多様化社会の生み出す格差社会。IT化は社会の不平等を是正させる一方、情報弱者を排除する道具としてもいまだに使用されている。

⑥やはりフェリシティ・ジョーンズがいい。ちゃんとした文学的な寓話です。

⑦マシュー・マコノヒーがいい。大きな儲け話はすべて投資市場が整備されていて、他人のもうけ話をかすめ取ろうとする輩たちの仕組みが出来上がっている。今更ながらアメリカの資本主義の仕組みに改めて驚嘆する。

⑧一見チャラそうな映画だが、時間の概念の扱い方にハッとさせられる。

⑨成功を夢見る男女のタラレバ話は「ラ・ラ・ランド」と似たコンセプトだが、自分はこっちの方が好き。ウッディ・アレン監督作品。

⑩細かい突っ込みどころは満載だが、最後まで途切れない緊張感に圧倒される。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

セールスマン ★★*☆☆

セールスマン アスガー・ファルハディ監督のイラン映画。

妻は何日もまともに身動きできないほど身体的にも、精神的にも大きなダメージを負わされていた。

しかも、途中何度となくレイプまでに及んだ可能性までほのめかしている。

なのに、はなぜ彼女は許してしまうのか。

犯人は金を残していったが、レイプはなかったということだろうか。

妻に許させてしまうこの映画の脚本に男目線のイスラム的というか、古い慣習的な男尊女卑思想がこの映画に見え隠れして納得がいかなかった。

たとえあのようなラストを迎えたとは言え、この国の社会というよりもこの映画の観点が妻の本心を表しているとは自分には思えなかった。

彼らは「セールスマンの死」を同じ舞台で演じる舞台俳優だ。

時代についていけずに死ぬセールスマンを演じてはいるが、その比喩の指すところが違うように感じた。


第89回アカデミー賞外国語映画賞受賞作品(2017)
カンヌ映画祭脚本賞、男優賞受賞(2016)




関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

ゴールド/金塊の行方 ★★★*☆

ゴールド消えた100年以上前から金鉱脈を掘り当てることはアメリカンドリームの象徴だ。

それも、今や(とは言っても80年代の話)投資の話になってしまっている。

最近だと「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(2016)の世界がここでも展開されている。

ケニー(マシュー・マコノヒー)が全てを賭けてコンビを組んだマイク(エドガー・ラミレス)はこのあたりのことも全て分かった上でのことだったのだろうか。

この辺りまで事実を基にしているかは分からないが、もし全てを分かった上での仕業なら、この人物は相当のやり手か過去に同様の煮え湯を飲まれたんだろうな。

ヤマシたちの生き馬の目を抜くような世界を垣間見ることができる。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

怪物はささやく ★★★*☆

怪物はささやくすごく文学的・哲学的な寓話作品。

ファンタジー色もちゃんと付いていて、エンタテイメント的な見せ方も素敵。

何にもとらわれずに自分に素直になって、それを言葉で表現するのは誰もが難しい。

今更ながらにそう思うのだが、これは自分の成長にすごくいい影響を与えるすごく大事なこととしみじみ思った。


あと、シガニー・ウィーバーがおばあちゃん役だったのは時の流れを個人的には感じずにおれなかった。

それと、やはりフェリシティ・ジョーンズはいいな。

「スターウォーズ」に出演したことで変な色が付かなければいいんだけど。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

パトリオット・デイ ★★★☆☆

パトリオットデイパトリオット・デイ=愛国者の日に催されるボストンマラソンで起きた爆弾テロの実話に基づいた物語。

題名からもわかるようにアメリカの国威掲揚映画の一面もあり。

一方で、弁護士を置かずに容疑者を詰問するシーンを見せるのは勇気があるなと思う反面、テロリスト容疑者の人権はないことを暗に広めているようにも取れて少し恐ろしかった。









関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

LOGAN/ローガン ★★★☆☆

ローガン200年生きてきたウルヴァリンもその特殊能力は影を潜め、寿命が近づいてきた。

主演のヒュー・ジャックマンの実年齢に近づけてきた設定にしか見えなかったりもするのだが、これまでのアメコミ映画にありがちな展開はない一味違う作品になっていた。

ローガンが老眼というダジャレは日本人ならみんな頭をよぎっていそうだ。

ストーリーや設定は期待していたよりは単純で、ローガンも"お父さん"してしまったりと大した盛り上がりも感じられなかったのは残念だった。

特に、他の映画との関連を示すシーンもなし。

ラストはクレジットの後に墓の底から蘇ることをほのめかすようなシーンを期待したがそれもなく、本当にウルヴァリンはこれで終わりかと少し寂しかった。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

夜明け告げるルーのうた ★★*☆☆

夜明けを告げるルー自分の大好きなアニメ「マインドゲーム」の湯浅政明監督の作品ということで、楽しみにして見てきたが、それがハードルを高くし過ぎたせいか少し残念な結果に終わった。

「夜は短し歩けよ乙女」にしても、より写実的な場面とぶっ飛んだ表現の場面の対比がこの監督の良さでもあると思うのだけれど、今作ではほとんどぶっ飛びっぱなし。

物語も熟成されていない感じでふらついていたのが残念。

真面目に伏線は最後に回収してくれるのだけれど、整理されていないせいで自分としては感動もいまひとつ。





関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

マンチェスター・バイ・ザ・シー ★★★*☆

マンチェスターすさんだ言動を繰り返す便利屋のリー。

兄の訃報を聞いて故郷の町マンチェスター=バイ=ザ=シーへと戻るが、すさみ切った彼の表情からは兄の死に対するショックは読み取れない。

兄の息子の後見人と指名されたことから故郷で起きた出来事が次から次へとリーの脳裏へよみがえる。

リー自身がその昔この町で起こした事故はショッキングだが、それも兄の支えで乗り越えてきた。

事故以来、無表情になってしまった彼に追い打ちをかける兄の死は計り知れないものだったに違いない。

別れた妻の慰みの言葉も彼をこの町で立ち直らせることは難しかった。

若く溌溂とした兄の息子に見る未来への光も、この町では彼には無力だった。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

メッセージ ★★★☆☆

メッセージ突然現れた宇宙船。

そして、彼らが地球人に残すメッセージ。

メッセージを解読するために呼ばれた言語学者が一人というのは少なすぎやすぎないかと思ったが、それはさておき、会話の結果彼らには時間の概念がないということが分かる。

実際宇宙船の中に入ってみると、彼らは重力も操ることが可能で、上下感覚もないのかもしれない。

宇宙人だとみな思っているが、異次元から来た生物のようだ。

三次元的な地球人の感覚の通用しない彼らとのコミュニケーションは感覚的にはきっと理解できないはずだが、この映画では「インターステラー」よりはうまく説明している。

見ていて腑に落ちはするのだが、その分驚きというか、感動がなかったのは残念だった。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

カフェ・ソサエティ ★★★*☆

カフェソサエティウッディ・アレン監督作品。

この監督の「ミッドナイト・イン・パリ」(2011年)はパリを舞台にした映画で、その年のアカデミー賞ノミネートにはフランス色の強い作品(アーティスト、ヒューゴの不思議な発明)が並んだ。

今年のアカデミー賞にはこの映画はノミネートされていないが、コンセプトは「ラ・ラ・ランド」にそっくりだ。

1950年代のハリウッドを舞台にした映画だが、この監督自身、この世界の妙な情報とつながっているという気がしないわけでもない。

他の男を選ばれた主人公のその後は、この映画にしても「ラ・ラ・ランド」にしても夢を叶えてどちらもハッピーになる。

そうなんだけれど、男という生き物の特性上、未練が断ち切れないほろ苦さが、この作品の方が金銭的に成功しているように見える分だけ和らいでいる。

これのおかげで、ラストで二人の互いの情感を感じられるシーンにいい間があって、余韻のある素敵なエンディングになっている。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画